スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震活動が拡大していく事 態は、 通常の概念を超えて・・1596年には数日のうちに大分~愛媛~京都で大地震が起きてる。」・・今><!  アジアで大地震が頻発している・・次々に火山が噴火しています。世界で38もの火山が噴火中です

専門家「今回の地震が本震かわからない、今後これ以上の本震があるかもしれない」

専門家「今回の地震が本震かわからない、今後これ以上の本震があるかもしれない」   

震源が阿蘇・大分方面に移動
14日の熊本地震を上回るマグニチュード(M)7・3を観測した16日未明の地震は、強い揺れを引き起こし、九州に甚大な被害をもたらした。熊本地震について政府は15日、日奈久(ひなぐ)断層帯(約81キロ)の北端付近が引き起こしたと判断。ところが16日の地震は、熊本県の阿蘇外輪山から宇土半島付近に延びる布田川(ふたがわ)断層帯(約64キロ)のずれだと専門家はみている。その後、震源域は北東側に大きく移動してきており、地震が次の地震を呼ぶ連鎖が懸念されている。


ーーーーーーーー  ------

地殻変動学・教授 「地震活動が拡大していく事態は、日本中の専門家にとっても未経験だ。 通常の概念を超えている」   不意打ちの「本震」 別断層を刺激 玉突き地震

名古屋大の鷺谷威(さぎやたけし)教授(地殻変動学)は「今回のように、地震活動が飛び火して急激に拡大していく事態は、日本中の専門家にとっても未経験だ。本震、前震という通常の概念を定義として超えている」と話す。

(中略)

 今後、どこまで地震活動が広がるかについて、鷺谷教授は、九州から関東地方まで連なる断層である中央構造線に影響を及ぼす可能性も指摘する。「一五九六年、大分県から四国、近畿にかけて、中央構造線に沿って地震が連続した例も、頭の片隅に置いた方がいい。また、南海トラフなどへの影響がないとも言い切れない」と話す。


ーーーーーーー  ------

専門家「中央構造線で発生している地震だ。1596年には数日のうちに大分~愛媛~京都で大地震が起きてる。」「南海トラフ巨大地震の前兆かもしれない」 震度7級「大分でも」 断層、中央構造線の延長

専門家「中央構造線で発生している地震だ。1596年には数日のうちに大分~愛媛~京都で大地震が起きてる。」「南海トラフ巨大地震の前兆かもしれない」


中央構造線では、過去約7300年の間に少なくとも5回、大地震が起きているという。最も新しいのが、別府湾の海底を震源とした1596年の「慶長豊後地震」。大分では、島が沈んだ瓜生島伝説もある。また、中央構造線近くの伊予(現在の愛媛県)、伏見(同京都府)でも数日間のうちに地震が発生したという記録が残っている。

 今後、中央構造線が広範囲に連動し、大地震を起こす可能性はあるのか。岡村特任教授は「どこにどのくらいの力がたまっているか、今の科学では分からない。影響する、しないは言えない」と話した。  大分合同新聞


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今><! アジアで大地震が頻発している

4月8日には、M4.2の地震(余震?)がネパールで起きました。ネパールでは2月22日にM5.5の地震が起きていました。

4月10日にはアフガニスタンのカブールでM6.6の地震が発生しパキスタンでも6人が犠牲となりました。インドでは余震が起きています。

4月13日には、ミャンマーでM6.9の地震が発生し、ミャンマーだけでなく隣国のバングラディッシュも大きな被害を受けました。

4月14日には、バヌアツでもM6.5の地震が発生しました。また、同日、フィリピンのミンダナオでもM5.9の地震が発生しました。

さらにここ数週間で次々に火山が噴火しています。 現在、世界中で、38もの火山が噴火中です。これは異常な事態です。

スポンサーサイト

世界で起きている事が、今起きている・・! なにかが起きる><! 何か

富士山いつ噴火してもおかしくない…予知連会長 読売新聞 2014年3月3日

国の火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣(としつぐ)会長(東京大名誉教授)が3日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。
 「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態。(パニックを起こさないためには)避難計画を作り、それに沿った訓練が重要だ」と述べた。

 国と地元自治体などは先月、富士山噴火を想定した広域避難計画を初めてまとめた。降灰が広がると、静岡、山梨、神奈川の3県で、最大47万人が避難を迫られる恐れがある。

 都心でも、火山灰が2センチ程度積もると予想される。藤井会長は「火山灰が5ミリ積もっただけで、車は坂道を上れなくなる。高速道路では、深刻な渋滞が起きる」と話し、交通網がまひする可能性を指摘した。


ダイオウイカ 佐渡に今年4体目 読売新聞 2014年3月3日

2日午前8時半頃、佐渡市椎泊の海岸にダイオウイカの死骸が打ち上げられているのを近くの住民が発見した。同市内では1月以降、ダイオウイカが3回、水揚げされている。
 県佐渡地域振興局によると体長は約3・2メートルで、ちぎれていた最も長い触腕があれば5メートル超はあったとみられる。
 現場に駆けつけた近くの漁業甲斐正美さん(67)は、「打ち上がってから数日はたっているんじゃないか」と指摘した上で、「ダイオウイカを見るのは初めて。カモメも不思議そうに眺めていた」と話していた。


福島原発汚染水 管理は限界に近づいている 読売社説 2月27日付

東京電力福島第一原子力発電所で、110トンの汚染水漏れが起きた。 昨年8月に300トンもの漏出が発生したにもかかわらず、今回も東電の対応には初歩的ミスがあった。防止策が急務である。

 漏出は、4号機の山側にあるタンクで起き、放射性ストロンチウムを含む高濃度の汚染水が漏れ出た。海洋汚染の心配はないが、土壌などが汚染されたという。まずは、汚染水の回収や土壌の除染を進めねばならない。原因は、満杯に近いタンクに汚染水が流れ込んだことだ。このタンクにつながる配管の弁が開いていたため、別のタンクに貯(た)めるはずの汚染水が入り、あふれた。なぜ弁が開いていたのか、徹底究明を求めたい。漏出したタンクの水位が高いことを示す警報は表示されていた。だが、現場では計器の異常と判断し、対応を怠った。昨夏の汚染水漏れの後、東電はタンクに水位計を付け、巡回点検を強化していた。再発防止策が機能しなかったのは問題である。

 現場の放射線量は依然として高い。厳しい作業環境の中で、汚染水を貯めるタンクが増えすぎて、管理は限界に近づいているという側面もあるのではないか。福島第一原発では、炉心を冷やす冷却水や、建屋に流れ込む地下水が元になって、毎日400トンの汚染水が発生している。敷地内の貯水タンクは、すでに約1000基に達しており、タンクの設置に追われている状況だ。

 どのタンクも満杯に近く、日常的に警報が出ているという。タンクの総容量を倍増する計画だが、遠からず設置場所はなくなる

 地下水は海洋に放出し、建屋への流入量を減らす対策が必要だ。地盤を凍らせて流入を防ぐ凍土壁の開発も急ぎたい。大がかりな事業だけに、政府が主体的に取り組むことが大切である。さらに汚染水も、浄化して海に流せば貯蔵のトラブル軽減につながる。政府と東電は、粘り強く地元の理解を得ねばならない。

 4号機では、燃料貯蔵プールの冷却が停電により4時間半止まるミスも起きた。近くで道路を掘削中に電源ケーブルを誤って損傷したという。プールには1000体以上の燃料が保管中だ。重要な冷却用電源の管理に不安が残る。

 汚染水の浄化装置も26日、トラブルにより停止した。 廃炉への長い道のりを乗り切るには、政府と東電が安全対策を総点検することが重要である。


オーロラ 英国各地で異例の出現 太陽フレアが活発化 スポニチ 3月1日 写真

2オーロラが美しい 英国各地で異例の出現 

赤や緑の幻想的な輝きを放つオーロラが2月27日夜、英国の広い範囲で観測された。英国の空にオーロラが出現するのは珍しく、英メディアは「荘厳な光のショー」と大きく取り上げている。
1オーロラが美しい 英国各地で異例の出現 

 オーロラは、太陽で起きた爆発現象「太陽フレア」などで発生した電気を帯びた粒子が地球に到達し、大気中の粒子と衝突して発光する現象。通常は北欧など北極圏周辺で見られるが、同現象が活発化したことで観測可能地域が南に広がったとみられている。
オーロラが美しい 英国各地で異例の出現 3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界で起きている事が、今起きている・・! なにかが起きる><! 何か

もう起きている感じが・・! 世界規模で・・ 地球規模で・・ 今もう進行しているヨナーー!
どうも、世界中で起きている地球規模で・・!
地震・火山噴火・自然災害(干ばつ・大雨・山火事・大雪・大寒波・異常高温などなど)

そして、日本で東京電力福一原発事故は人類が起こした人災で最悪な原発事故が3年間も悪化し続けています。。
日本の火山も噴火しまくり状態><! 放射能ダダ漏れで限界が近いよう・・
もう限界なのでしょうか?? 何か・なにか・難か。。 


もう地球と言う生命が悲鳴を上げ、自らの浄化作用を起こしている様に・・!
想うのは・・ 思うのは・・ 想うのは・・  どちらでしょう??
もう><! その時が^^! 来ても~~ぅ おかしくない??

人類が今している事は1%が90%の人々を食い物にしている社会
それに気付き、変化の時期・・ 変更の時期・・ 分岐点・・ なのでしょうか
変化できるほどに><! 気付きは出来ているのでしょうか??

                         問題と対峙しなさい。

               でも決してそれに支配されてはならない。

               その問題から忍耐と思いやりを学ぶのです。

              我々は今こそ立ち上がらなければなりません。



全て、自分の意識レベルの道を、その中から自分の目標・目的・意味に合った方向に進むべきなのです。。
その道に今、自分自身がしっかりと進んでいるか><! 知るべきであり><! 気付きの時><!
人類と言う挑戦が進むべき、今、今が、この時が起点。。! きてん きてんねん きてんねんで

★”放射能被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html


自衛隊幹部にまで緊急指令・・! 太陽でレントゲンの最高強度のX線が観測。。11月11日がーーん。。地震が世界的に多いので注意を

平成25年11月10日07時39分 気象庁発表
10日07時38分頃地震による強い揺れを感じました。
現在、震度3以上が観測されている地域は次のとおりです。

震度5弱 茨城県南部
震度4 栃木県南部 埼玉県北部
埼玉県南部 千葉県北西部 東京都23区
震度3 福島県中通り 茨城県北部
栃木県北部 群馬県北部 群馬県南部
千葉県北東部 千葉県南部 東京都多摩東部
神奈川県東部 神奈川県西部

^^!^^^! もしM7.0直下だったらこの地震の30倍強い <<<<<

---------------------------------------------------------------------------

太陽でレントゲンの最高強度のX線が観測 9.11.2013  The Voice of Russia

ロシア気象庁応用地球物理学研究所は、太陽でレントゲンの最高強度のX線がモスクワ時間で8時26分(日本時間13時26分)に観測されたことを明らかにした。

この現象が2日後には地球に到達し、地磁気に悪影響を及ぼす危険性も除外されていない。 2日後==11月11日

--------------------------------------------------------------------

太陽活動状況さんより

太陽活動と地震

太陽活動と地震や火山噴火の関係がーーん アリあり 11月11日も注意だが><!
2013年事態が地震に火山噴火それも大きいのが多すぎる・・! 


地震は今、いつでも起きる・・! いつ起きてもいいように家族とも避難するときの対応を話し合おう。。


<緊急> ネットゲリラさんより  2013年11月 9日  
14時ごろ全自衛隊の幹部、曹士に対し(一般電話回線だから詳細は伝達できない)2時間待機命令=呼び出されたら2時間以内に部隊へに出頭せよ」を発令、状況終了までその状態を維持。つまり所属部隊の反対方向に1時間以上離れることはできない。詳細は週明けに出勤したら伝達されるかもしれないが、いずれにせよ国民に知らせることは、守秘義務(懲役5年)で解除時期については「まったくめどは付かないが、年内いっぱいになる可能性が極めて高い」状況。

いつ起こるかわからないもので緊急性があるのは地震では・・! 

今、地球規模で地殻変動が起きている><! 世界中で巨大地震がいつ起きてもおかしくない・・ そういつでも起こりうる巨大地震

気象庁 遠地地震に関する情報 2013年9月と10月 M7クラス以上 こんなにも><!

10月15日09時13分頃  フィリピン付近   M7.2
 9月28日16時34分頃  インド付近     M6.8
 9月26日01時43分頃  南米西部      M7.2
 9月24日20時29分頃  インド付近     M7.8
 9月24日20時29分頃  インド付近     M7.4


世界の巨大地震2013年1月から8月までのM7クラス以上

2013/07/08-ニューギニア付近で地震   (M7.3)・・・ニューギニア
2013/05/24-サハリン近海で地震     (M8.2)・・・ロシア
2013/05/24-南太平洋で地震       (M7.4)・・・フィジー諸島南方
2013/04/20-中国四川省で地震      (M7.0)・・・中国
2013/04/16-イラン南東部で地震     (M7.8)・・・イラン
2013/02/06-ソロモン諸島付近で地震   (M8.0)・・・ソロモン
2013/01/05-アラスカ沖で地震       (M7.5)・・・米国

           2013年の今、M7クラスの地震がこれだけ起きるのは異常です><!

        2013年9月24日~10月12日のM6以上の地震

黒い線は「プレート」の境界ですが、こう見てみると、ほぼすべての地震がプレートの境界上とその近辺で起きていることがわかります。そして、地域的な偏りなく全世界でまんべんなく起きているように見えます。

               アメリカ地質調査所よりM6以上

        インド・オーストラリアプレート
               2日間で400メートル海底が隆起したことが示された場所 2012年12月

             2日で400メーターも隆起する異常が起きている><! 
         この事実にいったいどこの原発が耐えられるのか??



近畿圏地殻大型地震は11月17日前後の発生の可能性   PHP地震予報  10月9日 より


ロシアのシュミット地球物理研究所のアレクセイ・リュブシン氏の衝撃のレポート
東京の近くの南海トラフの地域で、2013~2014年の間にマグニチュード9.0のスーパー巨大地震が再び発生すると報告しています。

彼の報告→こちら。 http://news.mail.ru/incident/12663847/ 
ロシア語ですので、翻訳サイトで、日本語に翻訳して、お読みください。

  
   地球規模で地殻変動が起きているのが現状だと考えるのが妥当だと><! 
世界中で巨大地震がいつ起きてもおかしくない・・ そういつでも起こりうる巨大地震


何度も予知が変更になったが><! 2013年のM7クラスの大型地震発生の多さに、2013年の火山の噴火や地震の多さは、異常を通り越している><! もう地震はいつ起きてもおかしくないと言われている・・

サバイバル基礎
1、海岸地方に住まない。(海抜30m以上に住む事)

2、耐震住宅に住む。地震発生後のテントなどの用意。

3、食料と燃料一年分、備蓄する事インフラがダメでも生活が出来るように

4、原発の風下地区や40キロm以内に住まぬ事。

5、原発事故の福島県などや関東地方、西日本地方に住まぬ事。大地震が予想されるから。

6、できるだけ10人以上の気心の知れた人々と一緒に生活する事。

7、岐阜市より東の東日本で住む事。(ダムの下流域は不可)

8、農業を出来るようにしておく事。

9、愛と奉仕と勇気に生き、行動力や実行力を身に付けよ。

10月1日、アメリカ崩壊開始。そして太陽の大異変が・・ キルショットの警戒を

米政府機関を一部閉鎖 暫定予算、成立せず 2013/10/1  日経

米政府は1日午前0時(日本時間同日午後1時)、2014会計年度(13年10月1日~14年9月30日)予算の不成立による一部の政府機関の閉鎖期限を迎えた。閉鎖の回避に必要な暫定予算案は医療保険改革法(オバマケア)の施行延期を巡る民主、共和両党の対立により期限前の不成立が確定。米行政管理予算局は30日深夜、各機関に予算不成立に伴う閉鎖計画を執行するよう指示した。

 民主、共和両党は1日未明の期限後も事態打開を模索する構えだが、政府機関が具体的な閉鎖手続きに着手したことで、1日からの一時的な閉鎖は避けられない状況となった。政府機関の閉鎖は1996年1月以来、約18年ぶりとなる。

 航空管制や国境警備、警察業務など国民生活に必要不可欠な業務を除き、連邦政府の多くの機関が閉鎖対象で、連邦政府職員200万人超のうち約80万人が一時帰休を強いられる。ヨセミテ、グランドキャニオンなど全米有数の国立公園や、ワシントンのスミソニアン国立博物館などは1日から閉鎖される。


米 政府機関の一部閉鎖へ 10月1日 12時55分 NHK

アメリカで与野党の対立から10月以降の予算が成立していない問題で、議会では30日も与野党が大幅な歩み寄りを拒否しており、1日朝からおよそ18年ぶりに政府機関の一部が閉鎖され、数十万人規模の職員の自宅待機や博物館の閉鎖などが避けられない見通しです。

政府機関の一部が閉鎖れた場合、1日以降、▽カリフォルニア州のヨセミテ国立公園や、▽首都ワシントンのスミソニアン博物館、▽それにニューヨークの自由の女神像など、観光地となっている全米各地の国立公園などが閉鎖されるということです。
さらに数十万人の政府職員が無期限で自宅待機となり、退役軍人などに対する行政サービスに支障が出ることが予想され、国民生活や経済に深刻な影響を及ぼすとしています。
ただ、アメリカ軍や国境警備隊など国防や治安に関わる業務はこれまでどおり継続されるということです。



太陽から剥がれたプラズマ・ファイバーで2日には磁気嵐発生か 
タグ: サイエンス, 30.09.2013,

29日から30日深夜にかけて太陽からはがれた巨大なプラズマのファイバーは地球をめがけてと飛んでおり、10月2日夜にも磁気嵐が発生する恐れがある。
 地磁気学・電離層・電波拡散研究所、宇宙気象予報センターのセルゲイ・ガイダシュ所長がリアノーボスチ通信に対し明らかにした。
「29日グリニッチ時20時(モスクワ時間で30日0時)に太陽の円盤の半分ほどの大きさの巨大なファイバーが剥がれ落ちた。これは太陽の数千万トンもの成分を積む大きなキャタピラーに似ている。これが惑星間の空間に飛んでいったが、地球にぶつかる可能性もある。
 ただし、プラズマが地球にあたるとしても端だけで、10月2日の午後は中程度の磁気嵐が起きる可能性があり、磁気嵐の強さはKp指数で6まで上がるかもしれない」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

磁気嵐は明日にはきそーーぅ です。そしてーーぃ 更に数日後には《コロナ質量》、これが引き金となって地震やポールシフトが起こる可能性もあります・・!

最近世界中の火山噴火が続いており、何かやばいかもーーん 。。 地震に火山にポールシフトどれもこの地球が自然の中で繰り返し行われてきたものなのです><! おきても不思議ではない

アメリカの経済崩壊><! デフォルト><! 世界経済、資本主義崩壊か><!

              その上にまだ、自然界からの追い討ち><! 
     日本でも 霧島山(新燃岳)・桜島・阿蘇山・三宅島・諏訪之瀬島
         世界中でも色々な所が近年異常に噴火している
               今月10月は世界のリセット??

     マジカ?? Second BIS(国際決済銀行・世界最大)が破綻宣言。・・ 資本主義が終わる><! 
                       どーーなるの??まとめてみました。
NEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。