スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被曝対策・・富士山ニニギさんの被曝対策。。 有効だと思います

放射能による遺伝子の影響はすぐには出ないですが、後に必ず出てくるのです。逃れることは出来ません。

私達の生命は地球の内部から湧き起こる自然放射線によって管理されてます。この放射線が無かったら私達生命は存在しないのです。放射線が私達の生命情報を運び、それで遺伝子が決定されて、核分裂がごとく細胞分裂が行われて生命が持続されてるのです。放射線は生命の重要な決定要素なのです。

だから私達の体は放射線を受けるとすぐに遺伝子が変化を始めます。正確には遺伝子の中の染色体の足(テロメア)が変化するのです。テロメアの変化により細胞は分裂したり異常を治したりするのです。それをコントロールしてるのが放射線です。しかし私達はこの「神の手」放射線を人工的にいじってしまったのです。そうなると生命を支えていた放射線が、生命を脅かすことになってくるのです。

たとえどんなに微弱な放射線でも、細胞の遺伝子は傷つき損傷します。そこから体の異常が始まるのです。最初は細胞1個ですので分りません。しかしそれが分裂して次々と広がり、3年もすると体が異常になってくるのです。

呼吸や食べ物から取り込まれる放射性物質は体内に蓄えられて、細胞と密着するために、いかに弱い放射線でも距離に反比例して強くなります。細胞は必ずダメージを受けるのです。
厄介なことに人工の放射性物質は私達の身体を支えている自然放射性物質のカルシウムやカリウムと似た構造をしているのです。ビタミンは自然放射性カリウムから出来て体の健康を維持しているのです。
でもカリウムはセシウムと同じ。ストロンチウムはカルシウムと同じ構造なのです。そのため人間の体はセシウムは筋肉、ストロンチウムは骨や脳に蓄えてしまうのです。そこから傷害が始まるのです。

セシウムは心臓の筋肉に集まります。そのため筋肉がやられて心筋梗塞になるのです。 ストロンチウムは骨や脳に蓄積されて二度と出ることはありません。 これが今一番問題になっているのです。
心筋梗塞は「急死」しますが、ストロンチウムが骨に溜まった骨髄癌の白血病は長年苦しむ「不治の病」です。脳に溜まれば脳細胞が破壊されて、脳梗塞や脳溢血などの脳障害になるのです。短期の記憶がなくなるような頭がぼけたら注意してください。 また白血病はリンパ腺が癌になる「リンパ性白血病」も多く出ています。こちらは関節が痛み、体にアザガ出てくるのが特徴です。

ではこれから各々の対処について説明をしますが、これは今いる被曝環境を引越しなどで解決してからの事で、今の環境を変えなければ全く効果はあり ません。すぐにまた被曝するからです。だからと言って放っておいたら100%具合が悪くなって助かりませんそれが放射能の恐ろしいところです。自分の生 命を維持してるものを狂わせてしまったからです。

まず被曝した体からの放射性物質の排出から行いましょう。
排出には害の無い栄養素と置き換える方法がとられます。すなわち同じようなもので害のない物を摂取するのです。

セシウムの排出には同じカリウムの変化した「タウリン」を摂取するのが基本です。筋肉はカリウムをタウリンに変えて利用するからです。従ってカリウムと間違えてセシウムを溜めた筋肉は、タウリンが来ると置き換えようとするのです。 タウリンは乳児の粉ミルクにも使用されるほど安全なものです。
日本では医薬品指定になってるので、アメリカからサプリメントとして個人輸入します。ネットに沢山販売が載ってます。
ニニギが買ったタウリンです。 タウリン1000mg250カプセル

セシウムは植物がカリウムと間違えて蓄えるので、被曝野菜や被曝海草に含まれています。汚染地で栽培した野菜は絶対に食べないでください。

ストロンチウムの排出は厄介です。
元々骨や脳はカルシウムを蓄え、そう簡単には手放さないからです。
だからまずストロンチウムの摂取をやめることから初めてください。食品でカルシウムを含む食品が汚染されてます。牛乳はもっての他、乳製品も輸入品だけにして下さい。また肉や魚も多量にストロンチウムを蓄えております。 今は海洋汚染が激しいので、太平洋の魚はもう食べてはいけません。回転すしに行かれてる方はほとんどが具合が悪くなってるはずです。そうではありませんか。寿司はこんりんざい止めてください。自分で「寿司に似たようなもの」でお楽しみ下さい。

さてそれでもストロンチウムの排出をしなければなりません。
一番の方法はストロンチウム90に代わって放射線の出ないストロンチウム87の安全な錠剤があります。これを飲むのが一番です。しかし日本では売ってなく、アメリカから個人輸入になります。
ストロンチウム87の錠剤

ストロンチウムの錠剤が入手できない場合はカルシウム錠剤」でもいいのです。
これならどこでも売ってます。しかし国産は貝殻などから作りますので汚染されているかをチェックして下さい。なるべくアメリカ製にしましょう。

今度は被曝したからだの治療方法に移りましょう。
人工放射線によって傷ついた細胞は自然放射線で治すしかありません。元に戻すのです。これはラジウム治療しかありません。植物治療はかえって被曝することがあるからです。

ラジウム石の働きは大きく分けて2通りあります。
テロメアを長くして「免疫力を上げる」方法です。免疫力とは癌等の異常細胞の遺伝子を修復いて正常にもっていく作用です。これで体の放射能による遺伝子異常を修復します。白血病や癌等はこれで治せます。しかし白血病は骨髄の癌ですので時間がかかります。 この免疫力を上げるラジウム石は姫川薬石を代表する「流紋岩」で全国いたるところにあります。
これが姫川薬石です。姫川薬石

自分で取りにいかれれ方は地図を載せておきます。購入する方はネットで沢山売られてます。
姫川薬石の拾い方

ラジウム石の使い方は、大きな石をお風呂に入れて入浴するのが一番の方法です。
お湯が放射化して自然放射線を持ったラドンが発生します。それを吸い込んで肺から取り入れられるのです。 あとは飲み水に入れたり、患部に直接当てたりします。自分で工夫して下さい。

もう一つのラジウム石の働きには、テロメアを短くして細胞分裂を促す作用です。
こちらは失われた細胞の再生に役に立ちます。神経や脳に強く働きますので、脳疾患や、脳のリハビリに凄い効果を出します。神経細胞の再生が4倍の速度で行われます。失った器官や目の網膜など再生が出来ます。(白内障の治療も出来ます)
脳梗塞や心臓病にてきめんの効果を発揮しますが、一つだけ注意が必要です。 心臓の疾患の場合は、心臓の筋肉が弱り、十分に血液が送られずに、心臓内に血が固まった部分が出来ることがあります。
そこにラジウム石を使うといきなり心臓が元気になって、その血の塊りを血管に送り出し、脳の血管に詰まって脳梗塞を併発する場合があります。長嶋 茂雄さんがそうでした。心臓の疾患の場合は血液の塊りを溶かす薬を医師が処方してくれるので、いきなり使用せずゆっくりと対応したほうがよさそうです。
注意はこれだけです
。 脳にはガンガン使ってください。

心臓疾患の方はまずはセシウムの排出に務め、ラジウム石はいきなりニニギ石やウラン鉱石は使わず、最初は姫川薬石のお風呂などでゆっくりと治してください。

この作用のあるラジウム石は花崗岩系の「ニニギ石」(山梨で取れる御岳昇仙峡花崗岩)や「ウラン鉱石」です。バドガシュタイン鉱石もこちらの部類です。石に僅かなウラン235が含まれており、そこからの自然放射線が細胞を若返りさせます。 とにかく若返るのです。細胞すべてが入れ替わるのです。

こちらの使用方法もお風呂に入れるのが基本ですが、枕元などの患部の近くに置くのも効果的です。
石が入手できないときはホームセンターで「花崗岩」として100円くらいでブロックを売ってます。

ニニギ石はこちら。 ニニギ石、、

ウラン鉱石です。ウラン鉱石。。

ニニギ石やウラン鉱石は山梨県の昇仙峡の奥で採れます。 自分で取りに行かれる方はこの地図を参考に。
ニニギ石、ウラン鉱石の拾い方

以上は自宅での対策ですが、一番いいのはラジウム温泉での湯治ですこれは戦後の原爆症で、厚生省が認定した被曝治療方法なのです。以前は全国のラジウム温泉に「被爆者治療センター」を厚生省が造ったのです。今はもうありません。沢山の白血病の方が助かったのです。
ラジウム温泉でネットで調べて下さい。意外と近いところにあるものです。

もう一つラジウム石の「岩盤浴」があります。
ラジウム石の上に寝転ぶ方法で最も効果があります。しかし石が熱くしてあって、汗まみれになります。汗をかいて新陳代謝を促すといってますが本当は関係ないのですが。体温にして長時間浴びるほうがいいのですが。「嵐の湯」と言う岩盤浴のチェーンが全国にあります。そのほか最近はスーパー銭湯にもあるようになりました。見かけたら必ず30分は浴びて下さい。

以前「岩盤浴は雑菌だらけ」と言う話題がありましたが、これは当然の事。人間の体の細胞が元気になるのですから、雑菌の細胞も元気になって当然なのです。雑菌が死ぬようでは体の細胞も死んでしまいます。
細胞レベルでは雑菌も人間も同じですから。大事な事は雑菌に対する免疫力が無い事で、自然放射線によって免疫力があれば雑菌などは大歓迎なのです。

施設によっては塩素で消毒してるところがありますが、それはやめましょう。自分の体の免疫力もなくなりますので。不潔なものほど健康的だということです。

犬や動物を見て下さい。汚いものを食べても免疫があるでは無いですか。要は殺菌するのではなく、雑菌に対する免疫をつけることが大切なのです。この人工放射線によって免疫力は極端に低下しております。
だから姫川薬石のお風呂でまずは免疫力アップからはじめましょう。

風疹の流行は、放射能で免疫力が無くなっている証拠です。免疫力を上げておかないと「つまらない細菌」で命取りになるのです。 皆さんのご健闘をお祈りいたします。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは、ともかく放射能被曝地帯から一刻も早く非難する事が第一です。。 関東・東北、東京も入っています。。 ガイガーカウンターなどで放射線量を測ってみてください。。ブログでも色々書きましたが本当に日本の広範囲に広がりつつあります。。==多くの人々が被曝しているのが今の日本なのです><! 過去記事などを参照してみて下さい。。 
9月20日の福島での地震M5があり、最近鼻血を出す人が急増とツイッターでも書き込みが多いです。。
【一つ前の記事に記載】 被曝は積算される、被曝地帯にいればいいるだけ、被曝総量が増えるのです。。
スポンサーサイト

ミラクル・ドリンク☆・・・これを飲めばガン細胞が死滅し免疫力を高める。

☆ミラクル・ドリンク☆・・・これを飲めばガン細胞が死滅します。
http://nesaranews.blogspot.jp/2013/03/miracle-drink-it-kills-cancer-cells.html

実際にミラクルドリンクを飲んで肺ガンを治した方(Mr.Seto 日本人?)が推奨しています。特にガンを患っている方はお試しください。
ミラクル・ドリンクは体内の良い細胞を守り、細胞のガン化を阻止してくれます。Mr.Setoは中国の有名な漢方医からこのミラクル・ドリンクについて教えてもらいました。そして3ヶ月間、飲み続けた後、彼は健康を回復したのです。
ミラクル・ドリンクは誰でも簡単に作れます。
材料は、ビートルート1個、人参1本、リンゴ1個だけです。これらを一緒にまぜてジュースにするだけです。よく水洗いをした後、皮は付けたままで適当な大きさに切ってからジューサーでジュースを作ります。作ったら新鮮なうちにすぐに飲んでください。好みでレモンやライムを絞って加えても良いでしょう。
ミラクルドリンクの効用とは:
・ガン細胞の成長を抑制する。
・肝臓病、腎臓病、膵臓病を予防し、潰瘍も治す。
・肺の機能を強化。心発作や高血圧を予防する。
・免疫力を高める。
・視力を助け、目の充血、疲れ目、ドライアイを防ぐ。
・肉体トレーニングによる筋肉痛を和らげる。
・身体を解毒し、便通を良くし、便秘をなくす。その結果、肌が艶やかになる。ニキビも消える。
・消化不良や喉の感染による口臭を無くす。
・痛みを取る。
・花粉症を和らげる。
・ミラクル・ドリンクを飲んでも何の副作用もありません。
・栄養価が高く、栄養がすぐに体内に吸収されます。
・ダイエット効果もあります。毎日、2週間飲み続けると免疫力がついてきます。

No2、ウラン鉱山労働者に肺がんや病気が多い訳とラジウム温泉やラドン温泉の関係・・ラドンはガンになるというのは風評であることが判明しました。

○ウラン鉱山に限らず鉱山で働く人は塵肺と言って肺にチリが入り、それは二度とでないので、肺ガンになる場合があります。それで、色々な高山で肺がんの問題が出たのです。

○また、地中のウランにはラジウムが存在し、その壊変で元素が安定化するとき放射線を出してラジウムに変わる。それが地下水に溶け込んだのがラジウム鉱泉。ラジウムが壊変するとガス状のラドンになり水や空気中に放散される。ラドンが壊変すると最終的に鉛になります。

その鉛が鉱山から流れ出る被害があり、農場などに流れ穀物に吸収されそれを人間が食べることにより
鉛中毒の様な重い病気になる。。その恐ろしい現実がウラン鉱山が有った事により起きた。


そして、ウラン鉱山は危険だ恐ろしいと言う事になり、ウランは危険だと言う風評被害が出たと考えます。

○肺がん以外の病気は明らかな風評ですね。根拠の無い話です。オーストリアではウラン鉱山跡の洞窟が病院になってます。正式な医療です。ネットで「バドガシュタイン鉱山」で検索してみて下さい。

例--!バドガシュタイン鉱石は、オーストリア最大のラドン治療で有名な温泉保養地の天然鉱石です。低線量の天然ラジウム放射線を放出する世界でもトップクラスの天然ラジウム鉱石です。この鉱石は日本屈指の湯治場として有名な玉川温泉の北投石と同じですが、それ以上に効能があると言われています。マイナスイオン、遠赤外線の量は他の鉱石を著しく上回っているうえ、ホルミシス効果が大変高く、またラドン222(ラドンガス)は玉川温泉の8倍、マイナスイオンはトルマリンの150倍以上もの石があると言われています。 

’バドガシュタイン鉱石 バドガシュタイン鉱石

現在、医師の問診と簡単な診療を受けた後、水着とガウンに着替えて、約1時間ラドン浴を行うことができます。坑道内の湿った暖かい空気(温度は摂氏37〜41.5℃、湿度は70%〜100%)と天然ラジウム鉱石から発せられる高レベルのラドンが世界でも稀な治療空間を提供しています。この保養地には世界中から難病で苦しむ人々が治療目的で訪れていますが、現在では「体内の浄化」という意味でも非常に有効な手段として認められており、オーストリアでは国民保険が適用されています。 

ヒーリング・ギャラリー(坑道療法を受ける人々) 
坑道内で天然ラジウム鉱石から発せられる高レベルのラドンの治療空間 

日本でも、人形峠のウラン鉱山近くの三朝温泉の住民健康調査では、全てのガンについて発症率が他の地域の半分以下という健康であることが分かりました。平成六年の日経新聞調査です。
ラドンはガンになるというのは風評であることが判明しました。

◎天下泰平さんのブログより転載
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51734066.html
「人工放射線も自然放射線も、生物や人体にたいする影響は同じである」との前提は間違いである。人工放射性核種には、生体内で著しく濃縮されるものが多く、それゆえに大きな体内被曝をもたらすという、自然放射性核種には見られない特質がある。・・・・ 以下ブログにて確認を

ウラン鉱山周辺にはガン、白血病、先天性異常や不妊、流産、が多発している。「ウランとラジウム温泉」それは・・!

○戦後広島、長崎の沢山の被爆者に対し、厚生省はラジウム温泉で治療することを決め、全国のラジウム温泉に「被爆者治療センター」を造りました。

その中の別府温泉に出来た「被爆者治療センター」の九州大学温泉治療学研究所「八田秋教授」の原爆被爆者の治療論文が見つかりました。被爆者の顕著な治療効果が書いてあります。
まだ初期の研究なので、自然放射線の及ぼす影響までは分っていなかった時代です。
こちらをご覧ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/onki1962/32/1-2/32_1-2_23/_pdf

○また皆さんの嫌いな「日本原子力機構」で、「ウランとラジウム温泉」についてまとめてあります。
この中でウラン鉱山近くの鳥取県「三朝温泉」の調査で、そこに住む住民の癌発生率は他の地域の半分であることが判明しました。(平成6年日経新聞調査)
要するにラジウム温泉から出る放射線のラドンを吸っていると「癌にならない」と言う結論に至ったのです。当時は「ラドン温泉は癌になる」と言う風評があったからです。衝撃的な内容でした。
その詳しい説明はこちら。 http://www.jaea.go.jp/15/2010/sciencecafe51/pdf/be.pdf

しかし、これは「自然放射線」も「人工放射線」も区別出来ない方の考えで、「弱い放射線は体に良い」と言ってるのですが、これは間違いです。人工放射線はいかに弱くても遺伝子を傷つけます。

地中のウランにはラジウムが存在し、その壊変で元素が安定化するとき放射線を出してラジウムに変わる。それが地下水に溶け込んだのがラジウム鉱泉。ラジウムが壊変するとガス状のラドンになり水や空気中に放散される。ラドンが壊変すると最終的に鉛になります

○放射能泉には、ラドン含有ラジウム塩鉱泉、ラジウム含有ラドン鉱泉、そしてラドンのみを含むラドン鉱泉とがある。放射能泉の源はウラン238壊変系列およびトリウム232壊変系列によって生まれた壊変生成物である。温泉法では水1kg中に111Bq以上のラドンを含有するものを放射能泉と規定される。鉱泉のなかで医療効果があるとされているものは、特に「療養泉」と呼ばれ、そのラドン濃度基準は1リットルあたり113.0Bq以上である。放射能泉浴の適応症は慢性関節リューマチ、筋肉リューマチ、神経痛、慢性胃腸カタル等である。ラドンは大部分は入浴中の吸入により肺を経由して体内に取り込まれる。入浴に加えて、鉱泉の飲用や、高濃度ラドンの吸入療法が併用される場合も多い。ラドン吸入療法は、経験的・伝統的な民間療法であり、その効能については充分な科学的根拠に乏しい。一方高濃度のラドン吸入被ばくにより、染色体異常や肺がんの発生率増加が懸念されるが三朝(みささ)温泉地域住民の疫学的調査ではそのような増加は観察されていない。最近では玉川温泉における温泉浴の治療効果が評判になっている。

○市川(1999)による〔『環境学』(232-235p)から〕なぜ濃縮するのか
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/EV_H_S1.html

○ラジウムとラドン http://www.harimadaiko.com/radon-word.html

○ラジウムとは、ウランがエネルギーを放出しながら崩壊していく過程でできる物質で、そのラジウムが崩壊したものをラドンといいます。ラドンは自然放射線の半分以上を占めている無色・無臭のガス状の物質です。高濃度のラドンを含む地層を通った地下水はラドンを含んだ温泉水となり、ある一定量以上のラドンを含む温泉を法律で「放射能泉」としています。そしてラドンを多く含んだ放射能泉を一般にラジウム温泉と呼んでいるということです。

ウラン鉱労働者のなかでたいへん多くの人が、ガン、白血病、先天性異常や不妊、流産に成るこれらは、事実です。

ウィキペディアより
一般的な重金属と同様に、ウランの場合も生体内に取り込まれると化学的な毒性を発揮するが、それに加えてウランは放射能を持つため内部被曝の原因ともなる。また、メカニズムは不明だが、ヒトの場合、特に腎臓がダメージを受けることで知られている。 

◎ラジウム温泉やラドン温泉には効用があるのですが、ウラン鉱石が関係しています。しかし、ウラン鉱石には、ガン、白血病、先天性異常や不妊、流産という被害が出ています。

ウィキペディアにもあるように現在の科学ではなぜこの違いが出るのかはっきりとまだ分からないのでは
無いでしょうか><! 私も専門ではないのではっきりとは分からないように思います。

しかしラジウム温泉やラドン温泉には効用が有るのは分かっています。放射能被爆に対する効用は事実です、被爆症状が出た人がいれば、直して健康になって欲しいと思います。

        新発見があれば、追加記載します。 また、分かる人がいれば教えてください・・!

”放射能被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!

1、症状・チェルノブイリ症候群「めまいがする」「病気ダウン」「体の痛み」などの症状が多い 

身体症状→環境中に放射性物質が拡散したことによる、外部・内部被ばくの主な症状→放射能のせいかどうか白黒つけられない!
全体的な抵抗力の低下により、様々な症状が起こってくる。個人の弱いところ、「持病が悪化」する。血液検査で対して異常がでてこない事が多い。市販の対処療法的な薬が効かない。放射線量の高い低いに関係性が見いだせない。
被爆による長期間にわたる3大ダメージは、(1)免疫力低下(2)酸化性ストレス(3)ガン

1)頭:頭痛、めまい、ぼうっとする、考えがまとまらない、ハイになる、うつになる、計算ができなくなる、多動様、二世においては少し知性に異常がでる、ノイローゼ、てんかん

2)粘膜:目、鼻、口、喉、声帯、性器関連の炎症が繰り返される。
目は子供にも白内障がのちのち増える、声帯が痛んで声がでなくなる。繰り返し多発する口内炎。鼻:線量の高い低いにかかわらず、子供大人にかかわらず出る鼻血、あるいは異常な色の鼻水。歯茎からの出血。虫歯の悪化。

3)肺:咳、色のついたタンが止まらない。カラ咳。風邪と違う。あるいは繰り返す風邪。風邪が治らず気管支炎、肺炎と繰り返して入退院するようになる。喘息になる。子供は特に肺炎にかかりやすくなる。

4)胃腸:下痢あるいは軟便が長期にわたり続く。胃の上部がしまった感じで食べ物が入って行かない、食欲が無い、吐き気、嘔吐、揚げ物がむかつく、量が食べられなくなる。胃がいたくなる。

5)疲労感:突然襲ってくる、身体がだるいことが続く、眠くて仕方がない、立ってられない、子供の場合はゴロゴロしている。今まで感じたことのないだるさ。→原爆ぶらぶら病にとてもよく似ている

6)脱毛:徐々に抜ける場合もある

7)腎臓:夜中に腰の上あたり、腎臓のあたりが激痛が走るようになる。押すと少し楽になるが、ときどき起こる。腎臓炎、膀胱炎など。おねしょ。

8)耳:中耳炎を繰り返すようになる

9)皮膚:アレルギー症状の悪化、手の皮が向ける、傷が治りにくい、ヘルペス。皮膚が弱くなる。

10)心臓:大人も子供も心臓が痛くなる、病院に行って心電図をとってもらうが異常がでない。夜中に踏まれたように胸が痛くなる。血圧異常が大人にも子供にも起こる。息が切れるようになる。パタンと倒れる。老若にかかわらず突然死。

11)関節痛、あるいは骨の痛み、骨の異常

12)生理不順、出血異常。女性器に関するトラブル。乳がんなどの増加

13)甲状腺の異常、腫れ

14)リンパ節の腫れ、特に首や脇の下

15)その他:発熱など、神経反応の異常、ホルモンの異常、内分びつの異常、

16)出産の異常、分娩の異常、出生率と死亡率の逆転(汚染地域)
 
ベラルーシーからわかる「放射能被害」の実態。 がんや催奇性よりも心臓病や突然死のほうが問題。


2、出来る対策 放射能被曝を減らすために、必ず食事の産地に気をつける、マスクを着用、牛乳は飲まない。

現在、日本の食品は安全とはいえません。放射能の影響が懸念されます。政府主導の国民被爆政策(食べて応援・いい加減な食品検査と流通)まずは安全な食品をhttp://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-252.html
牛乳は、放射能が濃縮されるので、飲まない・食べない。http://www.koumatsuba.zansu.com/gyuunyuunihakikengaippai/top.htm

スピルリナの使用は、放射性同位体によって汚染された食物を摂取することから体内に入った「セシウム137」や「ストロンチウム90」などの放射能物質の量を体内から減少させる。長 期 に渡って低レベルの放射線の被害にあっている子供たちの適応力を通常の状態に回復させるために、スピルリナは適している」
1日に5グラムのスピルリナを与えられた、子供の尿中の「セシウム137」量が50%も減ったという結果が、チェコ共和国で開かれた第6回応用藻学国際会議において発表された。
スピルリナが免疫システムを調節し、抗酸化、抗炎症、抗ガンの作用も持っていることを示唆しています。

マクロビオティックの食事療法。それは玄米、味噌とたまり醤油のスープ、わかめやその他の海藻類、北海道のかぼちゃ、海塩という内容で、砂糖と甘いものは禁止。

海塩、(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りのお風呂に入り、体内に入った放射性物質を出す。

重曹、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 
アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。 

放射性毒を体内から排出するためには、お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。

ハーブティ(毒素排出効果はもともと高い)
EMX(ゴールド)、沖縄の比嘉教授の開発したもの。朝晩トータルで50ml、牛乳以外の液体で割って飲む。
ペクチンの豊富に含まれた食べ物(りんご、桃、バナナ)など。(おなかの空いたときに、単体で食べたほうが効果があるでしょう) 

◎①放射能予防。放射能を減らす料理方法・ガイガーカウンターで放射能測定などなど
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-68.html


サプリメント《上記、↑》によるストロンチウムの排出と、強力なラジウム温泉による療法元記事ーー

自然放射線は傷ついた遺伝子を修復する! 「微量の放射線は体に良いとされるホルミシス効果」
ただし、自然放射線に限ります!

原発推進派は「作物に含まれるカリウム40(自然放射線を出す)で問題無いのだから、人工放射線も安全だ」とする論理を展開します。それは違う!大嘘です!

自然放射線を出す石をラジウム石と言います。有名なのは姫川薬石です。主に腫瘍などに効能があります。
姫川薬石は新潟県糸魚川市の海岸で拾えます。

放射線障害の修復、キュリー夫妻は、ご主人が閃ウラン鉱で癌が治る事を発見してノーベル科学賞をとりました!自然の放射線が癌を治すという事はノーベル賞が証明しているのです!
しかし、その後、人工と自然の放射線の違いが分からないために科学者は混乱してしまいました。
オーストリアでは、その後も自然の放射線で癌を治す研究を進め、今では健康保険もきくようになっています。ラジウム石による治療に健康保険が使えるとのことです。

日本では、 昭和の始めになって東京大学の長島乙吉博士が、本格的にラジウム鉱石の研究に入り、戦争の原爆被曝の方達を救いました。被爆者は、こぞってラジウム温泉に行き、治療しました!
被曝したらラジウム温泉で、治すことは昔は常識だったそうです。

それで今でもラジウム温泉には「放射能機能障害」の効能が書かれているとか。古いラドン温泉には今でも書いてあるそうです。テレビに出てくる御用学者さんで、放射線を浴びたら健康になると言っている人がいますが天然の放射線であれば確かに健康になります。

原発から出ている放射線は、人工的に作られたものであるので、健康にはならないです。やはり遺伝子を傷つけることになり、将来癌になるリスクが高まることになります。

天然の放射線は傷ついた遺伝子を修復することができるので、癌が治るそうです。免疫力も高まり、身体のあらゆる不調が改善されるとのことです!素晴らしい薬石です!

高濃度放射能被爆とラジウム温泉&鉱石の治癒効果について・・被曝した方々に、お医者さんが山梨産のラジウム鉱石を当てたところ、通常なら20分はかかる細胞修復が僅か5分と言うスピードで行われ、正常値になったそうです。更にその効果は持続して自己免疫力が高まりました。

実は原発の放射線や放射性物質で被爆された方は、このようなラジウム鉱石で処置するか、秋田の玉川温泉に代表されるラジウム温泉あるいはラドン温泉で温泉療法をしない限り10年、20年先に1割が甲状腺がんや白血病を、残りの方々が高血圧などの様々な病気を発症します。

特に子供たちは新陳代謝が活発なため被爆したあとの進行が早く、大人はゆっくりと甲状腺癌になりますが、子供はチェルノブイリを見れば分かるように急速に症状が現れます。

放射線と言いますと原爆や、原発のことを思いおこしますが、ここで言う放射線とは、自然界に存在している微量の放射線のことなのです。太陽や宇宙から、これらの放射線は常に地上に降りてきてます。
私達に有害な放射線は、地球を取り巻く[電離層]でシャットアウトされて、有益なものだけが地上に降り注いでます!太陽の光線だって放射線の一種で、波長の低い部分の[光波長]なのです。

私達地球の生命体は、この放射線によって[生命活動]が維持されています。
自然の放射線が変化すると、生命活動が異常をきたし、病気になってしまいます。即ち放射線が、私達の体の健康を守ってくれているのです!

有害な物質は分解し、有害な細胞は破壊してくれます。この自然の放射線による私達の体の健康維持の事を私達は、自然治癒力]呼んでいます。いかなる病気も、医者には治せません。治療をするだけなのです。
病気の根本的な改善は、自然治癒力に頼るしかありません!

癌であっても医療で出来る事は、手術によって癌細胞を除去するだけです。
癌細胞の出来るメカニズムについては、自身の自然治癒力で対処する以外に方法はありません!
そのためラジウム鉱石によって放射線を体に当てると言う事は、自然治癒力を高める事なのです。だから色々な病気が治るのです。

放射線とは、光より更に波長の短い電磁波なのです。物質が核分裂した時に発生します。そのため放射線には物質構造を変えてしまう作用があるのです!

使用法としては ① 大きめの[姫川薬石]を患部にいつも当てておくこと。
           ② お風呂に入れて[ラドンガス]を吸って、他に転移したものも破壊する様にすること。

国内産では糸魚川産の[姫川薬石]は、地元のお土産屋さん原石1~2キロわずか数千円で売られています。
三重地方で算出する[伊勢砂利]もラジウム石です。また、生産量はわずかですが希少品である!
新潟県産の[村杉温泉ラジウム薬師石]も1万円以下で購入できます。

また、各地で拾える御影石などの[花崗岩]もラジウム鉱石です。
どうしても自然の石を拾えない方は、各地のホームセンターのガーデニングコーナーで売られているキロ当たり95円程度の[花崗岩]を風呂に入れて入浴すれば効果が得られます。
出来るだけ大きめの2~3キロの石を使用してください。小さめの石を同量お風呂にいれても大丈夫です。

どうかこのような効果があるラジウム鉱石で、早急に被爆対策をお勧めします。
5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには、この方法しかありません!


ニニギ石は正式名称は「御岳昇仙峡花崗岩」といい花崗岩の一種です。花崗岩は全てラジウム鉱石なのです。拾いに行けない人にお勧めの花崗岩は伊勢砂利五郎太です。
ホームセンターの御影石、産地が中国産の物は個人的にお勧めできません!
核実験を50回位やってる国なので石自体が被爆している可能性がある為です!


伊勢五郎太は、以下のアドレス、アマゾンに売ってます。砂利~5寸ぐらいの物までありますのでお店に問い合わせて下さい。

天然と人工の放射線の違いは放射線が、その持ってる変調信号が違います。
自然の放射線は遺伝子を傷つけたのを戻します。
人工は殆ど何の変調もかかっておらずフラットな強さで遺伝子を傷つけます。

尚、市販の劣化ウランが入った石なんか使うと間違いなく癌になると言われていますので注意して下さいね!!

方法は一つしかありません。
放射線によって遺伝子がおかしくなったので、それを戻すには自然放射線を使う以外には無いのです。

一番確実なのは、戦後厚生省が行ったラジウム温泉による治療です。当時は全国のラジウム温泉に「被爆者治療センター」がありました。
今でもラジウム温泉に行くと赤字で「特効原爆症」と壁に書いてある温泉を見かけます。
このラジウム温泉による治療が確実です。

このラジウム温泉については有名なのは。
秋田県玉川温泉。 福島県母畑温泉。 福島県三春温泉。新潟県村杉温泉。 山梨県増富温泉。 
岐阜県下呂温泉。 鳥取県三朝温泉。 大分県別府温泉。
などが代表的なものですが、他にも沢山あります。ネットで調べて見ましょう。
ラジウム温泉は特に厄介な白血病に効果があります。


関東・東北は政府と東電の利権と癒着のために被爆させられました。でも希望はあります。
今すぐ、症状が出る前に対策を。。そう、まずは避難を><! 放射能被爆は積算されます。。
浴びれば浴びるほど積み重ねられ、重くなるのです。。 そして治療を。。

日本に住む人々は、日本の将来を、今、生きている子供達を守れる国を作るのが、日本に生きている大人たちの責任です。。

政官業、政治家(原発やTPPを推進する政治家、自民党など)・官僚・東電などの原発村住人は犯罪者です。
国の基本である政府が腐っています。利権と癒着のみの政治が横行しています。この仕組みを
変えないといけません。。

脅威・・世界は今、誰の為にあるのか・・世界を支配した者たち・・国民とは、庶民とは奴隷だった
↑、上をクリックして今の世界がなぜこの様な世界になったか知り、その対策を見てください。
NEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。