意識・思考はエネルギー。。人は自分の道を自分で思い描いて作る。。自分の道の見つけ方

人の心はエネルギーなのです

人はどんな事でも出来ます。。

今、この世界はどんな世界でしょうか?? スピリチュアルに目覚めて来てる様ですが、それだけではない様ですね
金権・利権に走ってる世界も見えます。。全く正反対のことが。。

オーラの泉などで有名な江原啓之さんは、スピリチュアルを普通にそう、一般に認識出来るように広めました。。でも、社会はどうでしょうか??金の亡者のごとき金の為なら何でもどうでもする社会へとどんどん進んだ。。肩叩き=リストラ・・企業戦士として働くだけ働いてきた人達を簡単にリストラする社会。。それを救済できる社会構造も、出来ていなかった。。そして・孤独死・自殺・・ が急増。。社会が受け止めてあげられなかった。。それを他人事としてきた。。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html 自殺者急増でも、今年はもっと凄い事に

そして今、東京電力福島第一原発事故・・この事故の政府や企業の対応はどうだったろうか??人々は??
 政府は事故時でも、放射能は漏れません安全ですと嘘八百
 日本の社会は、福島から非難してきた人達を毛嫌いし、差別した・・そして・・もしかしたら今も
 政府と東電は事実を隠し現在でも人々を放射能汚染地帯でモルモット状態、そして、放射能の影響が出てきてる
 政府・東電は、この期に措いても、利権と保身のみで人々の救済を完全に無視、そして利益のみを追求してる
 マスメディアは、スポンサー大企業の宣伝塔。だから、事実を報道出来ない。日本に報道局はない。。NHKも同じ

今の、日本のどこに心が有るのでしょうか?? でも、本当はみんな同じなんです。。そして、世界も同じんなんです
これらは、自分達なのです・・ 全ては一つ なんです

全ては一つ そして感じるんです。。本当の自分の心に・・すると教えてくれます
自分が何か、そしてどこに進もうとしているのか・・ 人間の肉体はただの乗り物です。。本当は心=魂なんです

自分の意味、目的を知ることは少しずつですが出来ます
 ①自分が、興味・気になる事・自然に出会う、なぜか関係する事><! これらを自分で認識するんです 
 ②それらを自分で認識し、意味をつなぎ合わせる、少しずつ。一度には完成しません、少しずつ
 ③パズルのように少しづつ、中の絵が見えてきます。それを埋めていくのです。
 ④でも間違えるときもあるでしょう。パズルの完成は一生涯かけて、完成する為に作られている時もあります

世界は全て、バランスを保とうとします。+とーでゼロに成るように・・! 自然の法則です
そういう世界が3次元、この世なのです。。高次元ではマイナスのエネルギーは必要ないのです
この世の3次元は、色々な事を体験する為にあるのです。。どんなことでも体験できる、人は鬼にも本当の悪魔にもなれる。そして、当然神にもなれる。。この世はそういう体験場。。

ただ人は意味なく生きているのではありません@@!! 当然、目的と意味を持ってこの世に生まれるのです。
だから早く意味を、自分の心を知りましょう。。


もう直ぐこの世は変わります。。自分の進むべき、進みたい次元に移動していくようです。。






スポンサーサイト

放射能除去、出来るかも。。1ベクレルも 検出されなかったのです  (0以上1ベクレル未満)

驚愕農法!放射線汚染から救う可能性!

奇跡のりんごで知られる木村秋則氏、彼の木村農法で育てられたりんごはは切っておいても 色も変わらずなんとよい香りを残したまま くさることもなくドライフルーツ の 様になっていく・・まさに奇跡のりんごである

百姓が地球を救う。
 そして今回フクシマのこの木村農法自然栽培の「 田んぼ 」でなぞのおどろくべき現象が報告されている「百姓が地球を救う」詳細

この木村氏の著書によると自然栽培の木村農法で育てられた米に関して「 同位体研究所で福島と宮城の 自然栽培米を分析したところ1ベクレルも検出されなかったのです(0以上1ベクレル未満)と書かれている。
さらには「特に福島県産のお米は1メートル離れたあぜみちで、高い数値がでていたにもかかわらず わたしが指導する田んぼでは、検出されませんでした」とまで書いてある! これには驚き!である。木村氏の自然栽培の田んぼからは、放射線が検出されないとのことである! これは奇跡といえる出来事であるどうでしょうか、木村氏はこの原因ははっきりとは解らないが一般の田んぼよりも何倍も多く住むバクテリアが関係しているかもと話している。とにもかくにもこの様な奇跡的な出来事がフクシマの田んぼで実際に起きていると言うのである。

普通の農法と比べて何倍もバクテリアの多い木村氏の自然栽培には未知のバクテリアの効果があるのかもしれません

木村秋則氏は農薬肥料除草剤をいっさい使いません『これからは闘わない農業地球を汚さない農業の時代 です』と木村氏は語っています自然や地球との共生の時代です

こうした地球と共存する理念に基づいた農業には未知の効果があるのかもしれないわけです。この様な方法で栽培された野菜を食べれば健康にも必ずイイはずで、フクシマにかぎらず日本各地において 土地の放射線を減少させる可能性もあるので野菜や花も健全に育つのかもしれません

農業や家庭菜園そしてガーデナーの方々是非木村氏の自然栽培を実践してみてはいかがでしょうか
http://kanazawax.exblog.jp/18490133/

「便の河」から色々な菌が検出される。しかし、これらの菌が病原菌だけが増殖することを許さず、互いの増殖を抑えながら 、共生していた事がわかったのです。

ボルネオ島のジャングルの奥地のマハカム河のタンジュン・イシュイ村へ調査へ行った「アレルギーの9割は腸で治る」の著者:藤田紘一郎さんが調べてわかったこと。

村人は、マハカム河の水で洗濯し、食器を洗い、水遊びをし、歯を磨き、そして、便もすべて流す。ガンジス川もそうでしたね。。 マハカム河は「便の河」だった。

さすがに彼も汚いなと思ったそうです。水質検査もしました。当然、河の水には、便の成分がいっぱいでした。

大腸菌のような腸内細菌がウヨウヨいましたし、寄生虫の卵も見つかりました。

ところが、不思議なことに「病原菌」はそれほど多くないことに気づいたのです。

「ばい菌だらけの「便の河」だけど、不思議と病原菌は少ない。むしろ、ジャカルタの水道水のほうが病原菌だらけだ。しかも、カリマンタン島の子どもたちは「便の河」で遊んでいるのに、アトピーやぜんそくの子がひとりもいない。コレラや腸チフスに感染する住人たちも少ない。そういえば、自分たちも子供の頃はみんな、「回虫持ち」だったけど、アレルギーになる子はいなかった」ということに気づいたのでした。

「便の河」の水にはいろんなばい菌が検出されました。しかし、これらの菌が病原菌だけが増殖することを許さず、互いの増殖を抑えながら 、共生していた事がわかったのです。

消毒された水や、無菌状態にされた場所が怖いのは、一度、病原菌が入ってしまうと、彼らを止める他の菌がいないので、増殖する一方になってしまう。
0157もそうだった。無菌状態を造った中で、そこに病原菌が舞い込んでくると、直ぐに病原菌が我がもの顔で増殖してしまう。

商業主義と利益至上主義の世界では、菌は敵のように洗脳して、商品を買わせようとしているが、除菌、殺菌などなど、そのお陰で、今度はアトピーだ花粉症などなど、病気をしないように金を出したはずなのに、またまた、身体に抵抗力がなくなって、今度はなくてもいい病気が蔓延してまたまた出費させられる狂 った社会。

・・! バランスが必要だと。。実は、現代社会はバランスを崩して病気になるように成っていっている

なぜ、人間の赤ちゃんは指を舐めたり、足を舐めたり、何でも舐めるか?動物によってはなんで糞を食べるのか? すべて同じ理由だ。

CMで洗脳された現代の親は「ばっち~」と止めさせるが、実は、菌を体内に取り込むことで、消化を助けたり、身体の免疫システムを強化する事がわかってきた。

なぜ近代になって、アトピー性皮膚炎とかアレルギー性の病気、花粉症が爆発しているかは、抗菌、無菌が善しとして、商業主義で洗脳されてしまったからだ。

自然は人間の浅智恵より、遥かに叡智に溢れているのに気づくのは毎度の事だが・・! 人間ってなんてバカなので しょう?! 実は現代人は洗脳されて、商業ベースの上で踊らされていたのだ~~ぃ

母乳の成分も、免疫システムを強化する成分が入っているのは当たり前すぎだし、無菌の状態から産道を通って、菌だらけの世界に出る前に、母親の菌の沢山在るところを通ってくるのは、そこで、赤ちゃんが菌を体内に取り込むためで、すべて意味があったのだ。

菌は、無数に存在しているわけだが、多くの菌は、動植物の味方になってくれる。共生関係で、こちらにもメリットがある関係を持っている。

もちろん、有害菌もあるが、CMや商業主義がマインドコントロールしているほど、菌は自然の敵ではないどころか味方で共生関係の間柄だ。

思えば、 農薬を使わないで、りんごを育てることに成功した話を思い出したが、その最重要な事は、自然の状態の菌とのバランスが、健康なりんごの木を育てることに何年もかけて気づいた

「奇跡のりんご」の木村秋則さんだった。

自然界は完全なバランスで、菌も含めて、繊細なバランスで成り立っている。

あ~~!それなのに、あ~~!それなのに、人間は金儲けのために、なんていうことをしているのか?!

結果的には、病気になりやすくなるために、無菌、抗菌と金使わされて、皮膚炎、アレルギー、花粉症などなどと、またまた金を使わされて、そして、ラットレースを肯定して、奴隷のように 働く人類

現代医療は病気を作り、利益を上げるようになった。。ワクチンと同じと言うことですな。。

NO NUKEのうねりと視聴率について  ネットから転載  6.29

NO NUKEのうねりと視聴率について
首相官邸前の大飯原発再稼働反対デモですが。
4万5千人までいったそうですね。
うーん。すごい人数です。

毎週金曜日の午後6時から8時に行われているようです。

主催者発表では
先々週は11,000人

先週は45,000人

今週はどれだけ行くんでしょうか。

未だに福島原発からは放射能が垂れ流されている。
これから4,5年後には癌や白血病で多くの子ども達が死んでいく。
東京湾の汚染のピークもこれからだ。

そんな中で原発再稼働?
こ、このスカポンチンどもが。。
ワタスもプルプルと股間を怒りに震わせていましたが。
これだけの人数になるのも当然といえば当然でしょう。



それにしても報道したのは、テレビ朝日の報道ステーションのみです。
4万人規模のデモを報道しないNHK、そして他の民放とは何でしょうか。
そろそろ、テレビなど単なる洗脳箱、洗脳電波だと気づくべきではないでしょうか。

視聴率。
皆さんはどこぞのテレビ番組も視聴率が上がったとか下がったとか。
良く聞くかと思います。

テレビプロデューサーも、テレビタレントさんも視聴率に一喜一憂。
平清盛の視聴率も低迷中とか。
以下、視聴率の低さに愕然とする平清盛さん。

tairanokiyomori.jpg

どこぞのドラマは、視聴率低すぎて打ち切りという話もありますた。
テレビ関係者というのは、とにかく視聴率にビクビクして暮らしているのです。
この視聴率。
どこの会社が出しているか知ってるでしょうか。

ビデオリサーチ社です。

wikiビデオリサーチ社

日本国内に視聴率を調べている会社はこの会社だけなのですた。
ただ1社のみ。
完全無欠の独占企業なのですた。

視聴率というのは、全国津々浦々の世帯が、テレビに今何の番組を見てるか報告するような機械をひっつけて調べてると思うでしょうが。
本当は、たった600世帯を調査しているだけです。
600世帯調べるだけで、全国津々浦々の視聴率を調べてるのと同じことしているのです。
統計学的には、全国を調査したのと同じ結果が得られるという理屈だそうです。

そのビデオリサーチ社の株はどこが持っているのでしょうか。

電通が34.2%持っています。
つまりこのビデオリサーチ社は、電通の子会社です。

だから視聴率など電通が好き勝手 に操作できると思われてもしょうがない。
だからこそ報道番組のプロデューサー、テレビタレントは、電通が恐くて、電通の気に障る番組など作れないのです。
そんな番組を作ったら、たちまち、視聴率が低迷として降板させられてしまうからなのでしょう。
まぁ、こんなことは常識と思って書いてませんでしたが。

ちなみにNHKは公共放送だから電通とは関係ないと思っているあなた。
NHK=電通ですよ。
これも、知ってる人は知ってる話です。
NHKの番組制作の委託を受けている「NHKエンタープライズ」は「総合ビジョン」に番組制作を丸投げしています。「総合ビジョン」の株主は電通とNHKです。

wiki総合ビジョン

国民より強制徴収されるNHK受信料は「電通」の利益となってるということですね。


さて、こういった電通の三文芝居。
いつまで通じるでしょうか。

4万5千人のデモは何かが始まったという感じがします。

全てがぶっ壊れる。
これは始まりに過ぎないのでしょう。

これからカオスの時代に突入といった感じがしますね。

本当にありがとうございますた。

6.29首相官邸前大アクション 「野田の政治生命を断とう!原発推進派を落選させよう!」広瀬隆氏が呼び掛け 

いよいよ広瀬隆氏が今週の6月29日18時に「首相官邸前大アクション、大集結を呼びかけた。

6.24広瀬隆氏緊急メッセージ

この中でのフリップを以下抜粋、書き起こし。

≪国民の手で、政策を変える時代だ。われわれ国民が変化を待っていてはいけない。
自宅のテレビに向かって罵詈雑言を投げつけても効果はない。さあ、家から外に出て、行動する時が来た。
 この怒りの群衆の数を、見せてやろうじゃないか。≫

≪打倒・野田の声は、巷でますます大きくふくれあがっている。動きは驚くほど加速度的だ。
次は大きくアクセルを踏むぞ。6月29日には爆発状態になるだろう。≫

広瀬氏は、6月22日の5万人デモを一切報道しなかったNHK(N=何も、H=放送しない、K=公共放送)にかわり、29日には自分たちでヘリコプターをチャーターして上空からライブ配信すると言っている。

「野田総理の息の根を止める」
「野田一派などの原発推進派を落選させましょう」
≪野田の政治生命を断とう!

それを首都圏のすべての人に呼びかけます!あらゆる運動を結集しましょう。
訴訟も、署名も、申し入れも、株主運動も必要である。だが今は、一点に全員の力を集中しましょう。
原発が動き出したら元も子もないのだから。打倒・野田〟の行動に立ち上がりましょう。
国民的な緊急行動を呼びかけてください。官邸前に来れば分かります。涙が流れてきます。≫

(広瀬隆氏の呼び掛け)

世界を支配しているのは誰か・・ そして、それらに立ち向かい打ち勝つ方法①

http://www.youtube.com/watch?v=jbU6GdH7jv4&feature=youtu.be

http://www.youtube.com/watch?v=dYecHui8ncs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=fZCW0GWhVRc



アル・ゴアに映画;不都合な真実 を作らせて、ノーベル平和賞まで取らせて、利用して、世界を説得したのは、まさか、忘れてないでしょうね。。

CO2削減には火力発電ではなく、クリーンな原子力で行きましょうと、オバマ大統領もアメリカのエネルギー政策を打ち出した。福島原発の事故の後直ぐに。

忘れちゃいけない・・! お金でマスメディアも何でも彼らの好きなように世界中の世論が簡単に動かされる事を。。そのくらい巨大なパワーだという事を。。!


そして、世界はこの様に一部の特権階級によって支配されている⇒世界は「スーパークラス」と言われる、わずか6000人の特権階級の人々に支配されています。ここに↓詳しく乗っています

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-275.html

緊急連絡。福島原発はすでに緊急事態 ! 菅前首相元政策秘書官松田光世氏遂に真相を語る。東電の前清水社長は引退後の今でも顧問として月数百万円の報酬をもらってる

2012年06月22日(金) 18時21分58秒
富士山ニニギさんの日記の転載:緊急連絡。福島原発はすでに緊急事態 ! 菅前首相元政策秘書官松田光
テーマ:富士山ニニギさんの情報
緊急連絡。福島原発はすでに緊急事態 ! 菅前首相元政策秘書官松田光世氏遂に真相を語る。 友人の友人まで公開
2012年06月22日10:56
実際に福島原発で何が起こったのか。

遂に菅前首相の政策秘書官が口を開いた。
それは驚くべき事態でありました。
3号炉はじめ全ての爆発は核爆発であり、それは燃料プールの燃料棒が爆発したものでした。これによる放射能汚染は人類の危機を招くレベルのものだったと。
まずはお話を聞いていただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=0DNvzDXq4zM&feature=player_embedded#!

この重大なことを国民に知らせるためには、今の原発の全廃を決めないと出来ない。と。

この人類存亡に関わる事態は、去年に起こったことなのにいまだもって何の対応もできてないのです。すでに去年の段階でアメリカ西海岸の高濃度の汚染が始まっていたのです。日米政府はこの事すら発表することも出来ません。

今電力不足が言われてますが、法律により電力会社が電力を供給できなかったら「免許」が取り消されるようになっているのですが、これが実施されない。おかしいでは無いか。

東電の言い分では「政府が余計な口出しをしたので混乱した」と言うが、何が余計な口出しなのだろうか。この国が潰れる事態に政府が出なくて誰が出るのだ。
この恐ろしいほどの東電の欲望が、この世界を潰したといえそうです。


--------------------------------------------
ここからはこの日記のコメント欄での発言
--------------------------------------------



富士山ニニギ 2012年06月22日 11:10
この映像のほかにも松田光世氏の話の映像が右側にあります。

当時の菅前首相の動きが分りますよ。

山形空港が米軍の拠点となっての「石棺」作戦。何でうまくいかなかったのでしょうか。そこには東電の「原発を何が何でも推進する」という妨害があったのでした。許されざる行為です。政府の対応をここ迄妨害したのは東電です。
その時の「ホウ酸」は今は百里基地にあるといいます。何故いまだに何の対応もしないのでしょうか。それは原発推進のため。

東電は、人類が滅びても原発を推進するつもりです。

富士山ニニギ 2012年06月22日 12:16
嘘つきたちがよい死に方ができないのはわかるのですが、一般国民まで死んでしまうのは困ったものです。
何の責任も無いのに。

最近になって全国的に線量が上がってきて、昨年の3月を上回る状況です。
被曝後、極端に眠くなるので「居眠り運転」に注意してください。
周りの方が事故起こしてます。
ニニギも先日居眠り運転で、縁石に当たってタイヤがパンクしてしまいました。事故にならなかったのですが、被曝すると、異常に眠くなるので注意してください。これから交通事故が激増するでしょう。

富士山ニニギ 2012年06月22日 14:20
東電の前清水社長は原発の海水注入に対して「お前ら、原発にいくらかかってるのか知ってるのか」と怒鳴ったそうです。まだこの場に及んで福島原発を動かすつもりだったようです。
そして引退後の今でも顧問として月数百万円の報酬をもらってるそうです。
江戸時代なら将軍より「打ち首獄門」ですよ。

とにかく東電も関電も、電力供給が出来なかったら「免許取り消し」で国営になるはずなのですが。そして引き受け先を探すのです。
東電幹部は全員クビで、刑事責任の裁判に掛けられるべきでしょう。殺人罪ですから重いですよ。
それが電気料金値上げなどとんでもない話。

富士山ニニギ 2012年06月22日 14:25

原発稼動なんてもっととんでもない話。

話すこと自体が異常です。


cr○○2012年06月22日 15:43


一企業、しかもSF映画などでは非常に地味な扱いの日本という国の企業が人類滅亡の引き金を引くとは、予想外でした。もっと早い時期に原子力ムラの実態を知る努力をしなかった事については、個人的に反省しております。

富士山ニニギ 2012年06月22日 16:05

そうですね。

地球テロ集団「原子力ムラ」。私も知りませんでした。
もっと早く潰すべきでした。恐らく天は知っていて、彼らにやらせたのでしょう。天が直接手を下すことは無いからでしょう。地球終焉のプログラムを。

⑥放射能予防

⑥放射能予防


1》イチョウ葉の摂取が放射線障害に対して高い効果

放射線に負けない生き方⑭~イチョウ葉の効果

イチョウの葉は、ヨーロッパで大変人気が高いサプリメントです。
フラボノイドやギンコライド、ルテオリン、テルペン、プロシアニジンなど合わせて20種類以上のポリフェノールの仲間であるフラボノイドを含みます。

強い抗酸化作用と免疫活性化作用、抗がん作用があります。

1)免疫機能の促進
ナチュラルキラー細胞の機能を促進し、インターフェロンの生産を促すとともに、インターロイキンの効果を増強します。

2)発がんの抑制、がん細胞の周囲への浸潤を抑制、転移を抑制

3)DNAと結合して、防御する。

4)活性が強く、DNAや細胞を攻撃する活性酸素・ヒドロキシラジカルが作られるには鉄が不可欠。
  鉄と結合して、鉄を不活性化してヒドロキシラジカルの発生を抑制。

など・・・がんやその他の障害を防ぐために複合的な効果を発揮します。

チェルノブイリ事故後に労働者に投与し、放射線障害に対して高い効果が認められています。

効果的な摂取の仕方は、40mg×4~5回/日です。
予防的に使う際は、40mg×3回/日です。




又、放射性物質から身を守る食事法(書籍)には、イチョウ葉が放射線障害の予防に有効との記述があります。

銀杏葉エキス~細胞の自死を減少

韓国のテグ放射線医学研究所のチャン博士らは、18歳から50歳までの健康なボランティアを「銀杏葉を投与するグループ」と「投与しないグループ」に分けて、4週間後、それぞれのグループの血液を採取した後、血液に放射線を照射しました。

その結果、「銀杏葉が投与されたグループ」は、「投与されなかったグループ」に比べて、有意に細胞のアポトーシス(自死)が少なく、銀杏葉が放射線障害の予防に有効であることがわかったと報告しています。

《2》メラトニン 放射能防御

メラトニンは、動物、植物、微生物で見られる天然の化合物であり、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されます。

アメリカでは栄養補助食品サプリメントとして販売されており、一般薬局で誰でも容易に入手することができます。メラトニンは不眠治療に用いられるほか、時差ボケの解消にも利用されています。

多くの抗酸化物質の中でもメラトニンは、ヒドロキシラジカルの防御作用として最強であるといわれます。

放射線によってもたらされる活性酸素への防御作用に関しては、動物実験、人の臨床試験の両方で確認されています。

マウスを用いた実験では、「メラトニンを投与されなかったマウス」では、放射線の全身投与後の生存率は50%でしたが、「予め高濃度のメラトニンを投与されたマウス」の生存率は85%でした。

メラトニンは食材に含まれているというものではないようなので、サプリで補うしかないのかな^^

⑤放射能予防

⑤放射能予防


《1》梅干し 放射能防御

放射性物質から身を守る食事法という書籍によりますと、梅干しに含まれる梅エキスが放射線障害に対して直接に効果を示す可能性があることだけでなく、数年後に発症してくるガン病、いわゆる晩発性障害に対してもその予防の可能性があることが示されています。


梅エキス抽出物~細胞の防御力を高める

群馬大学大学院の放射線腫瘍学の研究者たちが、2011年1月、梅エキス抽出物に多く含まれる「天然トリテルペノイド(MK615)」が「X線の細胞性免疫抑制作用に対し保護的に作用した」ことを報告しました。放射線障害に有効である可能性を示唆した研究報告です。

又、鹿児島大学の研究者は、MK615に含まれる成分の1種が、細胞内で抗酸化作用を発揮するタンパク質の細胞内合致を活発にすることを報告しています。

このような細胞内での抗酸化物質の誘導は、細胞が本来もっている防御力を内側から高めて「放射線によって発生する活性酸素の細胞障害作用を防御するのではないか」と期待されています。

さらに、国立病院機構高崎病院では、放射治療後に再発したすい臓ガンの患者さんにMK615を投与したところ、腫瘍部位の縮小、消失が認められたと報告しています。MK615は、放射線の急性期障害に有効であるのみならず、10年、20年後に発症してくる、ガンなどの晩発性障害を予防してくれる可能性が期待できそうです。


《2》果物と野菜を、毎日摂取する生活習慣が、放射線による発癌リスクを抑制する

ロマリンダクリニック院長の富永國比古医師は、【穀菜果食】は、体内に取り込まれた放射性物質を排出する働きがあると、その著書「放射性物質から身も守る食事法」で述べています。

【穀菜果食】とは、読んで字の如く未精白の穀類(玄米など)を主食とし、野菜や果物を多食することをいいます。

その富永國比古医師が、広島・長崎の原爆生存者の疫学研究の文献にあたったところ、「果物と野菜を、毎日摂取する生活習慣が、放射線による発癌リスクを明らかに抑制していた」ということがわかったそうです。

又、サウバゲット博士らの38000人の原爆被爆生存者を20年から55年間、追跡調査した報告によりますと

・毎日、果物を摂取していた人は、、すべての癌の死亡率が12%減少していた。
・毎日緑黄色野菜を食べていた人は、すべての癌による死亡率が8%減少していた。
・毎日、果物・緑黄色野菜の両方を摂取していた人は、固形癌による死亡率を37%も引き下げていた。
・原爆投下によって、1シーベルトの放射線を被爆したグループを調査した報告書には、週に1日以下しか果物・緑黄色野菜を摂取しない人は、固形癌の発症が50%増加していた。


サウバゲット博士らは、放射線に被曝した場合に、果物や緑黄色野菜の摂取が、将来起きるかもしれない「癌死のリスク」を低下させるという事実は、非常に重要な知見であると述べています。

富永國比古医師、サウバゲット博士らによると、野菜・果物の両者を多量摂取することにより、放射線被爆による将来の癌の罹患率を著しく下げるということのようです。

野菜だけの摂取で癌による死亡率が8%減少
果物だけの摂取で癌による死亡率が12%減少
野菜/果物の摂取で癌による死亡率が37%減少


野菜・果物は低カロリー食です。積極的に摂り入れて、体に取り込んでしまった放射性物質を排出するよう心がけましょう。

野菜・果物は放射能汚染されていない西日本産のものを選んでね^^

④放射能予防

④放射能予防


《1》ニンニク 放射能防御

含硫アミノ酸~遺伝子障害を予防

メチオニン、シスチン、システイン、タウリンなど硫黄を含んだアミノ酸を、含硫アミノ酸といいます。

医薬品の「ハイチオール」にはシステインが多く含まれており、ガンの放射線治療における白血球減少症に対して有効で、保険適用があります。フリーラジカルを無害化するため、放射線防御に有効なのです。

尚、システインは、野菜類では赤唐辛子、ニンニク、玉葱、ブロッコリー、芽キャベツ、オート麦、小麦胚芽などに含まれています。

ニンニクは、デザイナーズフーズでもトップランクされています。そして、放射線の害に対しても、効果が期待できそうです。

「予めニンニクを投与していたマウス」では、「投与していなかったマウス」に比べ、γ線照射による染色体異常の発現率が少なかったという報告があります。

又、トマトとニンニクを同時に食すると、活性酸素をかなり抑制し、実験的に誘発された遺伝子障害を予防することができたといいます。

ニンニクには、放射線防御に有効なシステインが多く含まれているそうですね。

また、デザイナーズフーズでもトップランクになっているということは、晩発性障害(ガン病)にも有効であるということです。

ニンニク、いい食材ですね。食生活に上手にとりいれていきましょう。苦手な方はサプリで補ってはいかがでしょうか。



《2》放射能防御「アルギン酸ナトリウム」「フコイダン」

やはり海藻には放射能時代を生き抜くための有用な成分がたくさん含まれているようですね^^

放射性物質の対外排泄に役立つアルギン酸ナトリウムに、晩発性障害を防ぐフコイダン。

放射性物質から身を守る食事法からの一部引用です。


フコイダンは、コンブ、ワカメ、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれ、わかりやすい表現手段として海草のネバネバ成分と表現されることが多いです。

1968年、カナダのモントリオールにあるマッギル大学のスコリーナ博士のグループは、「放射性物質の降下物の、人体への影響を減弱させる手段」を研究していました。

この研究の中で、同博士のグループは、海藻類に多く含まれる「アルギン酸ナトリウム」が、放射性物質のストロンチウム90と結合し、これを体外に排除してくれる作用があることを突き止めました。

アルギン酸ナトリウムは、ストロンチウム90の骨への吸収を53~80%削減させるといわれています。アルギン酸ナトリウムはケルプといあれるヨウ素を大量に含む巨大な海藻に比較的多いことがわかっていますが、ケルプからは又、フコイダンも分離されました。

フコイダンには、また放射能による晩発性障害への効果も期待されています。

基礎的な研究の積み重ねにより、1996年の第55回日本癌学会において「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。

フコイダンには、ガン細胞を自滅させる「アポトーシス誘導作用」と同時に、免疫賦活作用があることもわかっています。

体内では、絶えず古い細胞が壊れて、新しい細胞が生まれてくる「代謝」が繰り返されることによって、体が健全に保たれています。古い細胞が自滅していくことを「アポトーシス」といいます。ガン細胞は、アポトーシスができずに、どこまでも分裂、増殖を繰り返します。

フコイダンには、そのガン細胞をアポトーシスに導く作用があるとされているのです。

③放射能対策

③放射能対策


東洋の毒出し術「炭食」デトックス

広島をよみがえらせた炭パワー

原爆で焼野原と化した広島には、その翌年すぐに緑が芽吹きました。それは焼けた日本家屋の木材が炭になり、放射能の毒を吸着したからといわれています。

又、チェルノブイリ原発事故では、原発のそばの汚染地域に住んでいた子供が毎日、炭を粉にしたものを食べていたおかげで、原爆症の症状が出なかったとい事例もあるそうです。

「炭を食べる」・・・ギョッとした方もいるでしょう。

しかし、これは古来から東洋で行われてきた“毒だし”術なのです。

ここでいう炭とは、木炭、竹炭など植物性の炭。顕微鏡で拡大して見ると無数のミクロの穴があいています。その穴がさまざまな毒素を吸着するのです。

その排毒効果は抜群なうえ、人体に全く無害なのです。

だから中国、韓国、日本など東洋では民間療法の「毒出し」「解毒剤」として古くから伝承されています。これこそ何千年という長い年月を経た体験科学です。

「食べる炭」の作り方、入手法

人体は体内に侵入した異物、毒物をできるだけ体外に排出しようとします。体内に侵入した毒物も、肝臓や腎臓などを経て胆汁や尿から排泄されます。

繊維の多い食物は、腸内に排毒された放射性物質を吸着して便として体外に排泄。「炭」の腸内毒物の吸着効果は野菜の繊維の数十倍。まさに古来から伝わる炭のスーパー毒出し効果です。

炭パワーは放射能対策以外にも抜群。「便秘をしない」「下痢止め」「ダイエット」「二日酔い防止」「血液中のコレステロールを減らす」「余分な糖分、脂肪を吸収」「免疫力向上」・・・と大活躍してくれます。

炭の原料は広葉樹や竹などです。それもキロ単位で数百円という安さ木炭か、竹炭を買ってきて、おろし金で粉末にして、容器に保存しておきましょう。小さじちょっとすくって口に放り込み、水を飲めばおしまい。そのまま口にすることに抵抗のある人は、料理に混ぜたりしてもいいでしょう。タダ同然で放射能デトックスができます。それも数々の健康効果のおまけつき。

「食べる炭」としてパウダー化したさまざまな商品も開発・販売されています。手軽に摂取するにはこうした商品も便利です。

ただ、産地には十分気を付ける必要があります。震災前のもので西日本の炭粉があればベストでしょう。

②放射能対策

②放射能対策


1》食事とサプリで放射線のダメージを最小化する

低線量の放射線は細胞内に活性酸素を発生、DNAを傷つけます。これに対して、人間にはSDO、カタラーゼといった酵素でフリーラジカルを消去する能力があります。

また仮にDNAが傷ついてもDNAポリメラーゼというDNA修復酵素により、自己修復することが可能です。DNAの修復作用を高める栄養素を積極的に摂取すれば、被ばくの影響を少なくすることができるのです。

効果があるのは亜鉛、銅、マンガン、鉄、セレンなどのミネラル類、ビタミンC、B3などのビタミン類、乳酸菌、システインなどのアミノ酸です。乳酸菌は熱で死んでしまいますが、死んだ菌にも放射線防護効果があるといいます。

また、タコ、イカなどに多く含まれるタウリンは放射線被爆による白血球減少に有効性があり、含硫アミノ酸にも放射線防護効果が認められています。

これらの栄養素の多くは、サプリとしても摂取できますが、いわゆる「マゴワヤサシイ」マメ・ゴマ・ワカメ・ヤサイ・サカナ・シイタケ・イモ)+玄米(産地に注意)の食生活で、摂取することが可能です。

また、非加熱の味噌(酵母が生きている味噌)は放射性物質の排出にも、傷んだ粘膜細胞の再生にも効果が認められています

大人には、発酵食品のひとつであるビールに含まれるアルコール分は、36~80%程度まで染色体異常を低減する効果があるほか、微量成分のシュードウリジンやグリシンペタインは放射線による染色体異常を30~34%も低減。またメラトニンにも、細胞を守る効果があるといいます。

《2》クロロフィルに放射線防護効果
クロロフィルは、食物や藻に含まれる色素で、「葉緑素」ともいいます。
基本的には、野菜、果物にはすべて、クロロフィルが含まれています。

このクロロフィルが「放射線障害の予防に効果がある」という報告があります。

ガブリエル・コーセンス博士は、その著書のなかで、「クロロフィルが含まれている食物が、放射線障害予防に効果があることは、だいぶ前から知られていたことだ」と述べています。同著によると、1959年から1961年にかけて、シカゴの米軍栄養部長がテンジクネズミを用いた実験を行った結果があります。

それによりますと、クロロフィルを含む食品をたくさん食べさせたところ、放射線障害を50%予防できたそうです。

【クロロフィルを含む食品】 キャベツ・緑色の葉物野菜・スピルリナ・スプラウト・小麦若葉・大麦若葉

《3》朝鮮人参に放射線の害を防護する働き
朝鮮人参
朝鮮人参~DNAの損傷回復に有効

朝鮮人参に放射線の害を防護する働きがあるとの報告があります。

ガンマ線照射によって誘発されるDNAの二重らせんの切断に対し、朝鮮人参がそれを防御するかどうかを確かめる実験です。

100グレイの放射線を48時間照射する前に、あらかじめネズミの脾臓のリンパ球を培養した培養液に、朝鮮人参の抽出物を加えておきました。
その結果、DNA二重らせんの切断が回避されたと報告されています。

引用文献:
放射線障害回復促進物質,米沢司郎 他(大阪府立放射線中央研究所)RADIOISOTOPES(日本アイソトープ協会発行誌),Vol.27(11),1978

要約:
ニンジン抽出物は、X線照射されたマウスの骨髓死を防ぐことが明らかになっています。 放射線を照射し、直後(5分以内)にニンジン抽出物1~4mgを腹腔内投与したところ、表1が示すように30日後生存率が増加しました。

表1 【放射線照射マウスの生存に対するニンジン抽出物効果】

実験
番号 投与量
(mg) 30日後生存率[%]
対照群 投与群
1 1.0 33 (15) 78 (15)
2 4.0 27 (30) 77 (30)
3 4.0 32 (25) 84 (25)
(カッコ内は用いた動物数をあらわす)

ニンジン
投与時期と効果においては、ニンジン抽出物5.0mgを、X線照射24時間前、2.5時間前、直後、2.5時間後、または24時間後に投与したところ、24時間前の30日後生存率がもっとも高く、2.5時間前がそれに続きました。直後と2.5時間後がほぼ同じで、24時間後の投与では効果は低下し、ニンジン抽出物を投与せず生理食塩水を投与した対照群との間に差は見られませんでした。

次に、投与時期をもっとさかのぼって、X線照射の5、3、2、1日前または直後に投与したところ、2日または1日前がもっとも有効で、5日または3日前の投与は無効でした。

http://www.tochimoto.co.jp/information/topic/topic02-02.html

参考書籍:放射性物質から身を守る食事法
 

①放射能予防。放射能を減らす料理方法・ガイガーカウンターで放射能測定などなど

①放射能予防

http://houshanou3.sblo.jp/article/56297673.html’放射能から身を守る食情報’さんのところより転載まとめました。少しでも日本の子供達を、日本の将来を考えましょう


《1》放射性物質を減らす料理法

野菜

水洗い、皮をむく、可能なものは酢水につける、茹でる。例えば、ほうれん草や春菊では茹でて煮汁を絞りお浸しにすることで、セシウムやヨウ素は50~80%を取り除くことができるといいます。

肉・魚

肉類や魚類のセシウムは食材の水分に含まれているので、水分を入れ替える調理法が汚染除去には効果的です。肉は焼く前に酸味の強いマリネ―ドを施しておけば、放射性物質が80%以上減少できるといいます。

また、茹でるだけでも、45~70%が抜けます。

魚で注意すべきは、骨と内臓は食べないこと。内臓にはセシウムが骨にはストロンチウムが沈着しているからです。

調理法では、茹でること。これで20~30%が抜けると言います。

大量調理する安いお店の焼き魚なんかは、茹でてから焼いて、味気ないなぁと思ったものですが、今は、そういう調理法の方が安全のようです。


2》ガイガーカウンターで食品測定は可能?

ガイガーカウンターは食品の測定はできないといわれていますが、まったく測定できないわけではありません。

野菜や魚、肉などが放射能汚染されているかどうかはある程度測定可能です。
細かい数値よりも、「ある」か「ないか」を知ることも大切です。

ガイガーカウンターによる食品測定方法

清潔な空のお皿の上にジッパー付きビニール袋に入ったガイガーカウンターだけを置き5分以上測定する。

次に皿に食品を置きその上にガイガーカウンターを置き再び5分以上測定する。

前後の数字を比較する。野菜などは密度を高めるジッパー付きのビニール袋に入れると、広がらずにすむので、より放射性物質を検知しやすくなります。

※本来、ガイガーカウンターは食物を測定する機械ではないので、値そのものはあくまでも目安としてみましょう。普段よりもはるかに高い数値になったときは要注意です。

ガイガーカウンターによる食品測定注意事項

①普段から野菜や肉など、なるべく密度の高い食品をたくさん測定して変化を確認しましょう。

②基本的に5分以上、時間をかけてゆっくり測定しましょう。

③何かを触るたびに手を洗いましょう。

④原則、締め切った部屋で測定しましょう。

食品の産地には十分気をつけてください。政府は放射能検査を確実にはしていません、いい加減です。流通も産地偽装が多いようです。。各自で家族を守らなければいけません><! 政府は国民に被曝を進めているような状態です・・!

12/06/21 お前、「国民の生活は最後。」かよ◆日刊ゲンダイ

「劣化」しているのは、松下政経塾出身の「口先番長」一派だけではありません。民主党最高顧問の藤井裕久氏は一昨日、「消費税が如何に日本の社会保障にとって大事か。それで『お前は怪(け)しからん』となったら、選挙に負ければいいだけの話」とシンポジウムで大言壮語しました。

財務省の資料に拠(よ)れば、日本のGDPに占める法人関係税収の比率は昨年、1.9%に留まります。韓国は3.9%、イギリスは3.6%、フランスは2.9%。驚く勿(なか)れ、中国の2.1%よりも低いのです。
日本では、株式会社の7割が国税の法人税、地方税の法人事業税を1円も負担していません。日本経団連に加盟する連結納税導入の超大企業も66%が同様です。

利益に課税する法人税の仕組から、全ての法人の支出に対し広く薄く掛ける外形標準課税の全面導入こそ、公正=フェアな税制改革の第一歩。本会議の代表質問で繰り返し主張してきました。
旧大蔵省主計局主計官から政界に転じた彼が、その現実を知らない筈もありません。が、今や、強きを助け・弱きを挫く政党へと宗旨替えし、「国民の生活は最後。」の新たな御旗を掲げる民主党の主流派改め「守旧派」は、「社会保障と税の一体改革」ならぬ「消費税率の単体改悪」に血道を上げるのです。
護送船団記者クラブに巣くう論説委員や解説委員も、新聞の社説やTVの番組で連日連夜、IMF=国際通貨基金が求める消費税率15%へと一歩を踏み出さねば、国債の格付けは急落し、日本の信用は失墜する、と“狼少年”な妄言を展開。
呵々。それこそは、今回の消費増税が国際金融業界向けの取り繕い=ポーズに過ぎず、橋本龍太郎内閣の増税時と同じく、税収増効果は乏しいどころか逆に税収減に陥る、と“告解”する笑止千万な言説です。
不吉な雰囲気を意味するムーディーズだの、貧富の格差を隠喩するスタンダード&プアーズだの、一民間企業に過ぎぬ「格付け機関」の御託宣を金科玉条の如くに振り翳す亡国の彼らは、日本国籍を返上し、租税回避地=タックスヘイブンのカリブ海で“不名誉白人”な余生を送る方が、未だしも日本の為です。
古今東西、増税で景気浮揚した国家は何処にも存在しません。エコノミストの斎藤満氏も看破する、特別減税廃止、消費税率引き上げ、税控除や所得控除の圧縮で過去20年間、実質増税となるも実際の税収は20年前の約60兆円から40兆円弱の現在へ激減した歴史の教訓に学ぶべきです。

『原発がどんなものか知ってほしい』~ある現場技術者からの告発~

知って欲しい・・
>地球温暖化対策をクローズアップ(←プロパガンダ)することで、世界中で原子力発電が進められようとしている。

 原発の危険性は地球温暖化の比ではないと思います。しかし、その事実がマスコミからはまったく出てこない。隠し切れない「事故」が起きても「事象」という誤魔化しの表現でさも問題が無いかのように報道を繰り返す。以下に、原発に関わり続けた現場の方からの告発文を紹介します。

------------------------------------------------------------------
『原発がどんなものか知ってほしい』 故平井憲夫氏(リンク)より引用抜粋

 私は原発反対運動家ではありません。二○年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。

□素人が造る原発
・原発でも、原子炉の中に針金が入っていたり、配管の中に道具や工具を入れたまま配管をつないでしまったり、いわゆる人が間違える事故、ヒューマンエラーがあまりにも多すぎます。それは現場にブロの職人が少なく、いくら設計が立派でも、設計通りには造られていないからです。

□放射能垂れ流しの海
・冬に定検工事をすることが多いのですが、定 検が終わると、海に放射能を含んだ水が何十トンも流れてしまうのです。はっきり言って、今、日本列島で取れる魚で、安心して食べられる魚はほとんどありません。日本の海が放射能で汚染されてしまっているのです。

□内部被爆が一番怖い
・ホコリ、どこにでもあるチリとかホコリ。原発の中ではこのホコリが放射能をあびて放射性物質となって飛んでいます。この放射能をおびたホコリが口や鼻から入ると、それが内部被曝になります。
・私はその内部被曝を百回以上もして、癌になってしまいました。癌の宣告を受けたとき、本当に死ぬのが怖くて怖くてどうしようかと考えました。でも、私の母が何時も言っていたのですが、「死ぬより大きいことはないよ」と。じゃ死ぬ前になにかや ろうと。原発のことで、私が知っていることをすべて明るみに出そうと思ったのです。

□廃炉も解体も出来ない原発
・最初に耐用年数が十年といわれていた原発が、もう三〇年近く動いています。そんな原発が十一もある。くたびれてヨタヨタになっても動かし続けていて、私は心配でたまりません。
・また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった一〇〇キロワットの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。机上の計算では、修理に二〇億円、廃炉にするには六〇億円もかかるそうですが、大学の年間予算に相当するお金をかけても廃炉にはできないのです。まず停止して放射能がなくなるまで管理するしかないのです。それが一〇〇万キロワットというような 大きな原発ですと、本当にどうしようもありません。

□住民の被曝と恐ろしい差別
・日本の原発は今までは放射能を一切出していませんと、何十年もウソをついてきた。でもそういうウソがつけなくなったのです。原発にある高い排気塔からは、放射能が出ています。出ているんではなくて、出しているんですが、二四時間放射能を出していますから、その周辺に住んでいる人たちは、一日中、放射能をあびて被曝しているのです。

・話が一通り終わったので、私が質問はありませんかというと、中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言いました。 

 「今夜この会場に集まっている大人たちは、大ウソつきのええかっこしばっかりだ。私はその顔を見 に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。今の大人たち、特にここにいる大人たちは農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、何かと言えば子どもたちのためにと言って、運動するふりばかりしている。私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二四時間被曝している。原子力発電所の周辺、イギリスのセラフィールドで白血病の子どもが生まれる確率が高いというのは、本を読んで知っている。私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。私、子ども生んでも大丈夫なんですか?」と、泣きながら三百人の大人たちに聞いているのです。でも、誰も答えてあげられない。

 「原発がそんなに大変なものなら、今頃でなくて、なぜ最初に造るときに一生懸命反対してくれなかったのか。まして、 ここに来ている大人たちは、二号機も造らせたじゃないのか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ」と。ちょうど、泊原発の二号機が試運転に入った時だったんです。

 「何で、今になってこういう集会しているのか分からない。私が大人で子どもがいたら、命懸けで体を張ってでも原発を止めている」と言う。

 「二基目が出来て、今までの倍私は放射能を浴びている。でも私は北海道から逃げない」って、泣きながら訴えました。

・これは決して、原子力防災の八キロとか十キロの問題ではない、五十キロ、一〇〇キロ圏でそういうことがいっぱい起きているのです。そういう悩みを今の中学生、高校生が持っていることを絶えず知っていてほしいのです。 < br>
□原発がある限り、安心できない
・今は電気を作っているように見えても、何万年も管理しなければならない核のゴミに、膨大な電気や石油がいるのです。それは、今作っている以上のエネルギーになることは間違いないんですよ。それに、その核のゴミや閉鎖した原発を管理するのは、私たちの子孫なのです。
・ですから、私はこれ以上原発を増やしてはいけない、原発の増設は絶対に反対だという信念でやっています。そして稼働している原発も、着実に止めなければならないと思っています。

筆者:平井憲夫さん(1997年1月逝去。1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特 別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。)
------------------------------------------------------------------

 この内容は公開されています。この告発に対する明確な根拠を持った反論はなされているのでしょうか。自らの死をもって、その危険性と危惧を発信された氏の指摘に対して誠実な議論を行なうことこそ、原発事業に関わる企業や私たち市民の「社会的責任」なのではないでしょうか?

洗脳されたインタビュアーのそれらしい意見と イラン大統領の言葉 どちらが公平で大人の言葉か?

このビデオを観る前に、今までもマスメディアのプロパガンダの情報の洪水で洗脳されてきた常識を離れて、日米欧のマスメディアが、悪者のイメージを造り上げたイラン大統領の言葉。

インタビュアーはいわゆる、マスメディアがプロパガンダで情報の洪水で日米欧の大衆の常識になった?考え方です。

 あなたが自分で判断してください。

 どちらが大人の考え方で、公平なのかを考えてください。

 もう一度言います。

 先入観や常識人の立場は見えるものを見えなくさせられます。

 どちらか、公平で、より大人の考え方か、自分で感じて考えてくだ さい。

http://www.youtube.com/watch?v=oj2JFBwVfcs&feature=related

はっきり認識しよう 自国のマスメディア は 私たちの 味方ではないという事

6月15日一万人デモはなぜ日本国内で報道されないのか?

6月15日に一万人近い人たちが、首相官邸前に集まりデモをしました。また、リアルタイムでのべ一万人がIWJの画面を視聴していました。
このニュースについて、当日にそれを報道したのは CNN International のみでした。その後深夜にアルジャジーラも報道。そして、翌日16日の新聞では共産党の赤旗新聞。その後の情報で朝日新聞大阪版夕刊に報道があったようです。
6月16日にも同じ場所でデモがあり、そちらは数百人との報道が16日のテレビ、17日の新聞などで見られます。
さて一万人のデモの報道は、なぜこのように日本のマスコミでは報道されなかったのでしょうか。
欧米のマスコミでは、10000人または11000人が首相官邸前に集まったという「事実」をそのまま報道しています。今まで日本では報道されなかったデモはたくさんあったのではないでしょうか。
私たちは真実を知るために、何を信頼したらよいのでしょうか。

http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/716.html

宇宙人が地球にやってきた本当の目的 (三)人類が所在しているこの空間の浄化は、宇宙浄化の最終段階であり、新旧宇宙交替の最終段階でもある。

宇宙人が地球にやってきた本当の目的 (三)http://www.epochtimes.jp/jp/2012/05/html/d29858.html
 【大紀元日本6月1日】

 人々に宇宙人を信仰させる

 神は宇宙人と全く違う次元の生命である。宇宙人は人類と同じ次元の生命だが、異なる空間に存在している。宇宙人と人類は三界内の低い空間に存在しており、神は三界内の高層空間、つまり天界、あるいは三界を超えた天国の世界に存在している。

 今まで、宇宙人は人類に対して悪事を行った時、すべて自らの姿を隠して人類を操ってきた。彼らは全く表に現れず、人々も彼らの存在に気づかなかい。今、それらはすでにそのようにする余裕がなくなり、自ら表に出てそれらの計画を実行するようになった。

 近年、それらは世界各地で頻繁に現れ、人々に自分たちの存在を知らせ、それらの先進的な科学技術を見せようとしている。同時に、それらは直接的に、あるいは間接的に人類に接触し、彼らの意思を伝えている。

 宇宙人は人々に偽りの情報を注ぎ込み、「宇宙人が神であり、宇宙人が人類を造った。宇宙人が造物主だ」と信じさせようとしている。更に彼らは、「人々に知られている神や大聖人、例えばイエス、エジプトの太陽神、中国の老子、インドの釈迦牟尼、中東のモハメッドなどは、すべて宇宙人が派遣した使者であり、宇宙人は地球の末日の時、宇宙船を使って人類を救い、他の星に運び、人類を指導して高次元の世界に進化させる」ということを宣伝している。その目的は、人類が彼らを信仰するようにするためである。

 多くの民族の古代神話の中に、異なる神が自分たちの形象に合わせて異なった民族の人間を造ったと語られている。人は神に造られたのであり、もし人が自分を造った神を認めなくなれば、それは自ら滅亡の道を選んだことになり、神は最終的に人類を消滅することになる。宇宙人はこれを知っており、従って、それらは人々に現代科学と無神論を信じ込ませ、それらを選ぶように仕込んできた。宇宙には自由意志の原則があるため、人類が自分で選んだことを、神は阻止できない。宇宙人を信仰する人類はそれらの同類と見なされ、最終的にそれらを消滅する時に、それらを信じる人類も一緒に消滅されることになる。これは人類自身の選択であるが、宇宙人が狙っていることでもある。

 宇宙人の由来

 地球人は神によって造られたが、神は一度だけ人類を造ったのではなく、宇宙人の祖先も神によって造られた。それらの祖先は現在の人類を造る前の試作品だった。それらは数億年前に地球上で造られたので、地球人とも言える。だから、それらは地球人に親しみを感じている。それらの中には、外観が人間とそっくりなものもいるが、構造は異なっている。普通の人は見ても分からないが、修煉する人は見分けることができる。

 これらの人間に似ている宇宙人も、同時期に造られたわけではない。神は毎回人間を造った後、人間が自分で文明を発展するようにさせた。これが、先史文明の由来である。長期間の実験を経て、完璧にできていない人類はその度に淘汰されたが、毎回神は僅かな人を残して他の星に送り、それらの先進的な文明を保留し、宇宙の発展過程の物証として生き残らせている。これらの生命体はつまり、人間に似た宇宙人の祖先だ。宇宙人の寿命は地球人より長いが、最も長いものでも、数千、数万年しかない。数億年の長い歳月が過ぎ、無数代の宇宙人が交替した後、後代はすでに神の存在を忘れ、神の事を伝説とみなすようになった。

 宇宙の浄化と宇宙人の未来

 人類を壊滅するという陰謀を企んだ宇宙人は悪意を持つ宇宙人だけで、逆に人類を救おうとする宇宙人もいる。しかし、彼らの能力には限界があり、低い次元の空間現象しか見えない。それらは自分たちが所在している空間が間もなく壊滅されることを知り、高い次元の空間に上がれば災難から逃れられると思っている。しかし、彼らには分かっていないことがある。つまり、今度の宇宙の浄化はすべての空間に及び、高次元の空間から低次元の空間まで、あらゆる次元において新しい宇宙の標準に達しない生命と物質は、全て壊滅され淘汰されるということだ。

 人類が生存するこの銀河系以外の宇宙空間は、数年前にすでに浄化された。この数年来、天文学者は多くの古い銀河系の壊滅と新しい銀河系の誕生を観察した。その数は今までに観察したこともなく、想像することもできないほど多い。これは宇宙の浄化過程の人類空間での現れである。現在の科学者は宇宙がかなり速い速度で膨張していることを発見し、我々人類が所在しているこの銀河系は、非常に速い速度で他の天体から離れていることも発見した。科学者らはこれらの現象がなぜ起きたのか、まったく解明することができない。実は、これは宇宙の最後の浄化過程の現れであり、現在、この銀河系だけがまだ浄化されていないため、神はこの銀河系をすでに浄化された天体から隔離するようにした。さもなければ、すでに浄化された天体を再び汚染させる可能性があるからだ。

 我々人類と宇宙人が所在するこの空間は、宇宙の中で最も次元の低い空間だ。この銀河系以外の宇宙空間はすでに浄化された。宇宙人が所在していた空間もすでに浄化され、多くの宇宙人はすでに消滅されたが、残った僅かなものがこの銀河系に逃げ込んできた。この銀河系にも多くの空間が存在しており、人類が存在するこの空間以外の多くの空間はすでに浄化されたため、逃げ隠れる場所がなくなった多くの宇宙人はやむを得ず人間になり済まし、人類社会に隠れているのだ。

 人類が所在しているこの空間の浄化は、宇宙浄化の最終段階であり、新旧宇宙交替の最終段階でもある。この最終段階で、聖書の中で言われている「大審判」が行われる。すべての生命は、最終的にこの大審判を受け、残される生命は新宇宙に移行するが、残されない生命は淘汰されることになる。宇宙人は新宇宙での存在が許されず、淘汰される運命にあるが、悪事を行わなかった一部の宇宙人は浄化された後、別の生命に生まれ変わって新宇宙の中に残されることになる。

 人間は、現在世の中に伝わっている「真・善・忍」という宇宙の法理に従って修煉し、この法理に同化すれば、新宇宙の中で高次元の生命として生き残れるだろう。

 
(翻訳編集・東方 誠)

今日の報道で、東京葛飾区の土壌で25万ベクレル。 埼玉県の住宅地で45万ベクレル。 どこをとっても関東地方は避難しなければならない場所なのです。 30万ベクレル以上は「即刻避難地域」です(チェルノブイリの場合。10万ベクレル以上が避難地域)

富士山ニニギさんの日記の転載:被曝現場からの声。飛行機にはもう乗れない。 2012年06月12

テーマ:探訪記
被曝現場からの声。飛行機にはもう乗れない。 友人の友人まで公開
2012年06月12日16:45


沖縄に被曝で避難されてる新潟市の方から現実のお話を聞くことが出来ました。原発事故当初から新潟市に在住だったYさん(ご本人は実名と住所を出してほしいといわれましたが、プライバシーの事もあるのであえて出しません)です。

ご本人さんは現在脳もやられてしまい、体重も10キロ減ってしまってます。
体調はいたって不良で、体中が痛くしびれも有り、特に骨がいたくてどうしようも無いといわれてました。典型的な白血病です。現在ラジウム石とビタミンで、積極的な治療をしております。沖縄に逃れてかなり良くなったといわれてました。
ご本人に確認しましたら、新潟ですでに医師の診断書で「被曝による傷害」を取得しており、役所に届出をしたら全く無視されたそうです。どうしても被曝は医師の診断書があっても認めないようです。挙句の果て警察に通報されて変質者扱いだったそうです。
これが現実です。

なお家族のなかでも小学校6年生のお子さんがおられるのですが、体重も10キロくらい減って、咳が止まらずもう骨と皮だけといったほうがいいような状態で、学校の体育で走らされたら、吐いて倒れてしまいました。奥さんは風邪をこじらしたからだといいますが何で夏に風邪をひくのか。明らかな被曝なのですが、学校も奥さんも風邪の一点張りで、遂には警察沙汰になってしまいました。

そして遂に家庭崩壊覚悟で彼一人が沖縄に避難することになりました。
しかし一人息子の被曝は忘れられません。先月様子を見に行ったら相変わらず咳き込んでおり、もうこの先長くないように思えて悲しくなったそうです。それでも奥さんや学校は彼を変人扱いしているのです。

彼の持ってるロシア製の「ラレックス」で測定した結果、現在でも新潟市内の空中線量で0.20μsv/h(インスペクターではこれより大きくなります。アルファ線が測定されて無いからです)。市役所の建物内部では2μsv/hもあるそうです。
昨年の3月には喉が痛くなり、6月に寝込んでしまいその後改善することなく体重が減り続けていったそうです。そして現在は体中が痛くてどうしようも無い状態です。これは被曝したかた全体に共通して言えることです。

あと脳がやられます。
IQ125の彼が現在は判断が鈍ってしまい、買い物をメモを持っていってもそれすら分らなくなり、全く違う行動をとってしまうそうです。それが自分で分るそうです。
チェルノブイリの報道で、脳がやられた人の取材をしてましたが、それと全く同じです。これは脳にカルシウムの代わりにストロンチウムが蓄積されて起こるものと思います。それに脳細胞が犯されて、判断力が鈍くなったことから始まり、遂には亡くなってしまうようです。

被曝初期の症状について詳しく教えてくれました。
1、鼻水が出る。
2、くしゃみ、咳がでる。
3、喉に何か引っかかった感じがする。
4、口の中が甘く感じる。
そして時間が経つと。
1、体中が痛い。
2、ももの筋肉が痛い。
3、痺れがある。
4、骨が痛くなってくる。
5、髪の毛が抜ける。
6、脳の働きが鈍くなる。
これらの症状が複合的に現れたら被曝と思ってください。
被曝は各器官がおかしくなります。したがって最初は糖尿病などと同じ症状が出ますが、それとは違う症状も出るときはまず被曝を疑って下さい。
ますます悪くなって、一向に改善されないのが被曝の特徴です。勝手に風邪だとか糖尿病だとかに思って、深刻に考えないと大変なことになります。

また「福島から離れているので大丈夫」と言う考えは通用しないと。
被曝は福島の方がまだまし(避難地域は別です)だということが分ってきました。それは近くでは降ってくる放射性物質の素粒子が大きくて重いので、はたけばとれるということです。しかし新潟や関東地方は、飛散してる素粒子が細かいガス状のためいつまでも飛んでおり、吸い込んで被曝する可能性が大きいということです。

今日の報道で、東京葛飾区の土壌で25万ベクレル。
埼玉県の住宅地で45万ベクレル。
どこをとっても関東地方は避難しなければならない場所なのです。
30万ベクレル以上は「即刻避難地域」です(チェルノブイリの場合。10万ベクレル以上が避難地域)

今日のスイス気象庁の放射能汚染予想では愛知県から関西に強い放射能汚染が広がってます。かなり危ない状況ですので、雨に注意しましょう。雨の後は飲料水が汚染されます。
福島原発の放射能汚染はまだ止まっていないことを忘れてはいけません。それどころか以前よりひどくなっているのです。(4号炉爆発もあって)今回は西日本に強い放射能汚染が行ってます。

放射能の問題は更に深刻になってます。
しかしそれに対し国民の関心はお金一色で、自分の命に関することを無視するような異常状態になってしまってます。

すでに放射能汚染は全地球を覆い、上空の汚染は命に関わるレベルです。
航空機に乗ると機内の線量は平均で5μsv/hです。
何人もの方から測定報告を受けてますが、全員5μ前後あったといってます。
大変危険なレベルです。ひどい航空会社になると「不安をあおる」と言って測定器が取り上げられた方もおります。宇宙線だと言った航空会社もあります。馬鹿では無いか、機内で民生用のガイガーカウンターで宇宙線など図れるわけが無いことぐらい誰でも分るのですが、平気で嘘をつく航空会社。
飛行機に乗るときは防護服に防毒マスクが必要です。航空会社が用意する義務があるのでは無いでしょうか。

私のキャンプ場で、関東からのお客さんが受付に来られるだけで室内の線量が上がります。通常0、08マイクロが0,16マイクロに上がります。室内に入られると0,2μ近くになります。服から体中が放射能汚染をしてるのです。これは人体も「放射化」と言って放射線を出すようになってしまうのです。他人を被曝させることがあるのです。
これにはニニギも最初は反対意見でした。しかし現実にそのようなことがあるのが分り、今では気にしてます。
だからたくさんの人が乗る、電車は大変空中線量が高くなっております。
人ごみも高いです。放射性物質は少しでも吸い込んだらおしまいです。

もうどこも世界中が汚染されてしまっているのです。
しかし、だからと言って汚染に対して少しでもいい場所に移動する努力は忘れないでください。1年でも、2年でも生き延びる努力をしていただきたいのです。
食料品は妥協せず。海外も汚染されているからと言って、日本のひどいものを食べるよりは少しでも汚染の少ないものを探して下さい。
そして常にラジウムで遺伝子を戻す努力もして下さい。

放射能は絶対にあきらめてはいけません。
それが人間としての努めです。
「放射能など関係無い」と言う愚かな行動だけはおやめ下さい。
周りのそのような方が居る場合は、説得せずに無視してください。
「触らぬ神に祟りなし」



--------------------------------------------
ここからはこの日記のコメント欄での発言
--------------------------------------------

富士山ニニギ 2012年06月12日 17:39
野菜はいくら汚染されていても少しでも西のものを買うようにしてください。

確かに西の野菜は高くなってきましたね。以前は偽物があったからかも知れません。先日マックスバリューでスイカを「熊本産」と「千葉産」を1900円で売っていたのですが、ラベルにはっきり書いてあったので千葉産は売れ残りました。すると翌日、千葉産は1500円。熊本産は1900円で売ってました。
農家の人は30万ベクレルの畑で作っていることを知ってるのでしょうか。知ってて知りたくないのでしょうね。生活のためとはいい、おかしなことです。東電のはっきりした補償が絶対に必要だと思います。
昨日訴えに出た「福島原告団」の今後が期待されます。当然の権利である「損害賠償」が裁判所で蹴られたら、もうこの国はおしまいですね。もちろん損害賠償になっても国がおしまいですが。どっちに転んでも国はおしまいですね。
富士山ニニギ 2012年06月12日 23:52
北海道はまだましのようです。
以前にふれた「ジョンタイターの日本地図」が参考になります。それによると立ち入り禁止地区は、福島県の他は新潟県、宮城県、岩手県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県でした。
それ以外の青森県や北海道、中部以西は残ってましたので、この通りになると思います。
富山県、長野県、山梨県、静岡県が境になります。
青森県以北が中部以西に避難してください。この立ち入り禁止区域の野菜は食べないように。
実際新潟県に行って測定したらかなり高かったです。
村杉温泉に行った時でしたが、もうあと30キロで会津若松でしたから。福島から流れ出す阿賀野川の汚染も酷いでしょう。
キノコは汚染されやすいですが、新潟県産の「ホクトのしめじ」は菌床の放射能検査をしております。と書いてありますが、菌床は福島県が盛んに作ってます。

富士山ニニギ 2012年06月13日 12:55
今後子供の出生率は激減します。
それによって私たちの老後は誰も面倒を見てくれないことになります。
外国に見てもらうしかないのです。それ以外の選択は無いのです。
そのために今、近隣諸国との融合が最も大切なのです。特に中国とは。
好きだ嫌いだの問題ではありません。人間として助け合っていかなければならない時代になったのです。

s○○2012年06月13日 14:06
話は違うんですが、知人が帯状疱疹になってしまい。
水泡が顔や頭に出来てしまっているので、表情も変わって
しまってひどいです。
この帯状疱疹は、放射能には関係ないですよね?
まさか…とは思ってますが、見慣れない病気だった
ので、聴いてみました。


富士山ニニギ 2012年06月13日 16:17
よく分りませんが、放射線は遺伝子を狂わせるので、いろいろな症状が出てきます。
発疹などは皮膚に放射線が当たった結果そうなることがあります。
一つの発疹がだんだん全身に回り、最後は体が熔けてしまった方がおりました。東海村臨界事故の時です。



---------------------------------------------------------
以上、ニニギさんがmixiで友人の友人まで公開している
日記の転載とコメント欄での発言の転載です。
ニニギさんに了承の上アップしています。

あと、これは僕からの提案ですが、僕がプロフィールなどで
紹介している「出口王仁三郎」や「伊勢白山道」についても
是非、調べてみてください。
これからの大変な時代を生き抜いていく上でみなさんの
お役に立つ情報であると確信しています。
今、日本は大変な試練の時ですが、皆で良い想いの磁気(波動)
を発信してこの試練を乗り切っていきましょう!

生かして頂いて有難う御座います。
惟神霊幸倍坐世(かむながらたまちはえませ)

聖なる預言 James Redfield より

聖なる預言  James Redfield


第一の知恵
私達が偶然の一致を真面目に考えた時に実現します。こうした偶然の一致は、何か他のもの、霊的なものが私達の全ての行動の下に隠れていると、私達に感じさせます。

第二の知恵  
 私達の気づきを現実のものにします。自分達が物質的なものだけに心を奪われ、身の安全のために、自分の周りの状況を支配しようと一生懸命だった事に、我々は気が付くのです。そして、心を開くということは、何が本当に起きているかに目覚める事だと悟ります。
私達は新しい世界観を構築しつつある事を知る。

第三の知恵  
 生命の新しい見方を知ります。物質的な宇宙は純粋なエネルギーであり、我々がどう考えるかに反応します。
 人間はエネルギーの世界では特別な存在で、自分のエネルギーを意識的に放出する事が出来る。それは、十分なエネルギーが入ってきて愛を感じ始めるまで、物の美しさを賞賛すればいいのです。その時、私達はエネルギーを送り返す事が出来ます。そして、それは人に対しても同じです。私達がある人の姿や振る舞いを賞賛し、その姿や顔形が、より存在を持ち始めるまで真剣に見つめ続けると、その時私達は彼にエネルギーを送り、元気づける事が出来るのです。彼らの全体性、すなわち内面の美しさを賞賛すればするほど、沢山のエネルギーが彼らに流れてるきます。そして、自ずと、大量のエネルギーが私達に流れ込むのです。人を愛し賞賛すればするほど、大量のエネルギーが自分の中に流れ込むのです。人を愛しエネルギーを与える事が、自分の為に出来る最上のことなのです。
 宇宙はエネルギー、エネルギーは私達の期待に反応します。人々もまた、そのエネルギーの一部です。だから、私達が質問を持っている時は、必ず誰か答えを持った人が現れます。目が合った時は、その二人は話すべきだといっている。また、この人を知っているという感覚や、まだ一度も会った事がないのに、見たことがあるような親しい感じのする人。

第四の知恵  
 他人を支配し、他人の思考を奪う事によって、彼らからエネルギーを盗むという、人間の癖を明らかにします。これは、エネルギーが不足し、どこからも入ってこないと感じるために、私達が犯している犯罪なのです。こうしたエネルギーの不足は、より高次の源につながることによって、当然解消されるものです。もし私達が心を開きさえすれば、宇宙は私達が必要とするもののすべてを、与えてくれます。
       
このくせを断ち切るのは容易なことではありません。最初はいつも無意識だからです。その癖を捨てるための鍵は、その癖を完全に認識する事です。他人をコントロールする型とは、私達が子どもの頃、人の注意を引き、エネルギーを自分に引き寄せようとして学び取ったもので、私達はそこから抜け出せなくなっています。その事実を見ることによって、私達は自分の癖に完全に気づくことが出来るのです。この型を私達は何回も何回もくり   返しています。私はこれを無意識のコントロールドラマと読んでいます。私がこれをコントロールドラマと呼ぶのは、それが映画の一シーンのような、私達が子どもの頃にシナリオを書いた見慣れた一つのシーンだからです。私達はそのシーンを無意識に日常生活の中で、繰り返し演じています。自分で分かっているのは、同じ出来事が何回も自分に起こるということだけです。問題なのは、ある一シーンを何回も繰り返していると、私達の人生映画の他の場面、つまり偶然の一致によって始まる冒険物語が、先に進めないということです。エネルギーを人から盗むためにこのドラマをくり返して、映画の進行をとめてしまうのです。


コントロールドラマの対策

 過去を振り返って、子どもの頃の生活を思い出し、このような癖がどのように形成されたか、見なければなりません。そのきっかけが分かると、自分のコントロールの型をはっきり認識できます。覚えておいて下さい。家族のほとんど全員が、自分のドラマを演じていて、子供からエネルギーを吸い取ろうとしています。これが、私達がコントロールドラマを作らざるを得ない、そもそもの原因です。私達はエネルギーを取り返す戦略を持たなければならなかったのです。自分の特定なドラマを作り出すのは、常に自分の家庭との関係からです。しかし、こうした家庭の間のエネルギーの動きに気がつくと、私達はこのコントロール戦略から抜け出して、本当に起こっている事がわかるようになるのです。
 私達は皆、自分の家庭の体験を進化の観点から、そして霊的な観点から解釈しなおして、自分が本当に誰なのか、発見しなければなりません。一度それをすれば、コントロールドラマは消滅し、本当の人生が始まるのです。(家族父母兄弟の関係を確認しエネルギーがどのように流れていたか検証する)
 エネルギーを取るためのドラマ〔戦略〕はそれを指摘する事によって意識されたならば、存在し得ないのです。例えば脅迫者が怒鳴って怒っている時に、何故そんなに怒っているのかと指摘する。

ドラマの種類  

①脅迫者  人は誰でも、攻撃的にむりやり人の注意を自分に向けさせるか、受身的に人の同情や好奇心に働きかけて注意を引くかして、エネルギーを得ようとします。たとえば
もし誰かに言葉や暴力で脅かされると、あなたは自分に何か悪い事が起こるのではないかと怖れて、相手に注意を払わざるを得なくなります。その結果、エネルギーを相手に与えてしまいます。あなたを脅している人は、あなたを最も攻撃的なドラマに引っ張り込むのです。

②尋問者  この方法でエネルギーをとる人は、何か誤りを見つけ出すという特定の目的を持って、質問をしては他人の世界に介入します。誤りを見つけると、詰問者は相手のその点を批判します。この戦略が成功すると、批判された人はそのドラマに引き込まれます。そして詰問者の周りにいると、自分の事が急に気になるようになったのに気がつきます。そして詰問者の言動に注意を払い、何か間違った事をして詰問者に見つからないように、気をつけるのです。この精神的な防御が、詰問者に望みどうりのエネルギーを与えてしまうのです。

③傍観者  被害者よりは受身の度合いが少ないもの。他人とのつながりを持とうとしない為、傍観し大切な偶然の一致を起こらせなくする。あなたは傍観するだけなので他の人があなたにかかりきりになり、その結果、彼のエネルギーはあなたの方にゆきます。長い時間彼らを引きつけ、困らせておけばおくほど、あなたは多くのエネルギーを受け取るのです。ただ何回も繰り返すドラマの為、あなたの人生はなかなか進展しません。

④被害者  もし誰かがあなたに、自分に起きたひどい出来事を話し、それもいかにもあなたに責任が有る様に匂わせて、もし助けてくれなければ、このひどい出来事はずっと続くと訴えたとしたら、この人はもっとも受け身なレベルで、コントロールしようとしています。(一緒にいると何もないのに、あなたに罪悪感を感じる)

自分ドラマが解ると
無意識的な行動から抜け出して、ずっと自由になります。そして人生の深い意味を発見する事が出来ます。つまり、私達がその家庭に生まれた霊的な理由がわかります。自分が本当は何者なのか、明らかになり始めるのです。(216~221)(229~233)


・・! まだまだ走りですが、続きはご希望があれば続けたいと思います。。

Ho'oponopono

Ho'oponopono

http://blog.hooponopono-asia.org/modules/articles2/article.php?id=12
That's not my job!
Posted on Wed 19 Mar 2008 by sithhooponopono
この物語には、「みんな」「誰か」「誰でも」そして「誰も」の4人が登場します。
必ずやらなくてはならない、ある大切な仕事がありました。
「みんな」は「誰か」がその仕事をやるに違いないと思っていました。
その仕事は「誰でも」出来るものでしたから。ところが「誰も」しませんでした。
「誰か」はこの事態に腹をたてました。
なぜなら、これは「みんな」の仕事だったからです。
「みんな」は「誰でも」出来ることだとは思っていましたが、「みんな」やろうとしないとは「誰も」考えなかったのです。
「誰でも」出来る仕事を「誰も」やらなかった結果、「みんな」が「誰か」を責めるだけで終わってしまいました。
おしまい
               ∞
                         
This is a story about four people
named: Everybody, Somebody,
Anybody and Nobody.
There was animportant job to be done and
Everybody was sure that Somebody would do it.
Anybody could have done it, but Nobody did it.
Somebody got angry about that, because it was
Everybody's job.
Everybody thought Anybody could do it,
but Nobody realized that Everybody wouldn't do it.
It ended up that Everybody blamed Somebody
when Nobody did what Anybody could have done.
http://blog.hooponopono-asia.org/modules/articles2/article.php?id=6
he World's Most Unusual Therapist(世界一風変わりなセラピスト)Posted on Fri 10 Aug 2007 by sithhooponopono by Dr. Joe Vitale www.mrfire.com

Two years ago, I heard about a therapist in Hawaii who cured a complete ward of criminally insane patients--without ever seeing any of them. The psychologist would study an inmate's chart and then look within himself to see how he created that person's illness. As he improved himself, the patient improved.
二年前、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、精神障害を理由に
不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)の病棟に収容されていた人たち
全員を、 誰一人診察することなく癒したそうだ。
その心理学者は患者のカルテを読み、自分がどのようにしてその人の病気を
創りだしたのかを理解するために、自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。
When I first heard this story, I thought it was an urban legend. How could anyone heal anyone else by healing himself? How could even the best self-improvement master cure the criminally insane?
最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。
自分自身を癒すことによって他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう?
最高の自己改善の達人であったとしても、どうやって触法精神障害者を癒すことが
できるだろう?
It didn't make any sense. It wasn't logical, so I dismissed the story.
私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。
However, I heard it again a year later. I heard that the therapist had used a Hawaiian healing process called ho 'oponopono. I had never heard of it, yet I couldn't let it leave my mind. If the story was at all true, I had to know more.
しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、私はもっと知らなければならなかった。
I had always understood "total responsibility" to mean that I am responsible for what I think and do. Beyond that, it's out of my hands. I think that most people think of total responsibility that way. We're responsible for what we do, not what anyone else does. The Hawaiian therapist who healed those mentally ill people would teach me an advanced new perspective about total responsibility.
私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は私にあるという意味だと
前々から理解していた。その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを、そのように考えているのではないかと思う。
私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、他の人の行いに対してではない。
精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。
His name is Dr. Ihaleakala Hew Len. We probably spent an hour talking on our first phone call. I asked him to tell me the complete story of his work as a therapist. He explained that he worked at Hawaii State Hospital for four years. That ward where they kept the criminally insane was dangerous. Psychologists quit on a monthly basis. The staff called in sick a lot or simply quit. People would walk through that ward with their backs against the wall, afraid of being attacked by patients. It was not a pleasant place to live, work, or visit.
彼の名はイハレアカラ・ヒュー・レン博士。
私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、心理学者は
月単位でやめていき、職員はよく病欠の電話をかけてきて、
やめていく人もいたそうだ。人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。
Dr. Len told me that he never saw patients. He agreed to have an office and to review their files. While he looked at those files, he would work on himself. As he worked on himself, patients began to heal.
レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。
"After a few months, patients that had to be shackled were being allowed to walk freely," he told me. "Others who had to be heavily medicated were getting off their medications. And those who had no chance of ever being released were being freed."
「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、自由に歩くことを
許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」
I was in awe. 私は畏敬の念に打たれた。
"Not only that," he went on, "but the staff began to enjoy coming to work. Absenteeism and turnover disappeared. We ended up with more staff than we needed because patients were being released, and all the staff was showing up to work. Today, that ward is closed."
「それだけではありません」彼は続けた。
「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、最後には
必要以上の人数の職員が残りました。現在、その病棟は閉鎖されています。」
This is where I had to ask the million dollar question: "What were you doing within yourself that caused those people to change?"
ここで私は問わなければ気がすまなかった。
「それらの人々に変化をもたらすような何を、あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」
"I was simply healing the part of me that created them," he said.
「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただけです」と彼は言った。
I didn't understand. 私には分からなかった。
Dr. Len explained that total responsibility for your life means that everything in your life - simply because it is in your life--is your responsibility. In a literal sense the entire world is your creation.
レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、あなたの人生の中の全てが??
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で?
?あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。
Whew. This is tough to swallow. Being responsible for what I say or do is one thing. Being responsible for what everyone in my life says or does is quite another. Yet, the truth is this: if you take complete responsibility for your life, then everything you see, hear, taste, touch, or in any way experience is your responsibility because it is in your life.
ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が
私にあるというのは全く別の話ではないか。
それにもかかわらず、実際のところは、もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、
あなたが見たり、聞いたり、触れたり、その他どんな方法であれ、あなたが経験する
全てがあなたの責任なのだ。それはあなたの人生の中にあるのだから。
This means that terrorist activity, the president, the economy--anything you experience and don't like--is up for you to heal. They don't exist, in a manner of speaking, except as projections from inside you. The problem isn't with them, it's with you, and to change them, you have to change you.
これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済?
?あなたが経験していて好きではないこと?
?を癒すのは、あなた次第だということである。
言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。
あなたの内面からの投影である以外には。
問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、
それを変えるには、あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。
I know this is tough to grasp, let alone accept or actually live. Blame is far easier than total responsibility, but as I spoke with Dr. Len, I began to realize that healing for him and in ho 'oponopono means loving yourself. If you want to improve your life, you have to heal your life. If you want to cure anyone--even a mentally ill criminal--you do it by healing you.
このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に生きることは
もっと難しいとわかっている。
非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。しかし、レン博士と
話すにつれて私は気づき始めた。彼にとっての癒し、そしてホオポノポノにおける
癒しとは、あなた自身を大切にすることなのだと。
あなたが自分の人生を改善したければ、あなたは自分の人生を癒さなければならない。
もしあなたが誰かを癒したければ?たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても?
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。
I asked Dr. Len how he went about healing himself. What was he doing, exactly, when he looked at those patients' files?
どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。患者のカルテを見ていたときに、
彼は具体的には何をしていたのだろう?
"I just kept saying, 'I'm sorry' and 'I love you' over and over again," he explained.
「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と 『大切だよ(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。 『ありがとう』 『許してて下さい』
That's it? それだけ? That's it. それだけ。
Turns out that loving yourself is the greatest way to improve yourself, and as you improve yourself, your improve your world. Let me give you a quick example of how this works: one day, someone sent me an email that upset me. In the past I would have handled it by working on my emotional hot buttons or by trying to reason with the person who sent the nasty message. This time, I decided to try Dr. Len's method. I kept silently saying, "I'm sorry" and "I love you," I didn't say it to anyone in particular. I was simply evoking the spirit of love to heal within me what was creating the outer circumstance.
あなた自身を大切にすることが、あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法
であり、あなた自身を好転させるにつれて、あなたはあなたの世界を好転させる
ということが判明した。
これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。
過去そういう時には、私は自分に感情的な反応を引き起こすものについて
ワークしたり、あるいは意地悪なメッセージを送ってきた人に理を説こうとする
ことで処理したものだった。
今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。
私は「ごめんなさい」と「大切だよ」を声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。
私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した自分の中を
癒そうとしただけだった。
Within an hour I got an e-mail from the same person. He apologized for his previous message. Keep in mind that I didn't take any outward action to get that apology. I didn't even write him back. Yet, by saying "I love you," I somehow healed within me what was creating him.
一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。
彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。私は謝ってもらうために
外側に何も働きかけをしていないことを覚えておいてほしい。
私は返事すら書いていなかったのだ。にもかかわらず、
「大切だよ」と言うことで、私はどういうわけか彼を創り出していた自分の内側を
癒すことができた。
I later attended a ho 'oponopono workshop run by Dr. Len. He's now 70 years old, considered a grandfatherly shaman, and is somewhat reclusive. He praised my book, The Attractor Factor. He told me that as I improve myself, my book's vibration will raise, and everyone will feel it when they read it. In short, as I improve, my readers will improve.
その後、私はレン博士が開いたホ・オポノポノのワークショップに参加した。
彼は今では70歳で、優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、
ほとんど隱遁生活を送っている。
彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。
私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、人々が本を読むときに
皆それを感じるだろうと彼は語った。要するに、私が向上すると、
私の読者も向上するということだ。
"What about the books that are already sold and out there?" I asked.
すでに売られて外に出ている本についてはどうなんですか?と私はたずねた。
"They aren't out there," he explained, once again blowing my mind with his mystic wisdom. "They are still in you."
「それらの本は外にあるのではないよ。」彼が持つ神秘の智慧に私はとても驚いた。
「未だにあなたの中にあるんだ」
In short, there is no out there.
つまり、外なんてないということだ。
It would take a whole book to explain this advanced technique with the depth it deserves. Suffice it to say that whenever you want to improve anything in your life, there's only one place to look: inside you.
この高度な技術を、それが値する深さとともに説明しようとしたら、
本が一冊書けるだろう。
あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中のどんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、あなたの中である、ということだ。
"When you look, do it with love."
「あなたが見る時は、愛をもって見るように」
This article is from the forthcoming book "Zero Limits" by Dr. Joe Vitale and Dr. Len
ジョー・ヴィターレ/レン博士の共著「ZERO LIMITS」より抜粋。
(日本語訳は「あんりゅう」さんの訳を元にしました)
Copyright ? 2005 by Joe Vitale. All rights reserved.
You may forward this in its entirety to anyone you wish.

http://jp.youtube.com/watch?v=FkO3L9-bEX8

 

宇 宙 人 の 言 葉 翻 訳 An alien's words Translation

宇 宙 人 の 言 葉 翻 訳

An alien's words Translation
 
 温かいあなた方、何でも知っているというあなた方地球の人々に我々は警告するためにやって来た者です。私たちは、この言葉がどのような人々の手によってどのような形で訳されるかあまり期待していない。なぜなら、あなた方地球人は、常に自己の利益をもたらすものにしか興味をもてぬからだ。

They are those who came in order that we might warn people of the earths, warm you and you of knowing anything. We seldom hope that this language may be translated in what kind of form by what kind of people's hand. You the earth peoples are because only what always brings about self profits is interesting.

 私たちは宇宙人と呼ばれ、沢山の理解と沢山のマイナス理解をされている者だ。我々が地球人を理解しようと努めているほどには、あなた方は我々のことを考えてはいない。それでもなお我々があなた方がいうUFOに乗ってわざわざ訪れて行くのは、あなた方の地球が、一天体として、太陽系、銀河系その先まで及ぼすエネルギーの散乱を、くい止めるためだ。

We are those as whom are called an alien and it acts much understanding and much minus understanding. To the degree for which it is striving for us to understand an earth people, you do not consider our thing. we still riding on UFO which you say in addition, and visiting specially and going -- your earth -- as one heavenly body -- the solar system and a Galaxy system -- it is for pile about dispersion of energy done to the point .

 あなた方は、人間は地球以外でも沢山生活し、努力していることをあまりにも知らなさすぎる。考えなさすぎる。宇宙の中に浮いていながら、自分をすべてだと考えこむ宇宙観をもって生きていけるのは、全く筆舌につくしがたい驚異だ。我々もまた、日夜(?)(あなた方のいう時間とは違う)努力している。成長し進歩してゆこうとする生命に準じて生活することは当然のことで、今の地球のあり様は、本来なら人間の生命にとってありえない姿だと我々は考える。だが、現実にあなた方は活動し生活している。しかし、あなた方は考えたことがあるだろうか。一体いつまでこの状態が続けられるかを。

Man lives also except the earth in large numbers, and you do not too have [ trying hard and ] 知 and others. There is too no idea. The wonder which is completely hard to render description can make a living with the outlook on the universe which broods over itself in case of all, having floated into space. We are also making (?) (time for you to say is differed from) effort constantly. It stands to reason that it lives according to the life which is going to grow and progress, and there is the present earth and we think that appearance is the figure which cannot exist for man's life if it is original. But, you are working and living actually. However, have you thought? Or [ that this state is really continued till when ].


 地球はすでに危機に入っている。我々の円盤が何回となく警告してきたのは、そのため以外の何ものでもなく、興味本位のものではない。なぜなら、我々も多忙な毎日を送っていて、けっして暇をもてあまして遊んでいるわけではないからだ。

The earth is already contained in the crisis. our disk has warned how many times that there is nothing -- therefore, what of an except -- it is not a thing, either and is not the thing of an interest basis It is because we also have busy every day, and it is not embarrassed with spare time and is not necessarily playing.

 地球人に対して、常に我々が警告してきた言葉は、沢山のコンタクトマンと称する自尊心の高い人々や沢山の情報網の裏々を通じ、あるときは、政治家やマスコミや経済人、宗教人を通じて語られてきた。だが、いつもにぎりつぶされてしまった。我々は辛抱強く待った。しかし、そろそろもう待つ状態から積極的行動に移る時期にきたのではないかと考えている次第だ。

It has been told to the earth people through a politician, mass communications, a financial expert, and religion people through high people of pride who call the language of which we have always warned many contact men, or back 々 of many information networks at a certain time. But, it has always been shelved. We waited patiently. However, it is the order it is considered that would come to the time to move from the state for which it already waits soon to positive action.

 我々がこの難解で奇妙な文章を伝えたのには訳がある。地球人は、あまりにも心の本来のあり方を知らなさすぎるからだ。心さえもって読み、本来の生命、すなわち宇宙のどこにでもある生命体と一体とならば、おのずから判読できるものであること。つまり言葉は、日本語でも英語でもいいのである。要は、何のために地球人であるあなたは生存し続けようとしているのか?死から逃れたいためか恐怖のためか?一体あなた方は、何のために生きているのだ?

There is a translation in our having told this difficult and strange text. An earth people is because there is too no 知 and others about the original state of the heart. If even the heart is had and read and it is united with the life object which it is also in where of an original life, i.e., space, read naturally. That is, language is a thing as which Japanese or English is sufficient. Probably because you who are an earth people want to escape ? death for what purpose in short whether it is going to continue surviving, for what purpose are really [ ? ] for fear you alive?

 我々は、あなた方がわからない。なぜに分離させ、わざわざ難解にし、哲学や、宗教や、経済や、その他の科学文明と称する諸々のものを分裂させて考えてしまうのか?それらの社会現象などは、すべて生命のためにあるものであって、それ以外に存在する理由はない。すなわち生命のないところに言葉は不要なのだ。我々はそのためにわざわざ造語した。なぜにあなた方は疑問をもたないのか?

We do not understand you. is it made to dissociate to why, is made difficult specially, and do you disunite the thing of everything that is called philosophy, religion, economy, and other science civilization, and think? There are all of those social phenomena etc. for a life, and there is no reason which is alike other than this and exists. That is, language is unnecessary to a lifeless place. For the reason, we coined a word specially. In why don't you have a question?

 宇宙人はけっして抽象的、SF産物ではない。なぜなら、地球人よ、あなた方も宇宙人ではないか。北野師に告げたときに、はっきり話して、文章になると、この訳のわからぬ言葉をもっと疑問にもつべきだった。

Aliens are never abstract and SF product. because -- an earth people -- aren't you aliens, either? Kitano -- when it heralded to a teacher, and talked clearly and became a text, it should have had more the language which this translation does not understand in the question .

 ともかく、あなた方の住んでいる地球は、重力磁場が乱れ始めている。軌道も変わっている。天体の位置が変わり始めていること、時間が狂い始めていることに、なぜ疑問をもたないのだろう。専門家や学者と称する人々を我々は残念ながらあまり信用していない。彼らは、地球が破壊されるときでさえ、データ集めに余念がないだろうから‥‥‥‥‥

At any rate, as for the earth on which you live, a gravity magnetic field beginning to be in disorder. The orbit has also changed. Why doesn't it have a question in that the position of a heavenly body is beginning to change, and time beginning to be out of order? We seldom trust people who call a specialist and a scholar, though regrettable. Since they will not have 余念 in data acquisition even when the earth is destroyed

 我々は地球人に対して最後の警告をしたい。円盤をみてもあなた方は、自分の宇宙の中にとどまって恐怖心を増すばかりだろうか?実際に数え切れぬほど多くの人々が円盤を目撃したし、乗った人も多い。しかし彼らは、自分が特殊な人間のように考えてしまうか、あるいは、何のためにUFOを見、何のために乗る機会を与えられたのか自分の意志で考えようとしない。不思議だ。私は、あなた方に告げたい。たとえ科学的に高度な力を作用させたとしても生命は消えはしない。生命はまた繰り返されるだけだ。だが、今の地球は、今までの危機とは違う。地球の内部にある空洞は、地球自身のものだ。いずれバランスを失った力は、内部の空洞を押しつぶすだろう。そのとき地球は完全に破壊され、別な時空間(磁場組成の全く異なる空間)に移ってゆくかもしれない。

We want to warn of the last to an earth people. Even if it sees a disk, do you remain in your space and just increase fear? It actually counts, and there are also so many people on whom many people witnessed the disk and rode that it does not go out. However, they will not think like a human being with them, or look at UFO for what purpose, and think [ whether the opportunity to ride for what purpose was able to be given and ] of their will. [ special ] It is wonderful. I want to herald to you. Even if it makes advanced power act scientifically even if, a life disappears and an end does not have it. A life is only repeated again. But, the present earth differs from an old crisis. The cavity in the interior of the earth is the own thing of the earth. The power which lost balance someday will crush an internal cavity. Then, it may be destroyed completely and may move from the earth between another space-time (space where magnetic field composition completely differs).

 だが、地球自体がもっと大きな磁場を抱えていれば、単にそれだけでは済まない。今は、何とも言いがたい。あなた方が考えているほど、地球は小さな星ではないし、あなた方が考えているほど大きな星でもない。地球が破壊されるその地球の様子を我々はすでに映像を通じて見せられている。だからこそ、我々は必死に、あなた方と接触し始めたのだ。我々の意図は、地球を救うためだけではなく、我々の星以外の星、惑星をも助けるためだ。地球だけが、我々の知っている星ではないし、特別な興味を持っている星でもないということです。

But, if the earth itself is holding the bigger magnetic field, it will not be settled only by it. It is hard to say now not at all. The earth is not a small star, so that you think, and it is not such a big star that you think, either. As for us, the signs of the earth that the earth is destroyed are already shown through the image. Therefore, we began to contact you desperately. Our intention is for also helping stars other than our star, and a planet in order to save the earth. I hear that only the earth is not the star which we know and is not a star with a special interest, either.

 地球が危機に入るとき、地軸は27度以上傾斜を加えるでしょう。たとえ地軸が傾いても、地球人は、少々体が不調になったと思うぐらいで、特に動揺はしないでしょう。でも、そのときにもまだ、地球人は自分のこと、あるいは、せいぜい友達か家族か、恋人のこと、自分に利益をもたらしてくれる人のことしか考えはしないでしょう。何と愚かなことでしょう。すでに昔より、宇宙は先にあるのに、けっして人間が先行するのではないのに‥‥‥ あなた方は、いつもそのように行動してしまう。どうか、もしできるのなら、少しでも外宇宙へ眼を向け、心を開いてほしい。我々が同じ友達として付き合えるのは、その心のあり方でだけ感じられるのです。金星人は、すでに移動しました。もう金星人は、すでに危機を感じ、計算しつくした範囲(危険)以外に逃れるためです。衛星を一つ見つけて、そこに移動を開始したのです。我々も、もう少し時間をおいて移動するかもしれません。地球からは遠くなりますが、けっして来れない距離ではありません。残念ながら、あなた方地球人の現在の科学知識では無理ですが‥‥‥

An earth's axis will add an inclination 27 degrees or more, when the earth goes into a crisis. An earth people thinks that the body became out of condition a little, and especially agitation will not be carried out, even if an earth's axis inclines. But also then, in an earth people, an idea will still do at most only its thing, or the thing of a friend, a family, and a sweetheart and the thing of those who bring themselves profits. It will be very foolish. It is that man already precedes never although there is space previously from ancient times...... You will act always such. If it can do, I turn an eye to outside space and want you to open the heart if you please. It is felt only by the state of the heart that we can associate as the same friend. The people from Venus already moved. The people from Venus are already for getting off in addition to the range (dangerous) which already feels a crisis and were calculated. One satellite was found and movement was started there. We may also set time to a slight degree, and may move. Although it becomes far from the earth, it is not the distance which never comes. Though regrettable, although it is impossible in the present scientific knowledge of the earth peoples, you ......

 もし、この危機を脱することができるのなら、あなた方も宇宙の人々と直接外交ができるようになるでしょう。しかし、現実は、どんどん最悪の事態にと落ち込んでいっています。解決する方法は、いくつかありますが、まず、ともかく、地球人自身の意識、自我中心のわがままな心を変革しなければなりません。でないと、我々も危険にさらされることになるからです。すでに沢山のコンタクトの文の中で語られていることですが、あなた方はもっと正常な生活をしてください。人間の肉体はそれ独自で存在はしません。心と肉体は一緒にならねばなりません。どちらか一方が、どちらかをねじ伏せてしまうことは、異常な状態です。できるだけ静かな時間をつくって、できるだけ緑の多い環境の中で、人々や宇宙のことを考えてみてください。

You could also do people and direct diplomacy of space, if it can escape from this crisis. however, the situation where reality is the worst rapidly it has fallen Although there are some methods of solving, they must reform an earth people's own consciousness and the selfish heart based on self first at any rate. It is because we will also be exposed to risk if it does not come out. Please live a normaler life, although it is already told in the sentence of much contact. Man's flesh is original with it and existence is not recognized. The heart and flesh must become together. It is in an unusual state that either holds either down. Please build the quietest possible time and consider the thing of people or space in many greenest possible environment.

 初めは、小さな解決、出発点として自分を変えてゆくことです。「そんな小さな努力が、地球を救うなんてありえない」とあなた方は言いますが、一体だれが地球を汚いみすぼらしい星にしてしまったのでしょうか?

 あなた‥‥‥あなた個人から出発しているのです。すべてのものは。

It is changing oneself as small solution and a starting point in the beginning. Although you say, "There cannot be no such small efforts saving the earth", who has really made the earth the dirty shabby star?

You ...... The you individual is left. All things.

生きる技 − ヴィパッサナー瞑想法 S・N・ゴエンカ  紹介

生きる技 − ヴィパッサナー瞑想法

S・N・ゴエンカ

誰もが安らぎと和を求めています。それらが私たちの生活に欠けているからです。私たちは時として心を乱され、苛立ち、調和を失い、苦悩します。そして、乱された心はみずからの内に留まらず、他人をも巻き込もうとします。惨めな人の乱れた心は周りの空気をも惨めにします。周りにいる人たちのすべての心を乱し、苛立たせます。これが正しい生き方であろうはずがありません。人はみずからの内に、そして、他の人との間に和をもって生きるべきでしょう。結局、人間は社会的動物、社会に生き、他の人と交わって生きていかねばならないのですから。

では、和を持って生きるにはどうすればよいのでしょうか。どうすれば私たちの内に調和を見い出し、周囲とも調和を保つことができるでしょうか。どうすれば他の人もまた、和と安らぎをもって生きられるよう助けることができるでしょうか。

そのためには、何故心が乱されるのかを知らねばなりません。心の乱れ、苦悩の根本原因とは何でしょうか。自分自身を見つめてごらんなさい。心の乱れの背後には、反意が生まれているはずです。反意、つまり心の汚れは、安らぎや調和と共存することはできないのです。

それでは、私たちはどんなふうに反意を生んでいるのでしょうか。他の人が自分の気に入らない態度をとったり、何かいやなことが起こったりした時、私たちは不満を感じます。ものごとが自分の意志に背いて起こる時、私たちは苛立ちを感じます。心に縛り目を結びます。一生の間、望むことは得られず、望まないことが起こりつづけます。その度に、私たちは心に一つ、また一つと縛り目を作り続けるのです。心も体も苛立ち硬張り、反意に満たされます。人生は惨めなものとなります。

この苦しみを解消するにはどうすれはよいのでしょう。

一つには、人生でいやなことが何も起こらないようにするという方法があります。すべてが自分の思う通りにいくようにするのです。自分でそのような超能力を身につけます。それが無理なら誰かそのような力を持つ人を見つけて、願えばいつでも助けてもらえるようにします。これは無理な話です。どこの世界を探しても、望みが常に叶い、すべてが思いのままになり、いやなことが何一つ起こらない人などいません。ものごとは私たちの意志や希望に反して起こり続けるのです。ではこのような世界の中で、反発しないで暮らすにはどうすればよいでしょうか。心を苛立たせたり、硬張らせたりしないようにするにはどうすればよいでしょうか。安らぎと和を保ち続けるにはどうすればよいでしょうか。

他の国々と同様にインドでも、賢者や聖人たちがこの問題に取り組んできました。人間の苦悩ということにです。そして、一つ答えを見つけました。何かいやなことが起こり、怒りや恐れや反発が生れるやいなや、速やかに、何か他のことに心をそらすのです。例えば、立ち上がってコップに水を入れて飲みます。気がそれて、怒りはそれ以上大きくならないでしょう。あるいは、信仰する神や聖者の名を唱えます。または数を数えます。一、二、三、四・・・。注意がそらされて、反発や怒りからある程度離れることができるでしょう。

こうした方法は、なかなか役に立ちます。心がイライラしなくなるような気がしてきます。けれども、実は、それは心のほんのうわべでのことに過ぎません。本当は、注意をそらすことによって、反発心を潜在意識の底へと押しやったにすぎないのです。表面的には調和のとれた安らかさを保ちつづけるでしょう。しかし、心の奥底では押し込められた反発心が休火山の如く、くすぶり続けます。遅かれ早かれ大爆発を起こすでしょう。

他にも、心理のより深い部分まで探求を進めた人々がいました。彼らは自分自身の精神と身体の真実を体験することによって、ただ気をそらすことは問題から逃げることにすぎないと悟りました。逃避は解決にはならない、問題に直面しなければならない、と悟ったのです。

心に反発が起こる時、それをじっと見つめてごらんなさい。面と向かってみるのです。あなたがそれを見つめ始めるやいなや、心の濁りは力を失い、消えていきます。ゆっくりですが、やがてすべての反発心が消え去ります。私たちは、再び、濁りの淵に沈むことはないでしょう。これは、抑圧と放縦の両極端を避けたよい方法です。 さて、話すのは簡単ですが、実際にそれができるでしょうか。普通の人間に自分自身の濁りと向き合うことなど可能でしょうか。

腹を立てるとき、私たちはその感情に圧倒されてしまって、いつ腹を立てたのかわからないくらいです。そして、感情に押し流されるままに行動し、あるいは言葉にして、他の人や自分を傷つけてしまいます。そうしておいて、怒りが過ぎ去ってから嘆き悲しみ、神や仏に許しを乞うのです。「ああ、私の過ちを許してください。」

ところが、次にまた同じような状況になると、元のもくあみ、同じことの繰り返しです。後悔先に立たずなのですが、問題なのは心に濁りが生じた時に、それに気がついていないということです。それは生じるとたちまち私たちを圧倒してしまうため、それを冷静に凝つめる余裕など私たちにはないのです。

それでは、秘書を雇いましょうか。いつでも怒りが現れてきたら、こう言ってくれる秘書を。「ご主人、お怒りが・・。」その時私たちはどうするでしょう。まず、このでしゃばりの口を引っ叩いて、こう怒鳴るのが関の山でしょう。「この馬鹿者!私に説教をするために雇われてるとでも思っているのか。」私たちは怒りに圧倒されてしまって、助言など聞く耳を持たないのです。

賢明にも秘書を引っ叩かないで、こう言えたとします。「ありがとう。では、座ってこの怒りを観察することにしよう。」できるでしょうか。目を閉じるやいなや、私たちを怒らせた人、あるいはできごとが心に浮かんできます。これでは怒りを観察することにはなりません。感情を高ぶらせる外的要因を見ているにすぎません。かえって怒りが強くなります。このように、抽象的な反感、感情を、その原因となった外側の対象から切り離して観察するのは大変困難なことなのです。けれども、完全なる悟りに至って究極の真理をつきとめた人が、心の反発から抜け出すための良い方法を見つけてくれました。彼は、心に反発、濁りが生じるや必ず、肉体面に二つの変化が現れることを発見したのです。その一つは呼吸です。反感が心に生じると、呼吸のリズムは狂い、強くなるのです。これは誰もが気づく、わかりやすい真実です。そしてもう一つ、もっと微妙なレベルの真実として、体中の生化学的反応があげられます。それは、肉体の感覚としてとらえることができます。心の汚濁は、身体のどこかに何らかの感覚を生むのです。

普通の人間には、抽象的な恐怖や怒り、情欲といった心の不純性を観察することはできません。しかし、修行を積めば、呼吸や感覚を観察することは難しいことではありません。精神の汚濁と直接結びついているこの呼吸と感覚の観察は、誰もが実践できる心の浄化法なのです。

呼吸と感覚は、次の二点で助けになります。まず私たちのお付きの秘書となってくれます。心に汚濁がわきあがるやいなや、呼吸は正常さを失います。そして、こう叫び始めます。「ちょっと!これはまずいですよ。」呼吸を引っ叩くわけにはいきません。忠告を受け入れるしかないわけです。同じように、感覚が告げます。「一大事ですよ!」こうした忠告をうけて、呼吸と感覚を私たちは観察し始めます。汚濁が流れ去って行くのに、そんなに時間はかからないでしょう。

この精神的、肉体的現象は硬貨の両面のようなものです。片方の面は、心に生まれる考えや感情であり、もう一方の面は、体に生まれる呼吸であり、感覚です。思考や感情のすべて、精神の濁りのすべては、意識の表面にあろうと潜在下にあろうと、生まれる瞬間に呼吸と感覚に現れます。 ですから、呼吸と感覚を観察することが、間接的に心の濁りを観察することになるのです。問題から逃避するかわりに、あるがままに現実を直視することになるのです。その時、私たちは、心の汚れが力を失っていくことに気づきます。もう以前のように圧倒されません。休みない努力を続けるならば、やがて、すべての汚濁を追放し、私たちは安らぎと幸福を永遠に享受し続けることができるでしょう。

このように、この自己観察法は、内と外という二つの面から現実をみせてくれます。人は目を見開いていながら、自分の内にある真理を見逃しています。私たちは、自分の不幸の原因を常に外に求め、他者に責任を押しつけ、外側の現実を変えることに専念します。内側の真実を知らず、苦しみの根が自分自身の内に、自分の盲目的な反発に起因していることに気がつかないのです。

しかし、修行をすることによって硬貨のもう一つの面を見るように、自分の内側で起こっていることに気づき始めます、呼吸であれ、感覚であれ、心のバランスを失うことなく、ただ観察することを知る時、人は反発することをやめ、惨めさを増やすことをやめます。その結果、幾層にも堆積された心の汚れは、表面に現れては消え去ります。

この修行を重ねるにつれ、人は反発からより早く立ち直ることができるようになるでしょう。やがて心は、汚濁から解放され、純化されます。純粋な心、それは、いつも愛、執着のない愛に満ちています。他の人の過ちと苦悩への慈悲に満ちています。他の人の喜びを自分の喜びとし、いかなる状況にあっても完璧な平静さを保ちます。

このような精神段階に至ると、人の生活パターンは変化し始めます。他の人の安らぎと幸福を妨げる言動などできなくなります。自分同様に、他の人々も安らかになれるように助けずにはいられなくなります。当然ながら、そのような人の周囲には安らぎと和がみちあふれ、他の人をも影響せずにはおきません。

自分の内面において経験すること全てにおいて、バランスを保つことを学ぶことによって、外側で遭遇する状況の全てにおいてもまた執着しないようになります。しかし、この無執着は逃避主義でもなければ、世界の問題に対する無関心とも異なるものです。ヴィパッサナーの修行をする者は他の人々の苦しみに対してとても敏感になります。そしてその人々の苦しみを取り除くために出来る限りのことをしようとします。それがどんな方法であっても、動揺した気持ちではなく、愛や慈愛、そして平静心に満ち溢れた心で行ないます。この人は聖なる無関心を学んだからです。他の人々を助けることに完全に関与し、関わりながら、同時に心のバランスを保つ方法を、です。このようにして、他の人々の幸福や平和の為に働きながら自身も幸福や平和であり続けられるのです。

これが、仏陀の教えた「生きる技」です。仏陀は、何の宗教も主義も説きませんでした。おまじないや儀式、無意味な儀礼を、説いたことはありませんでした。仏陀は、内なる現実をありのままに観察することによって、その本性をありのままに見ることを教えたのです。人は無知ゆえに、自分や他の人を傷つけるような反発を繰り返します。けれども、智慧が生まれる時、現実をありのままに観察する智慧を持つ時、この反発という習慣から抜け出すことができます。盲目的に反発することをやめ、本当の意味での行動を始めます。バランスのとれた静かな心、真理を見通し理解する心から発する行動。それは、自分にも他の人にもいつも創造的でプラスとなるものです。

「汝自身を知れ」と、いにしえの賢者たちが説いたように、私たちは、自分自身を知らねばなりません。しかし、頭の中で理論などを知的レベルで知っても、あるいは、聴いたり読んだりしたことを感情的に、または信仰ゆえに受け入れても救われません。自分についての真実を、経験をとおして知らねばなりません。精神と肉体のありのままを直接経験すること。これだけが、私たちを心の汚濁から、苦悩から救い得るのです。

自分自身の現実、ありのままを直接経験すること。自己観察の実践法。これがヴィパッサナー瞑想法です。仏陀の時代のインドでは、「パッサナ」とは、目を開けてふつうにものごとを見ることを意味しました。「ヴィパッサナー」とは、ただの表向きだけでなく、ものごとをありのままに観察するという意味です。うわべの真理を貫き、精神と肉体構造の究極の真理に至るのです。この真理を体験する時、人は盲目的に反発して、心に汚れを生むことをやめます。そうすると自然に、過去に作られた汚れも浄化されていきます。やがて、すべての苦しみから解き放たれ、真の幸福を味わいます。

瞑想のコースにおいて、この修行は三つの段階にわけられます。

第一段階は、道徳律を守ること。他の人の安らぎと和を脅かすようなすべての言動を慎みます。心の汚濁を生み増やすような言動をとりながら、心を浄めることなどできません。ですから、道徳律は、修行に無くてはならない第一歩なのです。具体的には、殺めること、盗み、誤った性行為、虚言、飲酒、麻薬類の摂取から遠ざかります。こうして、静かな心で次の修行に踏み出します。

第二段階は、この荒々しい心を手なずけること。そのために心を、唯一の対象物にとどめる訓練をします。その対象物とは、呼吸です。できるだけ長い間意識を呼吸にとどめます。ただし、これは呼吸法ではありません。息を操作してはなりません。自然な息が入って来るままに、出て行くままに、ただ観察します。この訓練をすると、心は更に静かになり、激しい反発に打ち負かされることがなくなります。同時に、心は貫くように鋭く鍛えられ、つぎの洞察の修行を可能にします。

第一段階の生活の範を守ること、そして、第二段階の心を統御することは、それ自体必要かつ有益なものです。しかし、つぎの段階へ踏み出さなければ、自分を抑圧することにつながってしまうでしょう。 第三段階、それは、自身を見抜く洞察力による心の清浄化。これこそがヴィパッサナーです。心と身体の常に移り変わる様は、肉体の感覚となって現れてきます。それを体系的に、客観的に観察するのです。感覚の観察をとおして、自分自身の真の有り様を悟ること。自己観察による自己浄化。これが、仏陀の教えの極致です。

ヴィパッサナーは、誰にでもできる修行法です。病に宗派はありません。したがって、治癒にも宗派はありません。誰もが苦しみを抱えています。怒りに仏教徒の怒りやヒンズー教徒の怒り、キリスト教徒の怒りがあるでしょうか。怒りは怒りでしかありません。怒りによってストレスが生じる時に、宗派別のストレスであったりするでしょうか。

ヴィパッサナーは、その治癒法です。生活の範を守り、人々の安らぎと和を求めることに反対する人がいるでしょうか。心の統御力を養うことに、誰が反対するでしょうか。自分自身のありのままの姿を見抜くことによって、心を反発から解放することに、何の反対が起こるでしょう。これは、誰もがたどれる道なのです。

内なる真実を観察することによって、ものごとをあるがままに観ること。これは、自分自身を経験をとおして知ることです。これを実践することによって、人は、苦しみを生む心の濁りから、しだいに解放されていきます。精神と身体の粗雑でうわべだけの真実から、やがて最も繊細で微妙な真理へと至ります。そして、さらに精神と身体、時と空間、相対的次元を超えた真理をも体験します。つまり、それはすべての濁り、不純性、苦悩からの完全なる解放の真理です。その究極の真理を何と呼ぼうとかまいません。それは、すべての人々にとっての最終のゴールなのです。

すべての人々が、この究極の真理を体験できますように。汚濁と反発に苦しむ世界中の人々が、苦悩から解放され、自由になれますように。すべての人々が、真の平安、真の調和、真の幸福を享受できますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

民主主義評価法により、民主主義国家30カ国の「民主主義の質」を評価。世界から見た日本の現状を知り考える時ではと

ランキングは、チューリッヒ大学とSocial Science Research Center Berlin(ベルリン社会科学研究センター)が共同で開発した新しい民主主義評価法により、民主主義国家30カ国の「民主主義の質」を評価し、1995~2005年の期間の平均スコアにより比較したもの。

この評価法では「個人の自由の第三者(特に政府)による侵害からの保護」「法の支配」「積極的社会参加」「透明性」「政治参加」「代議制度」「政治的競 争」「抑制と均衡のシステム(三権分立)」「民主主義的に決定された事項を実行する能力」の9つの指標を数値化し、合計点が高いほど「質の高い民主主義」 ということになっています。評価対象となった30カ国の順位は以下のとおり。

1位:デンマーク(88.3点)
2位:フィンランド(87.7点)
3位:ベルギー(85.1点)
4位:アイスランド(83.5点)
5位:スウェーデン(82.9点)
6位:ノルウェー(82.1点)
7位:カナダ(79.4点)
8位:オランダ(79.0点)
9位:ルクセンブルク(75.2点)
10位:アメリカ合衆国(74.9点)

11位:ドイツ(73.2点)
12位:ニュージーランド(72.1点)
13位:スロベニア(69.6点)
14位:スイス(67.8点)
15位:アイルランド(67.0点)
16位:ポルトガル(66.7点)
17位:スペイン(66.6点)
18位:オーストラリア(65.5点)
19位:ハンガリー(63.2点)
20位:オーストリア(63.1点)

21位:チェコ(58.2点)
22位:イタリア(57.0点)
23位:キプロス(55.5点)
24位:マルタ(54.2点)
25位:日本(45.8点)
26位:イギリス(44.6点)
27位:フランス(42.8点)
28位:ポーランド(42.0点)
29位:南アフリカ共和国(39.8点)
30位:コスタリカ(32.7点)

世界から見た日本の現状は、民主主義で見て、最下位の方から見たほうが早い現状。この事実を知り、この国の現状を
理解し変えて行こう。政府・官僚・原発村の利権と癒着構造の日本を正しく表している。

[徹底追及] またまた発見!原発6基分の埋蔵電力が隠されていた。 (『週刊ポスト』 2012/06/15号 ) 

投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 10 日 13:48:15:

[徹底追及] またまた発見!原発6基分の埋蔵電力が隠されていた。
http://ameblo.jp/capitarup0123/entry-11273374337.html

『週刊ポスト』 2012/06/15号 明日を信じられる時代になって欲しい。

あるものを「ない」と偽ってまで、電力不足をデッチあげたいのか。「電力が足りない。だから原発を再稼働させてくれ」──役人、政治家、電力会社が一体となった電力マフィアの言い分がウソであることを
本誌は再三指摘してきたが、彼らがひた隠す決定的な「埋蔵電力」がまたもや発見された。
          *
 電力マフィアの「電力隠し」も、ここまで酷いと呆れてしまう。本来見込めるはずの電力を、「需給見通し」からごっそり省いていたのである。 今年5月に国家戦略室がまとめた「需給検証委員会報告書」には、
原発再稼働の中心を担う仙谷氏と電力不足で節電をお願いする関電(慎重に検証した結果、(中略)昨年の東京電力管内の想定されたピーク時の電力不足よりも厳しい状況にあることが明らかになった)とある。

政府や電力会社が原発再稼働の根拠とする「電力不足」 にお墨付きを与えるものだった。
ここに大きなまやかしがあった。(写真) 原発再稼働の中心を担う仙谷氏と電力不足で節電をお願いする
関電報告書は、民間企業が電力不足に備えて設備増強に励んでいる「自家用発電の活用」に触れたくだりで、こう書いている。〈中規模以上の自家発は最大限活用するという観点で、今夏の一般電力電気事業者による自家発の電力の購入は、301万kW(昨年比+64万kW)と見込む〉

 ところが、この試算の根拠とされているのは、1年以上も遡る昨年3月時点のデータなのである。
資源エネルギー庁は昨年3月の調査で、自家発電設備能力(1000kW以上)が全国で5373万kWあると発表した。
昨年夏の需給調査は、これをもとに電力会社が購入できる電力量を試算している。

 それから1年、不思議なことに今年の需給見通しも、同じく昨年3月時点の5373万kWをベースに試算されていたのである。報告書にあった「昨年比+64万kW」とは、経度省が今年4月に行なったアンケート調査から、昨年時点では売電不可能とされていた電力のうち活用できる分を加えた数値という説明だから、この解釈では、この1年間に新たな自家発電は全く作られなかったことになる。

 もちろん、そんなことはない。その点については後述する 政権内にも、この報告書のインチキに気付いた者がいた。民主党の橋本勉・衆議院議員は、国家戦略室に「昨年以降の自家発電の増強分はどうなっているのか」と問い合わせた。 すると、同氏のもとを訪れた担当者は、自家発電のうちガスタービン発電
について、ちゃんと把握していたというから驚きだ。しかもその能力がまた驚きの数字だった。
「経産省を通じて聞いた範囲では、昨年度1年間でガスタービンメーカーが出荷した発電設備能力は800万kWで、このうち国内向けが500万kW程度あった。

 自家発電向けか電力会社向けかは区別できないが、現在、経産省がデータを確認している途中である。
ただし、把捉できていないものは考慮できないから、需給検証委員会の報告書にこの数字は載せていない」
 担当者はおよそそういう話をして帰ったという。 これだけの電力が報告書から漏れていたとなれば、それを元にした節電計画も原発再稼働も全く意味をなさなくなる。

驚くべき電力隠しではないか。 本誌は国家戦略室の担当者に確認した。「橋本議員にそうした説明をしたことは事実です。ただし数値は確定したものではなく、見通しには入れておりません」 

ガスタービン以外も急増中
 戦略室の説明の元になった経産省の「生産動態統計調査」によると、昨年4月からの1年間で、ガスタービン発電設備の出荷は、発電能力ベースで756万kWと対前年比2倍以上(221%)に急増している。
 これが戦略室のいう「800万kW」のことで、このうち国内向けがおよそ500万kWあるというわけだ。
「自家発電向けか電力会社向けか区別できない」というのが報告書に反映させなかった理由だというから、本誌が調べてみた。

 簡単に分かった。
全国の電力会社が昨年度に新設したガスタービン発電設備は総計で約180万kW。
これを引いた約320万kWが自家発電向けの出荷だったと推定できるのである。
 ただし、そのなかにも単純に「増強分」といえないものもあるだろう。
もともとある設備の更新、故障設備の交換もあるからだ。
そこで対前年比221%という出荷の伸び率を勘案し、「伸びた分が増強分」と考えると、500万kWのうち増強分だけで270万kWあまりあったことになる。そこから電力会社の増強分を除くと約90万kWが自家発電の増強分と推計できる。

 しかし、これだけではない。
ガスタービンを中心とした発電設備の輸入量も急増しているからだ。財務省「貿易統計」によれば昨年4月からの1年間で、75okVAを超える規模の発電機の輸入額は対前年比535%の伸びだった。
金額で比べると、先のガスタービン国内出荷の4割以上に相当するから大変な量である。
細かい計算は省くが、金額と伸び率から「増強分」を推計すると、なんと260万kW超という驚くべき数字になった。

 大手ガスタービンメーカーはこういう。
「震災後、自家発電設備の引き合いが増えているのは確かです。発注元は、工場やオフィスビル、病院などが多い」 

さらに、こんなデーダもある。
資源エネルギー庁の「電力調査統計」 には、昨年3月末以降の自家発電能力の増強を民間企業が届け出た結果がまとめられている。 それによると、昨年3月末から9月末までの半年間に、火力・水力・新エネルギー等を含めた自家発電は、5373万kWから5632万kWへと259万kWも増えている。

しかもこのデータでは、前述したガスタービンはむしろ減っており、増加分は主に水蒸気でタービン設備を回す汽力発電である。ガスタービンの増加が反映されていないのは調査の時期によるものと考えられる

(電力会社でもガスタービンの新設は多くが昨夏以降に着工したため、実際の設備増強は昨秋以降だった)。この分も先の報告書では一切無視されている。

 資源エネルギー庁の基盤整備課担当者はこういう。
「報告書の試算は、昨年7月に行なったアンケート調査のフォローアップですから、5373万kWという数字は、その時点では直近の数字だったわけです。昨年9月の数字は、まあ多少増えていますけど、考慮していないということです」 しかし、259 万kWといえば、大飯原発が再稼働した場合の236万kWを補って余りある数字である。それを「多少増えている」という程度にしか評価しないなら、「多少増える」だけの大飯原発など稼働しなくてよいではないか。

 整理すると、自家発電全体の過去1年の増強分は、ガスタービンなどの設備が国産(90万kW)と輸入(260万kW)で計350万kW、その他で少なくとも259万kW(昨年9月まで)で、計600万kW以上になる。
これは原発6基分に相当する莫大な発電能力である。

 前出の橋本議員はいう。
「原発事故を機に大企業の工場が自家発電を増やしていることは広く知られているのに、いまだに考慮されていない。それで『電力が足りない』と繰り返し主張するのは全く説得力がありません。
再稼働のために、それを妨げる数字を出したくないだけではないか」
電力マフィアの詐術が、またひとつバレた。

ほとんどの方が咳き込んでいるそうです。 広範囲の被曝の状況が明らかになりました。 放射能はいよいよ舞台が世界になってきました。 これから日本の政府に対する批判が注がれるものと思います。 政権を握る民主党議員の中には、この夏までに逃げ出す者がかなり出そうです。 日本政府の崩壊ももうすぐでしょう

富士山ニニギさんの日記の転載:6月10日の東京セミナー。無事終了。 2012年06月11日13

テーマ:富士山ニニギさんの情報
月10日の東京セミナー。無事終了。 友人の友人まで公開
2012年06月11日13:43


フリーランス宣伝使への道

フリーランス宣伝使への道


6月10日に行った岡田光興先生とニニギのジョイントセミナーは約80人の参加のもと無事終了しました。
今回はこれから起こるであろう数々の困難に立ち向かうための対策について重点をおきました。地震災害や経済崩壊。間もなく確実に迎える状況です。
だからと言って、それを無視して生活してもいけません。準備をしていかなる困難も「小難」とするように立ち向かっていかねばなりません。
放射能も世界的汚染となってきました。これをどう生き残るか。最大のテーマでした。
ラジウム石を忘れないでください。最後の護身になりますので。

後の質問で、航空機の内部で数十マイクロの放射線汚染があって、客室乗務員が「これは宇宙線によるものですので心配ない」といった事について問い合わせがありました。
宇宙線は今の民生用の測定器では測れませんそれだけ事故による線量が高いということです。。
実際上空の空気は大変汚染されており、客室乗務員の被曝が今問題になってます。
先日伊丹空港から沖縄に避難された方が機内の線量を測ったら何と45μsv/hもあった。ところがそれを見ていた客室乗務員にガイガーカウンターを取り上げられてしまったのです。「不安をあおるから」だそうです。この国は一体どうなっているのか。
飛行機に乗ったら被曝することを言ってはならないということなのです。
45μはただならぬ数値です。しかも測定したのはα線を測れない「ラデックス}です。ラデックスは実際にはほとんど正確に表示されません。
「0.03μsv/h」なんて値が出ます。これは通常の自然放射線レベルでも事故前で東京で、0.15から0,08μでした。このような低い数値が出る測定器は意味が無いです。
その測定器の値ですので、インスペクターではその数倍の数値になります。

実はニニギも先週の韓国旅行で被曝したみたいで、心臓の具合も悪く、体がだるくて眠いです。3月15日の時の被曝と全く同じ状態です。
韓国も今は国会で放射能汚染が問題になっているようなので、福島の事故は世界的汚染になってしまったようです。
航空機で行く韓国旅行は控えたほうがいいかも知れません。
もちろん他の国も。世界中が汚染されてます。もう逃げ場がなくなりました。
それもそのはづ、世界が滅びるといわれていた大量の核燃料が飛散してしまったのですから。

沖縄の避難組からの報告によると、各地から避難してる人が沖縄におられる様で、新潟市から避難してきた男性は体重が40キロも減ってしまい、子供は頭がおかしくなってしまったようです。家族全員で逃げようとしたら奥さんが警察を呼んでしまい、家族崩壊をして一人で避難してきたようです。
彼のラデックスによる測定で、新潟市内で0.2μsv/h位で、市役所の2階に入ると2-3μsv/hもあるそうです。街のほとんどの方が咳き込んでいるそうです。
広範囲の被曝の状況が明らかになりました。

放射能はいよいよ舞台が世界になってきました。
これから日本の政府に対する批判が注がれるものと思います。
政権を握る民主党議員の中には、この夏までに逃げ出す者がかなり出そうです。
日本政府の崩壊ももうすぐでしょう。
大地震が来ると共に政府の人間は一斉に逃げ出すことでしょう。

もう政治より「命」です。

最初の写真はセミナー終了後「ひまわりあおいほし」さんからシャクヤクの花束を頂いた岡田先生とニニギ。

--------------------------------------------
ここからはこの日記のコメント欄での発言
--------------------------------------------

富士山ニニギ 2012年06月11日 15:14
どうも逃げ出すのは放射能の恐ろしさを知ってるまともな議員のようです。
かなりの数になると噂されてます。
もう世界の汚染となるとごまかしきれないからです。

沖縄の喫茶店でこの話をしていたら、店の人が出てきて「不安をあおるような話はやめてくれ」と文句言われたそうです。
家に帰ってマンションで話していたら、管理人が「不安をあおる話は止めろ」といわれたそうです。沖縄では放射能の事を話すのは禁止されているようですね。

悪代官は残って討ち死にです。紙切れの金を抱きしめて。



---------------------------------------------------------

ここまで国民をだます総理大臣って、何者ですか? ねっと抜粋

アメリカが褒めちぎる今の日本国首相は日本人の敵というのが・・! いくら鈍い人でも、いくら原発産業から「うまみ」をもらっている人でも素直に感じてみれば気づくのではないでしょうか?
 国民はマニフェストを掲げてきた民主党に投票したのが、まったく真逆なことをしている現政権。
 
 日本国民はここまでなめられているのが、なぜ、大勢の人は気づかない??
 日本人が弱い、短い言葉のキャッチフレーズの、きれいな言葉で、バカメディアと連動して、国民をマインドコントロールしているのは、いくらドン愚な国民でも、もうわかるのではないでしょうか??

ここまで国民をだます総理大臣って、何者ですか? (生き生き箕面通信) 

http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/534.html

投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 09 日 09:19:07: igsppGRN/E9PQ
ここまで国民をだます総理大臣って、何者ですか?
http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/eb9f25beaaab8beec42f5c5d1aa77d07

2012-06-09 07:08:02 生き生き箕面通信

おはようございます。生き生き箕面通信1278(120609)をお届けします。
・ここまで国民をだます総理大臣って、何者ですか?
 「国民生活を守る」が、野田首相が最も強調した点でした。大飯再稼働
についての記者会見で、「国民生活を守る」という魔法の言葉で、この国に原発をよみがえらせる決断なるものを演出したのでした。

 原発再稼働が「国民生活を守る?」。ウソでしょう。原発再稼働は「国民生活を破壊する」でしょう。
 「国民生活を守る。それが国論を二分する問題に対し、私がよって立つ唯一絶対の判断の基軸だ。再稼働させないことで生活の安心が脅かされてはならない」と、野田さんは決意を示しました。この日、ともかく強調してみせたのは、「国民生活を守る」でした。少し前まで、「原発は安全が第一」と強調していましたが、今回はすっぽり抜け落ちていました。

 「安全第一」から「国民生活を守る」へ。微妙に言葉を変えて、原発再稼働へ世論を操作していく。これが「野田流だましのテクニック」の第1法則といえます。その場その場で、耳触りのいい言葉をまき散らす。その言葉を、一見、誠実そうな語り口でまき散らす。

「原発を止めたままでは日本の社会は立ちゆかない」とも訴えてみせました。停電などが起きれば、「人工呼吸器など生命維持装置に頼っている場合、生命の危険にさらされる人も出る。ギリギリの経営を行って
いる小売店や中小企業にも影響がおよぶ」と、脅してもみせました。たしかにそうした面が懸念されるのは事実でしょう。しかし、それを強調することで、より根本的な「人間生存の危険性」を覆い隠す。今回は、経済と利便性が強調され、より基本的な安全性は完全に無視。つまり、目の前にニンジンをぶら下げて、人間の生存に関わる哲学には気づかないようにする。これが「野田流だましのテクニック」の第2法則です。

 この野田発言を、大手メディアはどう伝えたでしょうか。とりわけ目立ったのは、読売新聞の「再稼働大歓迎」というちょうちん持ちぶりです。永原伸という政治部長の署名入りコラムで「迷走に終止符 強い決意」と持ち上げました。社説では「国民生活守る首相の決断」と称賛しました。そして、民主党の国会議員117人が「慎重な対応」を求める署名を提出したことには、「目の前の電力危機を回避する再稼働を、政争の
具にしてはならない」といういつもの決まり文句で批判。

 かつて、軍部の大本営発表を大々的に伝える報道が、国民の頭を洗脳し、判断を狂わせました。いま、この時代に政府とメディアの関係として「大本営体制」は堂々とよみがえっています。報道機関を政府の
広報機関とするのが「大本営発表体制」ですが、これは「野田流だましのテクニック」の第3法則です。もっともこれは、権力の座にあるものが常に使う手口です。

 私たちは、政治の動向をきちんと判断する力とともに、メディアが伝える内容を自分の頭で読み解く「メディア・リテラシー」の力が求められています。
       ◇

大飯再稼働へ 国民生活を守る首相の決断(6月9日付・読売社説)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120608-OYT1T01493.htm

 野田首相が福井県にある大飯原子力発電所3、4号機の再稼働に強い決意を表明した。

 首相は記者会見で「原発を止めたままでは、日本の社会は立ちゆかない。原発は重要な電源だ」とし、「国民の生活を守るため再稼働すべきというのが私の判断だ」と強調した。

 首相が原発を日本に欠かせない電源だと、明確に位置づけた意味は大きい。当面のエネルギー政策で、「原発ゼロ」の路線は回避される方向となろう。

 福井県の西川一誠知事は、再稼働に同意する条件として、首相が原発の必要性を国民に説明することを求めていた。福井県が了承する環境は整ったと言える。

 福井県とおおい町が早期に再稼働に同意し、手続きが加速するよう期待したい。

 もちろん再稼働には、原発の安全確保が重要である。政府は全国の原発で津波対策を実施し、大飯原発はストレステスト(耐性検査)も終えた。原子力安全委員会がテスト結果を了承している。

 大飯原発を再稼働する際は、経済産業副大臣らが現地に常駐する特別な監視体制も敷く。

 首相は「実質的には安全は確保されている」と述べた。政府が1年以上をかけて安全対策を講じてきた点は、評価すべきだ。

 西川知事が同意を見送っている背景には、周辺自治体の姿勢への反発があるのだろう。

 特に、福井県から電力供給を受ける大阪市の橋下徹市長や、京都府と滋賀県の知事が提案している「夏季限定」の再稼働案を、西川知事は強く批判している。

 電気が足りない時期だけ原発の運転を求めるのは、ご都合主義にほかならない。この点について首相が、「夏限定の再稼働では国民生活は守れない」と述べたのは、妥当な認識である。

 政権党である民主党の国会議員117人が、「今年の夏は節電で乗り切る」などとして、首相らに再稼働への慎重な対応を求める署名を提出したことも問題だ。

 首相は「突発的な停電が起これば、命の危険にさらされる人もいる」とした。産業空洞化や雇用喪失への懸念も示した。なぜこうした危機感を共有できないのか。

 署名には、小沢一郎元代表のグループなど、消費増税に反対する議員が多く加わっている。

 社会保障と税の一体改革を進める政権を、からめ手からゆさぶる狙いだろう。目の前の電力危機を回避する再稼働を、政争の具にしてはならない。

(2012年6月9日01時31分 読売新聞)

【拡散希望】警察と機動隊が市民を弾圧-6/4細野大臣の福井訪問/大飯原発再稼働【抗議して下さい】

【拡散希望】警察と機動隊が市民を弾圧-6/4細野大臣の福井訪問/大飯原発再稼働【抗議して下さい】

https://plus.google.com/photos/112112643086341775730/albums/5750222807002671281


本日6月4日、何の安全性も確保されていない大飯原発の再稼働を強行するため、
福井県を訪問する細野大臣に抗議しようと、県内外から数十名の市民が集まりました。

しかし、17時15分からの会談にもかかわらず、14時に私が到着した頃には既に
警官が県庁正門前の橋を隊列を組んで封鎖し「反対派は入れない」と明言。
県庁に用事のあるひとには、全員身分証の提示を求める厳戒態勢でした。
この時点で再稼働反対のため集まっていた市民はほんの十数名。
ただ横断幕を掲げ、太鼓を演奏していただけでした。
それにもかかわらず、警察は次に金属フェンスを出し、完全封鎖しようとしました。
これに若者数名が抗 議しフェンスの前に座り込んだところ、後ろに控えていた
機動隊を呼んでたった3、4名の若者を大勢で無理矢理引きずり出しました。
若者たちがあきらめず何度か座り込むと、その度に暴力的に排除し、ついに橋をフェンスで完全封鎖しました。

その後、グリーンピースと共に記者会見をしていた山本太郎さんが県庁正門前に到着し、

地元の若手アーティスト・Sing J Royさんらと共に「私たちは非暴力直接行動をしているだけ」
「どうか福井県を守ってほしい」と訴えました。
山本太郎さんたちは、そのまま正門前でアーティストや子どもを連れた若いご夫婦と、

穏やかな抗議活動を続けました。そのため、正門ではこれ以降、騒ぎは起きませんでした。

細野大臣はその後、結局裏門から入り、その際にも裏口にいた若者数名を暴力的に排除した他、
ただプラカードを掲げていた女性たちに対しても、5人がかりで威圧し遠くまで下がらせました。
この時、若者数名は軽くはありますが、けがをしました。

会談後、細野大臣の車は正門から出て行きました。このときは山本太郎さんの呼びかけで、
警官や機動隊とは対峙せず、その指示に従って指定場所 まで下がりながら、「再稼働反対!」「細野!」コールをするに留めました。

ただ「再稼働しないでほしい」「放射能が不安」と訴えたいほんの数十名の市民を、
数百名の警官と機動隊で排除する必要があるとは、とても思えません。
福島であれほど大きな事故が起こって、今も本当に多くのひとが福島現地で、避難先で苦しんでいるのに…。
市民が原発の再稼働に不安を抱くのは当然であり、今回の細野大臣訪問を含めその過程を私たちは監視し、抗議する権利があります。
どうか今回のことに対する抗議と、再稼働反対の声を、福井県警・福井県庁・西川知事・細野大臣らに届けて下さい。
以下、連絡先一覧です。

----------------------------------------------
※罵詈雑言等ではなく、あくまで 冷静な批判をお願い致します。

<福井県警>
(TEL)0776-22-2880(代表)
(メール)http://www.pref.fukui.jp/kenkei/kemubu/somuka/mail/mailbox.html

<福井県公安委員会>
(メール)http://www.pref.fukui.jp/kouaniinkai/mailbox.html

<福井県原子力安全対策課>
(TEL)0776-20-0314
(FAX)0776-21-6875
(メール)gennan@pref.fukui.lg.jp

<西川一誠福井県知事>
(FAX)0776-20-0622 福井県県民サービス室「知事へのおたより」係
(メール)https://info.pref.fukui.lg.jp/kenmin/otayori/otayori.html
 または、 kenmin-s@pref.fukui.lg.jp

<福井県警への苦情申出制度>
※福井県の警察職員の職務執行に対して苦情がある人は、福井県公安委員会に対して文書で苦情の申出をすることができるhttp://www.pref.fukui.jp/kouaniinkai/index5.html

<野田佳彦(首相)>
●首相官邸 TEL:03-3581-0101 FAX: 03-3581-3883
ご意見フォーム https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
●国会事務所 TEL:03-3508-7141 FAX:03-3508-3441
●地元事務所 TEL:047-496-1110 FAX:047-496-1222

<細野豪志(環境相、原発事故収束担当相・・)>
●国会事務所 TEL:03-3508-7116 FAX:03-3508-3416
●地元事務所 TEL:0559-91-1269 FAX:0559-91-1270
●細野氏個人へのお問い合わせフォーム
http://goshi.org/contact/
●環境省の環境政策についてのメールフォーム
https://www.env.go.jp/moemail/

民主党反対の大型看板掲げたら実力で隔離抗議して押し戻したら不当逮捕

http://www.youtube.com/watch?v=3X2r29iAgto&feature=player_embedded#!民主党反対のプラカードを持ってるだけで警察に囲まれ隔離??押し戻したら逮捕・・!! これが民主党のやり方。。 野田ぶーー! 政権。。 これで好いのか民主主義はもうない。。  独裁弾圧国家日本の現状http://www.youtube.com/watch?v=bC94J_ZAmvI&feature=player_embedded  こんな日本に未来はない ここで政治を政府を変えないと日本は終わる

裏社会、ボロボロ。前法相が全部暴露!(現代ビジネス) ネットから転載

「捜査報告書は検事の記憶違いではない。ほぼ全部が架空なんです」
「総理につぶされたとは思っていません。でも、あっという間にクビになっちゃった」


2012年6月7日 木曜日

◆「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」、「小沢裁判の虚偽報告書問題は『検事の勘違い』などではない!!」小川敏夫前法務大臣に真相を聞いた 6月7日 長谷川幸洋

検事による虚偽の捜査報告書作成問題に関して、小川敏夫前法相が退任会見で検事総長に対する指揮権発動を考えていたことをあきらかにした。法相の指揮権発動とは穏やかでないが、いったい背景に何があったのか。当事者である小川前法相に6日午後、議員会館でインタビューした。

 すると、問題の田代政弘検事に対する捜査・処分をめぐって、法相と法務省・検察事務当局の間で生々しい「暗闘」が繰り広げられていた実態が浮き彫りになった。

 小川は5月11日に野田佳彦首相に面会して、検事総長に指揮権を発動する考えを伝えた。そこでは首相の了解が得られないまま、二度目の面会が開かれる直前、内閣改造で突然、事実上の更迭となった。更迭の理由は「国会で携帯の競馬サイトを見ていた」とか「弁護士活動でトラブルがあった」などと一部で報じられたが、小川はまったく納得していない。

 小川は「捜査報告書は検事の記憶違いではない。ほぼ全部が架空なんです」「(指揮権を発動する考えを)総理につぶされたとは思っていません。でも、あっという間にクビになっちゃった」などと語った。以下、インタビューでのやりとりを紹介する。
それ以外も全部が架空なんです

長谷川: 指揮権発動はいつごろから考えていたのか。

小川: この問題はそもそも裁判所で指摘されているわけですよ。(小沢一郎の裁判で秘書の)石川さんの供述調書が証拠として排除されましたね。田代検事が数日かけて作成したという捜査報告書も「(検察の)組織的関与が疑われる」と猛省を促している。これは事実を的確に表していると思う。

 ぼくはインターネットに流出した捜査資料を読んでみました。捜査報告書については、法務大臣に就任してから非常に重大な関心をもって「国民の理解を得られる対応をしなければいけない」とあらゆる機会に言ってきた。

長谷川: なるほど。

小川: それで裁判で証拠の排除があって、捜査報告書を読んでみると、これは田代検事の記憶違いじゃない。とうてい言えない。マスコミも検察にうまく乗せられているような気がします。つまり「(石川が田代から11万人以上の選挙民から支持されて国会議員になったと言われた)一部分が架空だった」というように書いているけど、実際の報告書を読むとそうじゃない。ほぼ全部が架空なんです。架空の一つの例として「11万人」が挙がっているだけ。それ以外も全部が架空なんです。(石川がしていた秘密の)録音の中には一言も出てこない。

長谷川: その点を省内で指摘された。事務方はなんと言ったのか。

小川: 「(田代の)勘違いだから」と言っていた。そこら辺は大臣としての省内のやりとりだから(詳しくは)勘弁してもらいたいけど、ようするに田代検事の勘違いというのは、とうてい考えられない。
検察は無罪になる証拠しか集めていない

長谷川: それが納得できなかった?

小川: だれも納得しないでしょ。裁判所が言っているとおりですよ。

長谷川: それで指揮権という話になったのか。

小川: ぼくは何度も言っているとおりで、国民の理解が得られる対応をしなくちゃいかんと。つまり田代個人の記憶違いということで終わらせるな。それではなんの反省にもなりませんから、と言い続けたわけ。でも馬耳東風で聞き流されて、新聞にどんどんリークして。(田代の)記憶違いという弁解を破れないだなんて言って、ちょろっと人事で相談なんて言ってるから。一般的に言っても聞かないんだから、じゃあどうするかっていう話になる。

長谷川: そこで指揮権発動を考えた。

小川: うん。それしかないでしょ。たとえば今朝(6月6日)の朝日新聞の社説でね、検察審査会で判断すればいいだなんて言ってるけど、まったくトンチンカンですね。

長谷川: どうして?

小川: 検事は無罪になる証拠しか集めてないんですよ。田代の記憶違いだと。それを破る証拠を集めてないんですよ。それが検察審査会にいって、どうなります?

長谷川: それはムリですね、素人がみても。

小川: 証拠がないんだから。田代の弁護人が捜査してるみたいなもんですよ。だから検審にいくっていう意味がない。有罪の証拠を集めずに無罪の証拠を集めている。そういう風につくっているんだから。捜査記録は見ていませんから、断定的に事実関係を言えないけど、記憶違いとしか言ってないんだから、集めてないんです。

長谷川: 捜査報告書をみればあきらかだと。

小川: 私、こんな録音記録ね(ファイルを見せながら)読みましよ。こんな長たらしいの。流出資料ですよ。こんな細かいの。(ここには)ないんです。さっき言った(捜査報告書に書かれた)やりとりが。全部ないですよ。私が「ないじゃないか」と言ったら、法務省は「ない」と認めました。

 で、さっきも言ったけど、マスコミは11万人の部分だけを、あたかも全体の中の一部のように言うけど、それは当局の誤った情報に誘導されているんじゃないかと思う。中身、ぜんぶ嘘なんだから。(後略)



(私のコメント)

日本は官僚独裁国家であり、特に検察は官僚独裁体制を支える根幹になっている。。先日の無罪判決でも検察官による虚偽の捜査報告書が批判されていましたが、検察官の記憶違いだけで済まそうとしている。捜査報告書は裁判に大きな影響を与えるから、記憶違いの捜査報告省が作られるような検察では、捜査自体が信用できなくな~~る。。

特に小沢一郎裁判は、検察による政治家への見せしめであり、官僚に逆らえば検察が動きますよと言う脅しなのだ。情けないのは野田総理大臣であり官僚のいいように扱われてしまっている。総理から各大臣に至るまで半年から一年くらいで交代していくのだから、官僚は好き勝手なことが出来る。たまにうるさい大臣が来ると総理に圧力をかけて辞めさせてしまう。

憲法上は国会は国権の最高機関と定められているのですが、官僚が立法も司法も行政も権限を実質的に握ってしまってる。総理大臣や各大臣にいくら権限を与えても、行使できる能力がなければ絵に描いた餅だ。官僚たちは各省庁であったような裏金を貯め込んで税金を横領しても首になることは無い。国家予算は天から降ってくるものではなく、国民の税金だから裏金を溜め込めば公金横領になる。

総理や各大臣が毅然として処分が出来ればいいのですが、総理も大臣も官僚に取り込まれて、国民の代表である自覚を忘れてしまう。国会議員が国民に目が向くのは選挙期間中だけであり、当選してしまえばマニフェストなどきれいに忘れてしまう。

今回の内閣改造では問責決議を受けた防衛と国土交通大臣が交代するだけかと思っていましたが、小川法務大臣も交代したのは意外だった。その原因は、虚偽の捜査報告書を作成した田代検事が「勘違いだった」と言うだけで処分が見送られたことに対して、法務大臣が指揮権を発動して調査させようとした事に対する逆処分だったらしい。

大臣が虚偽の捜査報告書を作成した検事に何らかの処分は当然だと思うのですが、「記憶違い」と言うだけで済ませるらしい。それで小沢一郎は裁判にかけられる結果になりましたが、裁判の判決は無罪だった。現在の検察は腐敗しきっており、フロッピーディスクを改竄した検事がいましたが、証拠を捏造してまで起訴して裁判まで持って行こうとする。

「株式日記」でも「国策捜査」の乱発を批判してきましたが、これは政権からの指令ではなく検察が勝手に動いて、自分たちに都合の悪い人物を陥れようと言うのかもしれない。検察は法務省の一機関だから政権からの指示で動いていると思われてきましたが、検察官僚が勝手にやっている可能性もある。検察官僚の功名心で暴走しているのかもしれない。

今日のニュースでも、東電OL殺害事件で再審が決まりましたが、証拠物から容疑者のではない他人の体液や毛が被害者から出てきたことが決め手になった。このような物的な証拠がありながらなぜ無期懲役の有罪にされたのだろうか? 検察が決め付ければ有罪になってしまうような暴走が起きているのだろうか? このように検察は勝手にシナリオを作って、それに合った証拠集めしかしていないようだ。だから冤罪事件が出てくる。

検察の大改革をしなければ「国策捜査」の乱発は起きるだろうし、政治家は検察を恐れるようになり、官僚たちの言いなりになる。法務大臣には指揮権がありますがそれが発動されたことは一回しかない。大臣と言えども権限があっても行使が出来なければ官僚は大臣を馬鹿にして勝手な行動を取るようになる。公務員給与を勝手にジャンジャン上げて天下り先も作りたいほうだいになり、大臣は言いなりになってしまう。

国会議員は国民の代表だから、行政組織を監督するのが役目ですが、巨大化して複雑化した官僚組織は伏魔殿であり、大臣は簡単に丸め込まれてしまう。マスコミも記者クラブを通じて官僚に丸め込まれるから始末が悪い。記憶違いで間違った捜査報告書が作られては国民が迷惑しますが、検察は身内の処分で誤魔化すらしい。やりたい放題><!! 
NEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR