The Lie We Live / 私たちは嘘の世界に生きている






今この瞬間、あなたはどこにでもいられるし何でもできる。なのに、あなたはこの画面の前に座っている。

一体やりたいことや、なりたいことから私たちを遠ざけているものは何なのだろう。

毎日、同じ部屋で目覚め、同じ道を通り、昨日と同じ1日を生きる。

かつて私たちの日々は、時間で縛られてはいなかった。途中で何かが変わってしまったのだ。

今はすべてが計画されている。これが自由になるための成長ということなのだろうか。

私たちは本当に自由なのだろうか。



食料、水、土地。私たち人間が生きるために必要なものは、今は企業だけに所有されている。

木々に私たちが食べる食物はなく、小川には飲むことのできる新鮮な水はない。
小さな家を1軒建てられる自由な土地もない。

それらの地球が与えてくれたものを、もし自由に手に入れようとすれば、あなたは刑務所に入れられる。

なので、私たちはルールに従って生きている。私たちは教科書を通して世界を発見する。

若いあいだの何年もの間、私たちはただ座り、言われたことをオウム返しにして生きている。実験室で扱われる物質のようにテストされ評価される。

世界の中に違いを生み出さないように育てられ、違わないように育てられる。

結果として、与えられた仕事をこなすには十分な能力があるが、なぜそれをするのかということを問うまでにならない。

なので、私たちは、もう仕事ができないと言われる年齢まで働き続ける。けれど、その時には、私たちが働き続けた意味を考える時間は人生に残っていない。

その子どもたちもまた同じゲームを引き継ぐのだ。

子どもたちはひとりひとりは個性的だ、しかし、社会的にひっくるめれば、私たちの存在は「燃料」以外のなにものでもない。エリート存在を力づける燃料。大企業の看板の後ろに隠れるエリートたちの。

この地球は彼らの世界なのだ。彼らのもっとも重要な資源は地下にあるのではない。

彼らの資源は「私たち」だ。私たちは彼らの街を建設し、彼らの機械を操作する。私たちは彼らの戦争で戦う。

彼らを動かすものは金ではない。それは力だ。金は、彼らが私たちをコントロールするために使う道具に過ぎない。

私たちは食べるために、移動するために、そして楽しむためにお金に依存しなければ生きられない社会にいる。しかし、それは本来は価値のない紙切れなのだ。

エリートは私たちに金を与えた。しかし、そのお返しに、私たちは彼らに世界を与えてしまった。

私たちの空気を清浄にした森のあった場所は、森を汚染する工場になった。私たちが飲んだ水のあった場所は、ひどく臭う汚染されたゴミ捨て場になった。

動物たちが自由に走り回った場所は、私たちの欲望を満足するために、永遠に続く虐殺の工場となった。

私たちには十分に食べ物があるにも関わらず、世界では何百万人もの人々が植えている。その食べ物はいったいどこに行っているのか。

私たちが育てる穀物の 70%は、私たちが肉として夕飯に食べる動物に飼料として与えられている。なぜ飢えを助長させるのか。それは、飢えを消滅されると、利益が得られないからだ。

私たちはまるで地球に広がるペストのようだーになってしまっている。

私たちは、私たち人間に生きることを許しているその環境を粉々に砕いている。

私たちは、この世界にあるすべてのものを売ることができる物質として見なす。まるで、この世に存在するものすべてが所有されるべきものであるかのように。

いつのになったら、私たちは、金という存在は食べることもできないまったく価値のないものだと気づくのだろうか。

私たちは地球を破壊しているのではない。その上に生きるすべての生命を破壊している。

もし、あなたがアメリカに住んでいるのならば、41%の確率で、あなたはガンになる。3人に1人は心臓疾患で死亡する。

私たちは、これらの問題に取り組むために、病院で処方された薬を飲む。しかし、ガンと心臓疾患の裏で「医療」そのものがアメリカの主要な死因の3番目だ。

科学者に金を投入すれば、科学者たちが私たちの健康の問題を消し去るような薬を発見し、すべての問題を解決してくれると私たちは思っている。しかし、現実は、製薬会社とガン社会は、私たちが病気になることに利益を依存しているのだ。

私たちは、自分たちが治癒の方向に向かって進んでいると思っているが、実際には「病気の原因に向かって進んで」いる。

私たちの体は、私たちが食べるものでできているが、その食べ物は、純粋に利益のために計画される。私たちは、有毒な化学物質や、薬や病気におかされた動物の肉を自分たちの体に詰め込んでいる。

でも、そんなことを私たちが知ることはない。メディアを所有する一握りの企業グループは、私たちにそのことを感づかれないために、「これが現実だ」というようなファンタジーで私たちを囲い込んでいる。

かつて人間は、天動説として地球が宇宙の中心だと考えていた。しかし、今度は、人間は、自分たちが地球の中心だと考え始めている。

私たちは科学技術を持ち出し、人間は最も賢いと言う。

しかし、コンピュータや自動車や工場が、私たち人間に知恵があるということを現しているものだろうか。それとも、それらはただ私たちがどれだけ怠惰であるかを示しているに過ぎないのか。

私たちはそのような文明の仮面を被っているが、その仮面を取ったら、いったい私たちは何者なのだろうか。

私たちはまるで自分たちが何でも知っているように振る舞う。しかし、見落としていることはたくさんある。私たちは小さなことを無視しながら通りを歩いている。

見つめ合う視線、分かち合う物語。すべてはまるで、「私には」背景なのだと思いながら、それを無視して歩く。もしかすると、私たちは自分ひとりではなく、より大きなものの一部だと感じているかもしれない。

しかし、私たち人間ははつながりを作ることに失敗している。

豚や牛や鳥、あるいは他の国の者は殺してもよい。でも、自分たちが理解し、愛する近所の人々やペットの犬や猫は殺してはいけない。

私たちは、自分以外の生き物を低く見、自分たちの行動の正当性のためにそれらの価値観を持ち出す。

しかし、自分たちが他のものものを低く見ているというだけで、殺害は正しいといえるのだろうか。

私たちは、崩壊間際の世界に生きている。明日の戦争は、どんな勝者ももたらさないだろう。

なぜなら、暴力は答えにならず、すべての解決の可能性を破壊するから。

もし、私たち全員が自分たちの中にある欲望を見つめたなら、私たちの持つ夢はそう違わないことに気づくだろう。

私たちは同じ目標を分かち合っている。これは幸福なことだ。

しかし、その同じような喜びを求めて、私たちは世界を粉々にしているのだ。

私たちは、スマートフォンや大きな家や高性能の車を持ち、本当に幸せだろうか。

私たちは変化をもたらす誰かを待っている。自分たちが変化になろうとは考えずに。

アメリカ大統領選挙はコイントスのようだ。ふたつの面がひとつのコインにある。私たちは、私たちが欲するそのコインの面であると同時に、作成された変化の幻影を選ぶのだ。しかし、人びとが真剣に選んで考えた何人もの大統領の登場の後も、世界は何も変わってはいない。

政治家が私たちの役に立つことは何もないということに気づくことに私たちは失敗している。政治家は、彼らに権力を与えるために出資するものに仕える。

この従属の世界の中で、私たちは「私たち自身を導くのは自分である」ことを忘れてしまっている。

変化を待つことを止めるべきだ。

そして、自分が見たい変化に自分が「なる」のだ。この歴史の中で、人類が生き残った理由は、最も足が速いからでも、最も強かったからでもない。

人類は共に行動してきたから生き残った。殺りくはもう十分に身につけた。今こそ生きる喜びを身につけるべきだ。

それは地球を救うことではない。この地球は、私たちがいてもいなくてもここに存在するだろう。

私たちが生きる時間はせいぜい 80年ほどで、その時間は地球から見れば一瞬の時だ。しかし、その影響は計り知れない。

私はしばしばコンピュータのない時代に生きたかったと思う。

しかし、私は気づいた。ひとつだけこの時代に生きる理由があるとすれば、それはインターネットが、私たちがメッセージを分かち合う力と、世界の多くの人びとと団結させる力を与えていることだ。

良かれ悪しかれ、この地球の未来の世の中を決めるのは、私たちの子どもたちだ。

私たちは、ただ、この破壊の仕組みに身を投じるのか、それとも、私たちは進化しているのではなく、退化していると気づき、目覚めるのか。

あなたは、自分自身のカーブする道を選ぶこともできる、あるいは、これまで数え切れない人びとが辿ってきた道に従うこともできる。

人生は映画ではない、脚本はまだ書かれてはいないのだ。

あなたがこれから書く脚本は、あなた自身の物語であり、そしてあなた以外の物語でもあり、私たちすべての物語でもあるのだ。
スポンサーサイト

年金は75歳から支給…40年も実質強制徴収され、年金を貰えるのは亡くなる直前の数年間。政府が導入を目論んでいる「75歳年金受給開始」。その上に年金の75歳受給とセットで懲罰的な「死亡消費税」導入、狂った安倍政権、自民党政治。

アベのミックスは大失敗


史上最悪の安倍政権の出来事


安倍ーー、この政権は何の為に存在するのか

何も知らされないから、知らない、気付かない日本人が多すぎます。

社労士が警告「いよいよ70歳定年・年金75歳受給の時代到来」  マネーポスト より

思えば最近、やたらと「75歳」という年齢がクローズアップされていた。「75歳まで働ける社会を」「高齢者は75歳から」……なるほどすべてはこれに向けた布石だったのか。いよいよ政府が、「75歳年金支給引き上げ」に向けて本格的に動き出した。

 安倍晋三首相が国会閉会中審査で加計学園問題をどう釈明するかに大メディアが大騒ぎし、国民の視線が釘付けにされていたさる7月18日、内閣府の有識者会議で重要な議論が交わされていた。「年金75歳支給」という国民の老後の生活を一変させるテーマである。議事の過程で、読売新聞社会保障部の猪熊律子委員がこう発言した。

「繰り下げ年齢も現行の70歳からもっと下に行ってもいいのではないか。つまり、75歳とか、そのように延ばしてもよいのではないかと思っています」

 座長の清家篤・前慶應義塾長はこれらの意見を踏まえ、検討会の最後で言った。  

年金の75歳受給とセットで懲罰的な「死亡消費税」導入か マネーポスト より

政府が導入を目論んでいる「75歳年金受給開始」。しかし平均的な健康寿命(男性・71.1歳、女性・75.5歳)を考えると、年金をもらえるころにはあまりお金を楽しく使える体力は残っていない可能性も高い。ならば、せめて75歳から受け取る年金を家族にしっかり残したい。しかし、そんな望みさえ叶えられないかもしれない。

「75歳年金支給」の議論の舞台となっている有識者会議(内閣府)の清家篤座長は、2013年に安倍首相直属の「社会保障制度改革国民会議」会長として年金や医療、介護など社会保障政策の基本方針をまとめた人物だ。

 この国民会議で財政学者の伊藤元重・東大名誉教授は巨額の高齢者医療費を賄う財源として「死亡消費税」という考え方を提案した。
 
〈60歳で定年されて85歳で亡くなった間に一生懸命消費して日本の景気に貢献してくださった方は消費税を払ってお亡くなりになる。60~85歳の間消費を抑え、お金をお使いにならないでため込んだ方は消費税を払わないでお亡くなりになる。しかもそれが相当な金額にならない限りは、遺産相続税の対象にはならない。

 ですから、生前にお払いにならなかった消費税を少しいただくという意味も込めて、死亡時の遺産に消費税的な税金をかけるという考え方がありえます〉



多くの日本人に気付いて欲しい、現在の日本の現実を。  拡散して下さい。

安倍政権になってから実質賃金は下がり続け


庶民奴隷国家日本国・・! 政治家・官僚・日本政府の利権構造。①世界第2位の重税国家 ②世界最高の公務員年収(2位の2.5倍) ③世界最低水準の社会扶助 ④先進国最悪の家計貯蓄率

世界最高水準の国会議員報酬。他国にない文書交通費や公設秘書事務費 政務調査費や無料交通機関パスも"

世界最高水準の国会議員報酬。他国にない文書交通費や公設秘書事務費 政務調査費や無料交通機関パスも

収入は世界最高水準

貧困率

非正規雇用者推移
非正規雇用者推移



【2016年 子供の貧困率ランキング】            
順位/国名/指数
41位 ルーマニア/67.08(ワースト1位)
40位 ブルガリア/67.01
39位 メキシコ/65
 :
35位 イタリア/60.64
 :
34位 日本/60.21
 :
30位 アメリカ/58.85
 :
15位 韓国/45.74
 :
2位 アイスランド/37.76
1位 ノルウェー/37
※出典:ユニセフ報告書『子どもたちのための公平性』

「日本のひとり親家庭の貧困率は54.6%となり、OECDにデータがある34か国中ではワースト1位です。国の制度などが“一般的な両親の揃った家庭”を念頭に作られており、ひとり親家庭の親がワーキングプアから抜け出せない状況に拍車をかけています」

日本人の6人に1人が「貧困層」


貧困率は、低所得者の割合を示す指標。厚生労働省が2014年7月にまとめた「国民生活基礎調査」によると、等価可処分所得(※1)の中央値の半分の額に当たる「貧困線」(2012年は122万円)に満たない世帯の割合を示す「相対的貧困率」(※2)は16.1%だった。これらの世帯で暮らす18歳未満の子どもを対象にした「子どもの貧困率」も16.3%となり、ともに過去最悪を更新した。
これは、日本人の約6人に1人が相対的な貧困層に分類されることを意味する。この調査で生活意識が「苦しい」とした世帯は59.9%だった。貧困率が過去最悪を更新したのは、長引くデフレ経済下で子育て世帯の所得が減少したことや、母子世帯が増加する中で働く母親の多くが給与水準の低い非正規雇用であることも影響した、と分析されている。

国民の2000万人が非正規雇用で平均年収168万円➡民間378万円➡公務員878万円➡NHK1780万円➡国会議員は最低で5000万円 議員は国民の税金で食べているシモ。有り得ない日本の腐ったシステム。官僚は特別会計で天下り先確保

国民の2000万人が非正規雇用で平均年収168万円➡民間378万円➡公務員878万円➡NHK1780万円➡国会議員は最低で5000万円 議員は国民の税金で食べているシモ。有り得ない日本の腐ったシステム。官僚は特別会計で天下り先確保


税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題。 こんな国は世界では一つもない。 日本という国家を蝕む癌は、この特別会計、政治家・官僚・日本政府の利権構造

特別会計を吸いつくす利権構造

ここまで嘘を付く日本国首相最後の1人まで年金払う 国の主権を損なうISD条項は合意しない(TPP参加条件) 消費増税は全額 社会保障に使う 日本の原発は世界最高レベルの安全性
最後の1人まで年金払う 国の主権を損なうISD条項は合意しない(TPP参加条件) 消費増税は全額 社会保障に使う 日本の原発は世界最高レベルの安全性B4YEm_bCIAAP14n.jpgB4YEm_9CQAAnWra.jpg
 
①世界第2位の重税国家
②世界最高の公務員年収(2位の2.5倍)
③世界最低水準の社会扶助
④先進国最悪の家計貯蓄率

11歳の少年による的確な指摘、「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」





彼が11歳にして食糧システムに興味を持ったきっかけは、彼が想像していた食糧システムと、ドキュメンタリー番組や旅行先で見た現実とが全く違うものであったからです。

彼の想像では、牛や豚などの家畜はきれいな牧場で芝生を食べながら幸せに暮らしているというものでした。

しかし、上で述べたようにドキュメンタリー番組や旅行先で、産業化された食糧生産の仕組みを目の当たりにしたといいます。

例えば、遺伝子組み換え。 この言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思いますが、実際にどのようなものかを分かっている人は実際どのくらいいるのでしょうか?

彼は小学生ながらに、分かり易い例で説明してくれます。

例えば、魚からDNAを取り出してトマトに埋め込むこともそのうちの一つです。 その種子は植えられたあとどんどん成長していき、人間の体にがんやそのほかの問題を引き起こすことが発見されています。

さらに彼はもう一つの例として、遺伝子組換のとうもろこしを食べたねずみの肝臓と腎臓から毒素が検出されたことと、それが腎臓の炎症、病変や肥大を引き起こすことを例に挙げました。

彼は、こういった自然の理論に反していることが実験室の中で行われていることに恐怖を感じ、違和感を持ったのです。

そのほか、化学肥料、殺虫剤、除草剤といった化学物質を食べ物に使う事や、食べ物に放射線を当てて日持ちをよくするといったことも、食物に起こるべきではないことだといいます。

なぜならこれもまた、自然に反する行動だからです。

そしてさらに、彼はこういった遺伝子組み換え薬品が使われている食品ほど、カラフルなパッケージやかわいいおもちゃが付いていて、子どもや親が好むように作られていることに気付いたと言います。

このように子どもや親が好むため、テレビでの広告や学校でもそういった食品を見ることが多かったそうです。

そこで彼はどうすればこういった状況を変えられるのか、どうすれば彼が想像していた自然のままの食糧システムを作ることができるのか、ということを考えました。

彼が知っている農家の中で「変わり者の農家」と言われている人がいました。その農家は薬品や、遺伝子組み換え種子を一切使っていないために「変わり者」と呼ばれていたそうです。

そこで彼も、以前まで抱いていたフットボール選手の夢ではなく、「変わり者の農家」のおじさんのように有機農家になるという将来を選択しました。

そして、消費者は地元の生産者が作った農作物を買うなどしてこういった食糧システムの流れを止めることができます。 しかし、よくこう言う人がいます。

「地元でできる食品は高いのではないか?」と。

しかし彼はこう言います。

「高くても地元の野菜を買って農業従事者にお金を払うか、病院にお金を払うかだ」と。

筆者も、11歳ながらのストレートな考えに思わず「なるほどな」と感心してしまいました。

そして、こういった考えを広めることもまた、大事だといいます。 彼は6才のいとこをはじめ、周りの人にこのような考えを広め、周りの人の変化をしっかり見ることができたと言います。

食べ物はわたしたちの体をつくるものであり、その体は生きていく上で必要不可欠なものですよね。 そんな体をつくる食べ物や、食べ物ができる過程をしっかり見つめ直していくことはとても大事だと思います。

そして筆者も一個人としてこういった見解を広めることが大事だと思うので、たくさんの人にこの記事を読んで、彼のTEDトークを聞いていただけると嬉しいです。

------------------------------------------------------------------------------
11歳でも気付いています。。

前回の、”モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。”
と同様、もう気付いている。 
そして、自分から行動して下さい。







海の生き物が死滅しつつある原因はモンサント社のグリホサート(除草剤)世界中の海に生息しているサンゴ、フジツボ、海綿動物だけでなくクジラも

(途中から)
モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。
http://tapnewswire.com/2017/03/glyphosate/

monsanto.jpg

By Jim Stone

モンサント社のグリホサート(除草剤)が海の植物性プランクトンを枯らしています。GMO遺伝子組み換え農作物の問題がこのような問題に発展するとは思ってもみませんでした。


グリホサート(Round Up)は陸だけでなく海にも大きな影響を及ぼしています。


海の生き物が死滅しつつある原因は福島原発なんかではありません。
また、サンゴ礁が枯れているのは地球温暖化のせいでもありません。

モンサント社のグリホサートが原因なのです。
モンサント社は自然界を破壊しています。グリホサートを使い続け、あと数年で海の生き物もミツバチも死滅してしまうということなら、もうどうしょうもありません。


世界中の海で生き物が死滅しつつあります。

その原因は(よく報道されるような)福島原発ではないのです。今朝、ニューヨークタイムズ紙が温暖化や福島原発事故が原因で世界中の海の生き物が死滅しそうだとのねつ造記事を報道していましたが、福島の放射能が大西洋の生き物やグレートバリアリーフを破壊するはずがありません。

世界中の海の生き物が死滅しつつある原因がわかりました。植物性プランクトンが死滅しつつあります。
礁が枯れている原因を突き止めるには、植物性プランクトンを死滅させている原因を見つける必要があります。世界中の海に生息しているサンゴ、フジツボ、海綿動物だけでなくクジラも植物性プランクトンを食べて生きています。ハマグリを食べて生きているヒトデでさえ、ハマグリを介して植物性プランクトンを食べています。
ここ最近、海に生息する植物性プランクトンの数が40%以上も減少しました。
その理由は、地球温暖化などではありません。なぜならプランクトンは赤道直下の海でも北極の海でも生息できるからです。。しかし植物性プランクトンが世界中のあらゆる水温の海で大量死しているのです。このことからも地球温暖化説がねつ造であることが分かります。

植物性プランクトンは光合成植物であり海藻類なのです。生物学的過程は陸の植物と同じです。
では、陸の植物を死滅させるているのは何なのでしょうか。それは、グリホサート(除草剤)です。

例えば、ミシシッピ川が流れているミネソタでは長期にわたりグリフォサートが噴霧されてきました。ミネソタのイタスカ湖に噴霧されたグリホサートはミシシッピ川に流れ込みます。川の水は時速2.5マイルで流れていますから、約43日後に海に流れ出ます。
最低でも80%以上の致死能力のあるグリホサートがそのまま海に流れ出るということです。
モンサント社は、淡水内のグリホサートの半減期はわずか90日間と主張していますが、研究の結果、淡水に混入したグリホサートは1年以上経っても同じ致死能力があることが分かっています。

塩っ辛くアルカリ性の強い海水にグリホサートが混入するとどうなるのでしょうか。

海水に混入したグリホサートが半減期になるには、淡水よりもかなり時間を要します。グリホサートは塩の一種なのです。ですから塩っ辛い海水に塩の一種のグリホサートを混入させると、海水が恒久的な保存剤のような役割を果たします。
海は広大ですのでグリホサートもかなり薄まるはずですが、塩分の多い海水に塩のグリホサートが混入すれば塩の効力がさらに高まるだけです。

植物性プランクトンが死滅すればヒトデや礁も枯れてしまいます。
植物性プランクトンが死滅する原因は海に解け込んだグリホサートである可能性が非常に高いのです。グリホサートは植物をことごとく枯らします。長い間、グリホサートを噴霧し続けたことでグリホサートが海水に混じり海水が汚染され続けてきました。その結果、植物性プランクトンが死に、それをエサにしていた海の生き物が死んでいるのです。


世界最大級のグローバル企業が、世界を亡ぼそうとしている。
政府も政治家も官僚も同じ様に金・・金・・利権と癒着の世界。
気付きが世界を救う一歩だと
NEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR