11歳の少年による的確な指摘、「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」





彼が11歳にして食糧システムに興味を持ったきっかけは、彼が想像していた食糧システムと、ドキュメンタリー番組や旅行先で見た現実とが全く違うものであったからです。

彼の想像では、牛や豚などの家畜はきれいな牧場で芝生を食べながら幸せに暮らしているというものでした。

しかし、上で述べたようにドキュメンタリー番組や旅行先で、産業化された食糧生産の仕組みを目の当たりにしたといいます。

例えば、遺伝子組み換え。 この言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思いますが、実際にどのようなものかを分かっている人は実際どのくらいいるのでしょうか?

彼は小学生ながらに、分かり易い例で説明してくれます。

例えば、魚からDNAを取り出してトマトに埋め込むこともそのうちの一つです。 その種子は植えられたあとどんどん成長していき、人間の体にがんやそのほかの問題を引き起こすことが発見されています。

さらに彼はもう一つの例として、遺伝子組換のとうもろこしを食べたねずみの肝臓と腎臓から毒素が検出されたことと、それが腎臓の炎症、病変や肥大を引き起こすことを例に挙げました。

彼は、こういった自然の理論に反していることが実験室の中で行われていることに恐怖を感じ、違和感を持ったのです。

そのほか、化学肥料、殺虫剤、除草剤といった化学物質を食べ物に使う事や、食べ物に放射線を当てて日持ちをよくするといったことも、食物に起こるべきではないことだといいます。

なぜならこれもまた、自然に反する行動だからです。

そしてさらに、彼はこういった遺伝子組み換え薬品が使われている食品ほど、カラフルなパッケージやかわいいおもちゃが付いていて、子どもや親が好むように作られていることに気付いたと言います。

このように子どもや親が好むため、テレビでの広告や学校でもそういった食品を見ることが多かったそうです。

そこで彼はどうすればこういった状況を変えられるのか、どうすれば彼が想像していた自然のままの食糧システムを作ることができるのか、ということを考えました。

彼が知っている農家の中で「変わり者の農家」と言われている人がいました。その農家は薬品や、遺伝子組み換え種子を一切使っていないために「変わり者」と呼ばれていたそうです。

そこで彼も、以前まで抱いていたフットボール選手の夢ではなく、「変わり者の農家」のおじさんのように有機農家になるという将来を選択しました。

そして、消費者は地元の生産者が作った農作物を買うなどしてこういった食糧システムの流れを止めることができます。 しかし、よくこう言う人がいます。

「地元でできる食品は高いのではないか?」と。

しかし彼はこう言います。

「高くても地元の野菜を買って農業従事者にお金を払うか、病院にお金を払うかだ」と。

筆者も、11歳ながらのストレートな考えに思わず「なるほどな」と感心してしまいました。

そして、こういった考えを広めることもまた、大事だといいます。 彼は6才のいとこをはじめ、周りの人にこのような考えを広め、周りの人の変化をしっかり見ることができたと言います。

食べ物はわたしたちの体をつくるものであり、その体は生きていく上で必要不可欠なものですよね。 そんな体をつくる食べ物や、食べ物ができる過程をしっかり見つめ直していくことはとても大事だと思います。

そして筆者も一個人としてこういった見解を広めることが大事だと思うので、たくさんの人にこの記事を読んで、彼のTEDトークを聞いていただけると嬉しいです。

------------------------------------------------------------------------------
11歳でも気付いています。。

前回の、”モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。”
と同様、もう気付いている。 
そして、自分から行動して下さい。







スポンサーサイト

ENN・「いま知って欲しいこと」 木内鶴彦さん

ENN・「いま知って欲しいこと」 木内鶴彦さん

地球を助けて下さい。手話のできるゴリラ『ココ』が伝える自然界からのメッセージ。

地球を助けて下さい。手話のできるゴリラ『ココ』が伝える自然界からのメッセージ。


Spotlight より転載


世界的にも有名な手話ができるゴリラ『ココ』メスのローランドゴリラで、世界で始めて人間と手話で会話をした奇跡のゴリラです。今回、ココが2015年11月30日より、フランス・パリで開催されていたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)にビデオメッセージを送り、その内容が公開されました。

奇跡のゴリラ『ココ』(本名ハナビコ)は、アメリカ合衆国サンフランシスコの動物園に生まれましたが、僅か生後3ヶ月で病気にかかってしまいました。その時、出会った発達心理学の研究者のフランシーヌ・パターソンに手話を教わったといわれています。1000語もの単語を習得したココは、手話でパターソン博士と会話ができ『嬉しい』『悲しい』『痛い』『恥』『嫉妬』などの感情も伝えることができるといいます。

そして、今回、世界全体の気候変動(温暖化)対策についての方向性を話し合う、気候変動枠組条約締約国会議にココからの特別メッセージとして動画が作成されました。
その内容は、今こそ行動を起こすべき、地球がわたし達人間にSOSを発信していました。


私はゴリラです。
私は花でもあり自然です。

ココは人間が好き。人間もココが好き 

地球が好きです

しかし、人間は愚かです。
愚か…
ごめんなさに

ココは悲しい。
ココは泣きます。

地球を救って下さい! 
地球を守って下さい! 


時間はもうありません。
急いで!

地球を助けて下さい。

自然があなた方を見ています。
自然またね。
ありがとう。



この動画はココのメッセージを分かりやすく編集されていますし、この動画を作成するにあたり、ココに「保護」「自然」という単語を教えたそうです。なので本来のココからのメッセージなのかはなんとも言えないのかもしれませんが、単語を組み立てメッセージを送ったのはココの意志。そうすると、人間と共に暮らすココは人間の行動をいつも見て心にある言葉、自然の言葉をわたし達に伝えてきたのではないでしょうか。

皆さんはこの自然界からのメッセージをどう捉えますか?わたし達は地球に住まわせてもらっています。青く輝く美しい地球。今、わたし達が地球に出来る事を考えませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうここまで来ているという、この地球の状況を感じます。

もう時間はありません 急いで! ココより

このメッセージを全ての人に知って欲しいです。。!

ーーーーーーーーーーーーーー
ココ(Koko、本名Hanabi-ko、1971年7月4日-)はメスのローランドゴリラ。世界で初めて手話(アメリカ手話言語)を使い人間との会話に成功したゴリラであるとされる。身長175㎝。体重127kg。本名のハナビコは「花火子」と書き、これはココの誕生日のアメリカ独立記念日にあがる花火からついた名前である。

生後3ヶ月で病気にかかっている時に、発達心理学の研究者のフランシーヌ・パターソン(英語版)と出会い、手話を教わった。2012年現在、使うことの出来る手話(単語)は2000語以上になり、嘘やジョークを言う事もある。

ココについてのエピソードについて、特に有名なものとして、ボール(ALL BALL)という名の子猫との話がある。
飼育係のパターソンがココに絵本を読み聞かせていた所、ココは絵本に出てきた猫を気に入り、誕生日プレゼントに猫をおねだりした。 そこでおもちゃの猫を与えたが、ココが気に入ることはなかった。

そこで、ゴリラが別の動物をペットとして飼育することができるのかの実験も兼ね、本物の生きた子猫を与えることとなった。 3匹の子猫が候補となり、ココはその中の自分と同じようにしっぽのない1匹を選び、ボールと名付け、2匹の生活が始まった。 当初飼育員達は、ココがボールを殺してしまう事を危惧していたが、ココはボールの体を舐めたり、抱きかかえたりして、愛情を注いでボールの事を育てていた。

しかしある日、ボールは車に轢かれて死んでしまう。 飼育係のパターソンがその事を手話でココに伝えた所、ココは少しの沈黙の後に「話したくない」と答えた。続けて彼女は手話でボールへの愛情や悲哀の言葉を繰返し、大きな声で泣き続けた。 この時の様子は映像としても残っており、ココの悲しむ様子もハッキリと確認できる。

【奇跡のゴリラの物語】 あなたは手話できますか?The gorilla which does sign language

自民党安倍政権、庶民は奴隷 《何も知らされない日本国民に、バㇱばし、真実を伝えよう》 コピーしてドシドシいたる所に貼ろう@@!  でも、ムサシでまた選挙票を操作し、自民利権政党がまた圧勝か??真実を知るべし。。

国民は奴隷・・ 国民との約束は無視 嘘はつき放題 ・・自民党安倍政権の真実、なぜ知らないの。。バカだよ知らないのは「」
国民もなめられたもんだ 国民との約束は無視 嘘はつき放題 ここで怒らなかったらいつ怒る⇒今でしょう!


安倍政権がこれまでやってきた事て、知ってる~~ぅ

安倍政権がこれまでやってきた事


誰にでも拡散できる資料そして、全国行脚の政治家山本太郎より
誰にでも拡散できる資料そして、全国行脚の政治家。


どんどん戦争ができる国になって行く自民安倍。東京新聞から
どんどん戦争ができる国になって行く。東京新聞から


相対的貧困率、日本は第4位から第2位へ躍進で もうすぐ貧困国第一位に
相対的貧困率、日本は第4位から第2位へ躍進で もうすぐ貧困国第一位に

日本の貧乏率がいちばん高い!
日本の貧乏率がいちばん高い!

日本の子どもの6人に1人は「貧困状態」

厚生労働省の調査では2009年の「子どもの貧困率」は15.7%となっており、約6人に1人が貧困状態と言われています。
子どもの貧困とは、等価可処分所得の中央値の50%以下の所得で暮らす相対的貧困の17歳以下の子どもの存在及び生活状況を言い、一般的な水準の半分にも満たない水準で暮らしている子どもたちがどれだけいるのかということを指しています。

つまり社会がますます豊かになり、一般的な水準が上がっていくのに対して、その水準から落ちこぼれてしまっている子どもたちが、実に6人に1人の割合がいるということになります。
このような日本における貧困率は下図のようにOECD平均値を超えており、世界水準でみたら高い水準であることがわかります。

就労していても貧困世界一位の日本国。。日本政府自民党政権、日本国民の庶民とは奴隷・・ 生かさず殺さず・・  そして今、日本の子供6人に1人が貧困状態


自民党がしょうとする消費税率10%になったときの年収別の負担額 
消費税率が10%になったときの年収別の負担額

「アベノミクス餓死」~日本の景気は20年は回復しない「東京新聞」年収200万円以下の家庭が毎年増え続けているのは、日本社会が底抜けして崩壊過程に
「アベノミクス餓死」~日本の景気は20年は回復しない「東京新聞」年収200万円以下の家庭が毎年増え続けているのは、日本社会が底抜けして崩壊過程に

福島の不幸ぐらいで、原発はやめられない」 自民、細田幹事長代行が暴言。
「福島の不幸ぐらいで、原発はやめられない」 自民、細田幹事長代行が暴言。


安倍--ぃ 安倍~~ぃ 利権と癒着の殿堂、自民党・・政治家・官僚ーー の何でも有の奴隷制どすえ

原発村から、医療村へーーぃ 国民は生かさず殺さずどしどし奴隷状態‘‘!
人間の歴史は繰り返すーーぅ」  てか、いつまでやっとんねんーー!  気付くこう、気付かんかい知らんのか??

そして、ムサシの投票機でまた自民党は国民をだまし、日本国の政治を利権と癒着でやりたい放題するのか??
ムサシの疑惑はどんどん出ている http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-30.html

どしどしどし、コピーして知らない人、気付いていない人、に知らせよう。。真実を知る時。。


★”被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

現在の世界は1%の支配層の為に、1%の支配層の為だけに出来ている。その1%の人々が一番恐れるのは><! これだーーぃ

    現在の世界は1%の支配層の為に、1%の支配層の為だけに出来ている。

                   現在の社会をよく考えて、見て欲しい。どんな社会か

          ・・人は自分の生まれた国に住んでいる、ではその国はどんな所か、国とはなんだ??
          国は税金を取る?? その税金とは何だろう?? 国は国民を守るのか搾取するのか??
              もともと税金とは、戦争をする為に、戦費を作る為に作られたシステム
  
             現在の社会のシステム、税金では、1%の支配層は何も支払っていない状態


               なぜ、1%の人達が99%の人々を操れるか><! 

                       それは国が幾つも、バラバラにあるから

                       なぜ個々の国を作る必要があるか。。! 

                       国とは実は奴隷である国民を縛る為にある。


簡単に考えよう、この地球と言う一つの国家になれば! 国同士の、戦術も、計算も、思惑も、駆け引きもいらない!

同じ一つの地球に生きる、同じ人類だから、紛争も、テロも、戦争も、必要ない、当然だ一つの国だから
そしたら、軍隊・軍事費・武器も兵器開発も要らない><! そしたら税金もほとんど要らない・・!
そしたら、ど~~した、人殺しも、犯罪も、どんどん無くなる。。 みんなアクセク働く必要がない社会に出来る。

世界はなぜ軍隊が必要だったか==軍事費で1%の人々が儲ける為 金!金” 軍産複合体の為。。その為に国を維持し紛争を起こし、戦争を定期的に起こし、儲けてきたのが軍産複合体=1%の特権階級

                       この地球にはそれが出来る技術も力も心もある。。 
                          もう、フリーエネルギーも出来ている 
            もう、国境をなくしこの地球に生きる一つの人類が一つの国家、地球を作れる心はある
                 もう、人々は気付いて来ている。ただフリーメイソンの様な1%の人達が
                       気付かせないように色々な工作をしているだけ。


             人類はもう今の社会のように、拘束し束縛される人生ではなく、
          自由に生きる世界を作れる心も、技術も、知識も、もう持っている。


1%の人々が一番恐れるのはその事実だ
気付きが、一歩を進ませられる。気付かなければ、いつまでも当然進めないのだから。

気付こう、築こう、地球と言う一つの惑星に生きる、一つの、そして同じ人類なのだと。

地球と言う一つの惑星に生きる、同じ人類が共に作る一つの国家を


スライブ金融  一時期流行ったスライヴ (THRIVE)という動画の金融の部分だけを抜き出したものです。



スライブ   長いですけど全部 
 

知る事THRIVE ホームページ(語源選択で日本語あり)

この地球という、人類が共存している、地球規模で人類が一つになる時なんです。我々は、地球人@@ この美しい青い地球に住む、地球人です。そう、この地球に住む人類は総て、地球人、国境は特権階級のために作られている、だから国なんて必要ない。地球それが、われわれ人類が住む本当は一つの惑星・一つの国なんです。

NEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR